お金にとらわれたくないからゼロから学ぶブログ

お金にとらわれたくないからゼロから学ぶブログ

お金にとらわれないためにお金について学んでいます

ある取引所でイーサリアム(ETH)の価値が一瞬でほぼ無価値に。その時、取引所が下した神対応とは?2017年6月末

f:id:moneygamex:20170628180145j:plain

かにたまです。

ある取引所で一瞬でイーサリアム(ETH)の価値がほぼ無価値になる事件がありました。そして、その時に下した取引所の判断が神対応だと話題になっています。

 

ある取引所でイーサリアムの価値が一瞬でほぼ無価値に!

まずは何も言わずにこちらのツイートの動画をご覧ください。日本時間の2017年6月23日に投稿されていますが、その少し前に起きた出来事です。ETH/ドルチャートです。

 

ご覧の通り、ある取引所でクラッシュが起き、ETHが一瞬でほぼ無価値になりました。

この下落は、前回の記事で書いたようなICO多発による最近のETHの送金問題や、ETH構想を考えたVitalik死亡説などでゴタゴタがあった影響かはわかりませんが、急激な売り(約数億円)が入ったために、ロスカット連鎖で起こった現象だと言われています。

 

 

取引所が下した神対応の判断とは?

今回のトラブルでロスカット連鎖に巻き込まれ損をしてしまった人は補填(ほてん・損失の穴埋めをしてなかったことにすること)、思わぬ位置で安く買えて得をした人はそのままという神対応をしました。つまり、誰も損をぜず、取引所だけが損をするという今の日本の取引所ではまず見られない対応をしたそうです。

何処とはいいませんが、過去に日本のある取引所では損をした人の補填をするために儲かった人の利益をなかったことにするロールバックがあったり、補填なしでそのままという取引所もありました。

不具合のあった取引所以外、ユーザーは誰も損をしない神対応ということで話題になっています。ドラブルがあるのは問題だと思いますが、ユーザーが誰も損をしない判断を下すことは素晴らしいと思いました。人間の本性とは、悪い時にでます。社の損失が出ても信頼をなくさないことを重視した点で信頼できる取引所といえるでしょう。

 

f:id:moneygamex:20170628183903j:plain

ツイート動画でわかった人もいると思いますが、その取引所とはGDAXという海外の取引所です。もともとはCoinbaseという取引所で、同社の取引所は「Coinbase Exchange」から「GDAX」になりました。Global Digital Asset Exchangeの略です。GDAXでは、ビットコインのほかの暗号通貨、ETH等が取り引きされています。

ビットコイン (BTC) 取引所サイトのリスト | CoinGeckoで1日の取引高も高いのがわかり、何でだろう?調べてみたら、「GDAX」米国での仮想通貨証拠金取引所で、証拠金取引ができるのはKrakenに次いで2社目という米国では有名な取引所だそうです。

 

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

yahoo知恵袋にGdaxに登録できないという上のような質問がありましたが、回答があいまいなので補足します。Gdax」の利用にはアメリカの口座登録が必要のため、日本からの利用はハードルが高めになっています。

www.gdax.com

 

 

参考記事:

www.coindesk.com

 

最後に

今回の事件で、「Gdax」は不具合があり金銭面は大きな損失をしましたが、ユーザーが誰も損をしないという神対応で信頼は得た結果になります。

しかし、このような神対応の取引所は今回が初だと思います。ロールバックか、何も対応しないというパターンしか知りません。

 

僕がこの対策で行なっていることとしましては、、、

信用取引はしない。最悪、ロスカット連鎖でロールバックがなければ莫大な損失を一瞬で起こしてしまうため。

・ありえない高い位置で売りの指値注文

・ありえない低い位置で買いの指値注文

ありえない指値注文はロールバックがない場合もあるからです。市場が未熟なうちは大きな売りや買いで今回の事件のように大きく相場が動く場合があります。poloniex並みの出来高の高い取引所でもこのようなケースが起こりますので、特に信用取引の方はくれぐれもご注意ください。

 


人気ブログランキング

 良かったら応援お願いします~