お金にとらわれたくないからゼロから学ぶブログ

お金にとらわれたくないからゼロから学ぶブログ

お金にとらわれないためにお金について学んでいます

無料のものには裏がある

ふと、不思議に思った。

 

何で無料なのにブログが書けるの?

 

調べてみると、広告料をもらうかわりに

無料でブログ貸してるということだ

 

 

 

 

つまり、↑のような広告をはらしてもらう代わり、

無料でブログを書いていいですよ!となる。

 

なるほど、色々なブログをみると、

確かにこのような広告がある。

 

広告は、ブログを見た人が

広告を押すだけで収入が入るものもあれば、

広告の先のページから商品を買ってもらうことで

収入を得ることができるものもある。

 

これを成功報酬型広告の「アフィリエイト」というらしい。

 

なんということであろうか。

 

僕らが記事を書いて、人が集まれば集まるほど

広告を押してもらえる可能性がある。

 

そして、ブログ会社が儲かる仕組みになっている。

 

悪いように言い換えると、

あなたがブログを書いてる労力により

ブログ会社がうるおってるという仕組みになっている。

 

 

ブログだけではない。無料ゲーム等もそうだ。

無料ゲームは、無料で遊べる代わりに広告や課金要素が多い。

 

 

f:id:moneygamex:20160703134107j:plain

f:id:moneygamex:20160703134107j:plain

 

↑は、2016年現在、国内で1~2を争うネットゲーム。「PSO2

劇団ひとりさんなど、芸能人をつかったCMが記憶に新しい。

CMを出せるのであれば、相当に儲かってると予想できる。

 

PSO2」は、無料のゲーム。

PCや、ゲーム機のPS4さえあれば無料でできる。

 

しかし、最終的には、

これらの課金アイテムを買ってもらえるような仕組みが

出来上がっている。例えば、倉庫の拡張などがそうだ。

 

無課金(無料)だと持てるアイテムに制限があるが、

有料、お金を払えばその制限がなくなる。

 

ゲームをやらない人にはわからないかもしれないが、

この制限はきつい。そして、ついつい課金してしまうのだ。

 

 

スーパーなどの試食品もそうだ。

あなたは販売のおばさんにすすめられて、

無料で食品などを食べ、最終的に買ってしまわないだろうか?

 

あの試食品を売る人がいるのが「ミソ」だ。

 

人は人に良い好意をされると、

お返しをしなくてはいけない心理になる。

お歳暮なんかがいい例だ。

 

そして、試料品を無料でもらったお礼に、

「買おう!」という心理になる。

 

買わなくてはいけない心理にさせられる・・

これは有料のものより達(たち)が悪い。

 

「無料のものには裏がある」

 

無料のものに直面した時、今1度、

この言葉を思い出して欲しいと思う。