お金にとらわれたくないからゼロから学ぶブログ

お金にとらわれたくないからゼロから学ぶブログ

お金にとらわれないためにお金について学んでいます

仮想通貨NEOとは?価格、今後、将来性などについてあれこれ書いてみた 

f:id:moneygamex:20170911082944j:plain

かにたまです。

本日は中国版イーサリアムと呼ばれている仮想(暗号)通貨NEOについて書いてみたいと思います。ここ最近、急激に伸びてきた仮想通貨です。

※理解を重視したざっくりとした記事です。

NEOの基本情報

名前:Neo(NEO)
通貨コード:NEO
発行上限:1億枚
開始:2016年10月26日
アルゴリズム:DBFT(Delegated Byzantine Fault Tolerant)

公式サイト:https://neo.org/
ホワイトペーパー:http://docs.neo.org/ja-jp/

 

NEOとは?

元々の名前は「Antshares(アントシェアーズ・ANT)」という名前でしたが、「NEO(ネオ)」に変わりました。

中国で初のパブリックブロックチェーンプロジェクトです。「パブリックブロックチェーンプロジェクト」って何?という話ですが、パブリックブロックチェーンとは、誰でも参加可能で取引記録が世界中に公開されているようなブロックチェーンをことを意味します。ビットコイン・イーサリアム・ライトコインなどがそうですね。一方、一部の人間(組織)のみ参加可能なブロックチェーンをプライベートブロックチェーンといいます。NEMの「mijin」などがそれにあたります。

イーサリアム(ETH)と同じようにスマートコントラクト技術を持つプラットフォームなので、界隈では『中国版イーサリアム』と噂され注目されています。ただし、中国人にはそのような認識はないようですw

f:id:moneygamex:20170911092425j:plain

NEOの創業者はDa HongFeiさん。現在、主要な開発は6-7名で行なわれており、主要な2名の技術者で彼らだけでGithub(※)を管理しているということです。人数こそ少ないのですが、「COZ」というコミュニティで100~200名ほどの技術者がプロジェクト上の多くの修正をしてくれているとのことです。

(※)GitHubは、その名の通り、「Git」の「ハブ(Hub):拠点・中心・集まり」です。GitHubは、Gitの仕組みを利用して、世界中の人々が自分の作品(プログラムコードやデザインデータなど)を保存、公開することができるようにしたウェブサービスの名称です。「Git」は、プログラミングなどを用いた現場でよく使われている「バージョン管理システム」のことを指します。

f:id:moneygamex:20170911084204j:plain

時価総額は2017年9月11日時点で11位、ETCと同程度です。

f:id:moneygamex:20170911085828j:plain

2017年7月から急速に価値を上げてきました。プレ価格の100倍程度まで上昇しています。さすがに急激に上がりすぎたのと、中国のICO禁止など政治的な問題にもまきこまれたために調整段階です。

 

NEOの特徴

www.youtube.com

少し前、東京で行なわれたミートアップの様子です。22:30~頃からNEOの創業者はDa HongFeiさんから説明があります。創業者からの説明が1番確実です!

デジタルアセット+デジタルアイデンティティ+スマートコントラクト=NEOスマートコントラクト、NEO独自のスマートコントラクト機能があるのが特徴です。

個人的な意見としては、人間味のある通貨というイメージを持ちました。

 

イーサリアム(ETH)との違い

NEOは中国版イーサリアムということは色々なサイトに書いてありました。しかし、全く同じという訳ではなく、何かオリジナル要素があるということで調べてみました。なお、発行枚数などの有無などは割愛し、主な点だけを記載します。

もともとNEOの機能はETHと非常に似ています。

DBFT

ビットコインのようなPOWでもなく、DBFTコンセンサスという独自システムをもっています。DBFTはDelegated Byzantine Fault Tolerantの略で、ビザンティン耐障害性コンセンサスメカニズムという意味です。

NEOトークンの所有者は、投票することによって、それがサポートする帳簿係(ブックキーパー)を選ぶことができます。選択されたブックキーパーのグループは、BFTアルゴリズムを介してコンセンサスに達し、新しいブロックを生成します。NEOネットワークにおける投票は、固定期間に基づくのではなく、リアルタイムで継続されます。

「何のこっちゃ?」という話で、本当は多少違うのですが、ビットコインにたとえるとわかりやすいので、ビットコイン風するとこんな感じです。みんなの投票で帳簿係(ブックキーパー)、ビットコインで言えばマイナーを選び、その帳簿がOKかどうかは66%の賛同が必要になります。

選挙に近いですね。選挙で政治家を選び、彼らの出す提案を国民が66%賛同すれば物事が進んでいくという感じです。NEOは、このような実社会での取り決めをデジタル化しています。

非常にこれは興味深いですね。ビットコインのマイニング界で例えると、ジーハンさんを嫌いという理由で反対者が常に4割いれば、例え帳簿係(ブックキーパー)になっても一向に成立しないというわけです。

 

多彩なプログラミング言語が使用できる

NEOは、NEOコントラクトというものがあり、Java、#C、Pythonなどでスマートコントラクトを書くことができます。つまり、スマートコントラクトを実行させる言語に多彩な言語を使うことができます。javaなどに慣れ親しんだ開発者にとっても好都合です。

一方、ETHは、開発者がコントラクト指向言語と呼ばれるSolidityでプログラミングすることを学ぶ必要があります。

取引スピード

NEOの1秒間の処理スピードは1000件以上と言われています。これはリップル(XRP)並で、現在のETHよりは速い(2017年8月時)です。もっともETHも後のアップデートで1秒間に100万件以上になると言われていますので、NEOもその可能性を秘めていると思います。

 

NEOの今後

中国にはアリペイなどの巨大ネットワーク企業がありますが、彼らと競合するのではなく、新たな市場を創り出すことをNEOは目標にしています。その市場でNEOは先導していこうとしています。

アリペイなどはブロックチェーンや分散化に関する着手は難しく、将来的に技術面にパートナーになる可能性があるとNEOの開発者は述べています。

 

NEOが購入できる取引所

f:id:moneygamex:20170911095309j:plain

海外取引所で有名なBittrexが取引量1位でした。NEO (NEO) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCapにてNEOの取扱い取引所が確認できます。

 

NEO動画

www.youtube.com

NEOの創業者との対談動画があり、NEOがどんなものか概要がざっくりとわかるようになっています。個人的には、中国の仮想通貨に対する状況が知れたのが良かったですね。中国もまだまだ仮想通貨は知られていないんですね。

www.youtube.com

上にもある東京でのNEOのミートアップ動画です。NEOの創業者Da HongFeiさんも登場しています。実はこの動画があったので、今回のNEOに関する説明は少なくしています。これからNEOに投資しようか考えている方は1度は見ておきたい動画です。

NEOはオープンな民主的な政治のような通貨を目指していると感じました。NEO独自の仕組みは面白いと思いました。現在はあまりにも急激に価格が上がりすぎたため調整はあるでしょうが、今後、楽しみな通貨がまた出てきましたね。巨大中国企業ともどう絡んでくるかも見どころです。

 


人気ブログランキング

良かったら応援お願いします~