お金にとらわれたくないからゼロから学ぶブログ

お金にとらわれたくないからゼロから学ぶブログ

お金にとらわれないためにお金について学んでいます

お金がつくられた理由

 

まず、お金がつくられた理由を調べてみました。

 

最初にまとめると、

「物々交換が面倒くさかったので。」

こういうことになると僕は感じました。

 

お金がない時代は、

「物」と「物」の物々交換で

取り引きがされていました。

 

むか~し、むかし

ある所にA村とB村がありました。

 

A村は魚がよくとれました。

が、肉はとれません。

 

一方、B村では肉がよくとれました。

しかし、魚はとれません。

 

B村の人は、A村の魚が欲しい。

A村の人は、B村の肉が欲しい。

 

「そうだ!肉と魚を交換しよう。」

 

f:id:moneygamex:20160702172626j:plain

こうして、

A村の人は肉を食べることができ、

B村の人は魚を食べることができました。

 

めでたし、めでたし。

 

ということです。

 

馬やウサギなど大きさが全然違うものなどは、

馬1頭につきウサギ6匹など、

と偉い人が均等をとって交換していたようです。

 

しかし、肉や魚は食べないと腐るし、

保存場所も必要になります。

 

そこで、この物々交換より

もっと効率のよい方法を考えた人がいました。

そして、ルールをつくりだしました。

 

例えば、

・魚は貝がら3枚と交換できる

・肉は5枚で交換できる

 

このような「価値の相対化」のようなものを生み出しました。

 

この貝がら等が、

貨幣のはじまりだと言われています。

 

地方により、貝がらだけではなく、

石ころや金などもありました。

 

そういった人間の発明により

取引がされてきました。

 

しかし、問題が起きます。

 

この取引につかわれた貝がらや石ころなどは、どこにでもあります。

拾ってくればいくらでも交換できちゃいます。

 

そこらへんから拾えるので、いくらでも捏造も可能です。

不正をする輩も多かったと思います。

 

それから、

「貨幣は貴重なものでなくてはいけない」

という考えが生まれました。

 

当時から貴重な鉱石である

金や銀などを貨幣に使い始めました。

 

でも、そのうちに問題が起きました。

「金と銀だと重くて持ち運びにくい」ということです。

 

重さを計るにしても大きいと面倒。

丸く小さなコインにすることにしました。

 

それを進めていくと、、、

「いや~、コインで取引してるけど面倒だよね。

そのコインを持ってることを証明できればいいんじゃない?」

と考え出す人がでてきました。

 

「持ってることの証明書」が小切手や紙幣の始まりだそうです。

 

紙幣は10世紀頃のヨーロッパ、

小切手は12世紀頃のイタリアではじまったとされています。

 

諸説は、さまざまですが、

こうした証明書だけでお金のやりとりができる、

と頭のいい人は考えました。

 

例えば、銀行に銀貨200枚を預けています。

そして、銀行に銀貨200枚を預けた証明書を持っています。

その証明書どうしのやり取りで取引できると考えました。

 

で、この仕組みがうまくいったんですね。

 

銀貨200枚は持ち運ぶのも大変です。

「紙の証明書でやり取りができるなら、

 重い銀貨なんて持たずに紙幣としてそっちで取引するわ」

 

こうして、今の紙幣が一般的になりました。

 

 

こうしてみると、

お金は「面倒くさい」をどんどん解決し、

進化させた人間の知恵ですね。

 

2ミリくらい賢くなった気がしました。