お金にとらわれたくないからゼロから学ぶブログ

お金にとらわれたくないからゼロから学ぶブログ

お金にとらわれないためにお金について学んでいます

韓国でビットコインとICO規制を検討

f:id:moneygamex:20170626194527j:plain

 かにたまです。

「韓国でビットコインICO規制を検討」とのニュースがありました。

f:id:moneygamex:20170626195131j:plain

みなさんは、ビットコインに対して韓国の関心が高まっていることを知っているかもしれませんが、国内ビットコイン市況 | Bitcoin日本語情報サイトによると、現在、1ビットコインの値段が1番高いのは韓国であり、中国を上回っています。実際、多くの韓国の暗号通貨の取引所が高い取引量を生み出しています。現状の韓国の政治家に対する不信感などを考えると、中国以上に国に信頼をおいていないかもしれませんね。

この加熱ぶりから、今後は韓国のビットコインICOに対する規制が強まる可能性があるようです。しかし、現状ではどのような規制が進むのかは不明です。1月の中国の規制もそうでしたが、世界中のさまざまな国々がBitcoinを規制しようとしています。

 

韓国国税庁は、BTCをお金とみなしていますが、公正取引委員会は、ビットコインを不透明なものであり、良いものと位置づけていません。

ビットコインを扱う貨幣交換事業には特定のライセンスが必要な場合があります。交換所は厳しいガイドラインに従う必要があるので、それは全く珍しいことではありません。これは、規制当局が懸念するAML(アンチマネーロンダリング)およびCTF(情報セキュリティー分野で技術を競う手法の1つ)の問題を解決するのにも役立ちます。

ビットコインは取引履歴が残りますし、誰もが確認できる透明性のあるものだと思っていますが、韓国では、現在は国で規制されていないので、ビットコインを犯罪行為のための完璧なツールだと思っている人が多いです。

 

今、ビットコインの分裂が騒がれていますが、僕が1番恐怖に感じているのは国の規制です。国が優位性を保っているのは、金をにぎってコントロールしている点ですので、果たしてビットコインが浸透し、国民全員が当たり前のように使用し始めたら果たして国は威厳が保てるか?ということになります。

www.newsbtc.com

 

中国は、2017年1月、まだ時価総額が数兆円の時に中国3大取引所を規制をしてきました。これはまだ序章で、これから加熱気味の韓国をはじめ、全世界で規制が広まってきた時がビットコインの最大の山場だと思っています。そして、この時にかつてないほどの下落が起こるかもしれないと感じています。

 

しかし、僕はAIの進化同様にビットコイン等の暗号通貨は世界中で動き出し、日々進化していますので、もはや止められないと思います。

また、人は向上心があり、感情があります。共産主義国家が全て死滅したように平等や横並びでいることは耐えられません。従って、お金などを人に任せても不正が起きたり、金融危機が時が起こった際、キプロスのような理不尽なこと(※)が必ず起こります。この信頼のなさもビットコインがより浸透していく要因になります。

(※)キプロス金融危機により、私有財産に30%の税金や銀行から出金できない等が起きました。

 

人が人である限り、感情を持ち、優位性を保ちたいものがいる限りは真の平等は訪れないのかもしれません。ビットコインのシステムは、利便性もあり、中央集権がないので皆平等です。意志を持たずに感情に左右されず、不正などもなく、疲れも知らず、淡々と決められたことを行なってくれます。まさに人間に対する不信感が生み出した産物なのかもしれません。

 

最近、お金から一周して太古のような物々交換が起こるというような記事を見ましたが、僕は到底起こるとは思えません。人を介入すれば、感情が起こり必ず不正が起こるでしょう。

最近、パートナーを裏切る不倫やら政治家などの不正も多い気がしますが、個人がツイッター等の媒体を持てるようになり、世界に拡散できるようになったので、より明るみなっただけだと思います。もともと、このようなことは当たり前のようにあったと思います。

 

だからこそ、その便利さも勿論ありますが、感情を持たずに公正に判断できるビットコインのシステムやAIなどが進化し、浸透しつつあるのだと感じています。

 

 


人気ブログランキング

 良かったら応援お願いします~