お金にとらわれたくないからゼロから学ぶブログ

お金にとらわれたくないからゼロから学ぶブログ

お金にとらわれないためにお金について学んでいます

ゴールドマンサックス、株式市場の0.1%の市場であるビットコイン業務への参入を検討

 f:id:moneygamex:20171004103522j:plain

 かにたまです。

アメリカの大手金融グループのゴールドマンサックスさんがビットコイン業務への参入を検討しているようです。

ゴールドマンサックス、ビットコイン業務への参入を検討

ビットコインの取引所をつくるのではないかと言われています。ただし、上のニュースでも流れていますが業務への参入は検討、初期段階とのことです。

 ゴールドマンサックスとは?

ゴールドマン・サックス(The Goldman Sachs Group, Inc., NYSE: GS)は、アメリカの金融グループであり、世界最大級の投資銀行です。歴史は古くドイツ出身のユダヤ系のマーカス・ゴールドマンによって1869年に設立されました。モルガン・スタンレーやJPモルガン、メリルリンチ等とともに、投資銀行業務の幅広い分野においてリーグテーブル上位に位置する名門投資銀行と言われています。

ゴールドマン・サックス - Wikipedia

ビットコイン業務参入を検討する理由

cointelegraph.com

表向きは顧客のニーズと発表されていますが、最近のゴールドマンさんの業績の不振も大きいと僕は感じています。

ウォール・ストリートの中でも最も素早く機転の利く取引社と言われているゴールドマンは同業社の中でも苦しみました。確定利率収入の分野での収益は商品及び通貨の低迷によって昨年から今年の6月までに21%落ちました。

ゴールドマン社は今年の強気市場の中でも収益が21%も減少しました。これは市場の変動率と結びついていると言われています。会社は株式市場でのパニックによる買い売りを利用できずにいたため、投資者の利益に繋がる価格変動がある新たな源を探しており、その候補としてビットコインなどの仮想通貨ということになります。

これまでゴールドマンさんはビットコイン関連会社に投資はしていました。また以前、ゴールドマンサックスの方がビットコインの価格予想もしていました。

www.bitcoin77777.com

あの時の下落予想は当たっていましたね。本当に21万まで落ちました。あれから54万までいきましたが、流れは当たっています。

f:id:moneygamex:20171004110336j:plain

f:id:moneygamex:20171004110552j:plain

彼らの予想通りだと下落の第3波がまだということになりますが、形が恐ろしいほど似てるので怖いですね。11月のビットコインハードフォークでどうなるかという感じですが、どうなるんでしょうね。ゴールドも生まれるのかしら。どちらにせよ下がったら買い増しです。

www.bitcoin77777.com

 

markethack.net

話はそれましたが、上の広瀬さんの記事によると、ゴールドマンサックスのCEOであるLloyd Blankfeinさんがこんなツイートをしていたようです。

f:id:moneygamex:20171004111140j:plain

ビットコインに関しては考えています。結論は出ていません。支持も拒否もしていません。金に変わり、紙幣が登場した時も人々は懐疑的であったことを知ってください。

このようにツイートをしています。かなり、仮想通貨に対して好意的に見えるツイートですね。

 Lloyd Blankfeinさんは2011年にツイッターに登録していますが、合計18回しかつぶやいていません。ところが、ここ最近、立て続けにつぶやいています。上のツイートも最近のつぶやきですが「サウジアラビアからちょうど戻った。社会的、経済的な変化が顕著です。道のりは遠いが、新世代は改革を推進している。」新しいことを始めそうな雰囲気がぷんぷんします。

 ゴールドマンサックスさんが参入してくると・・・

大きなお金が入りこんできます。またゴールドマンさんが参入するならと、他の企業もどんどん参入してくるでしょう。何より仮想通貨の知名度もますます向上します。

ただ、こうなるとどんどん仮想通貨にお金が流れていきますので、米国の規制もより強まる可能性もあります。そうなると日本も連動して規制が強まる不安もあります。

どちらにせよ、時代は仮想通貨に向かっていると感じています。

ビットコイン市場は世界でまだ0.1%

f:id:moneygamex:20171004113741j:plain

Buy Bitcoin IRA - Invest in Bitcoin | BitcoinIRA.com

ビットコインは世界マネーのまだ株式市場の約0.1%の市場です。

Infographic - Bitcoin and Cryptocurrency in Perspectiveによると、

世界のマネー供給量: 83.6兆ドル
株式市場: 66.8兆ドル
現金流通額: 31兆ドル
金の時価総額: 8.2兆ドル
米ドル流通額: 1.5兆ドル
Apple時価総額: 8120億ドル
Amazon時価総額: 4570億ドル
仮想通貨時価総額: 1430億ドル
ビルゲイツさん純資産: 860億ドル
ビットコイン時価総額: 660億ドル

ビルゲイツさん、ビットコインを買占められますね!このようにまだ世界マネーの0.1%の市場ということでこれからの伸びに期待!これからどこまで伸びるのか楽しみです。

 


人気ブログランキング

良かったら応援お願いします~

仮想通貨おススメ取引所
コインチェック
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
長所:わかりやすい、通貨の種類が豊富、貸仮想通貨サービス
短所:手数料が高く短期売買は不向き

Zaif

長所:手数料が安い、コイン積み立てが可能、トークンも購入できる、金融庁認定
短所:板が薄い、スマホ(携帯)のアプリが使いにくい
 
ビットフライヤー
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
長所:チャートがわかりやすい、CMや提携企業が多く安心感がある、米国にも進出、金融庁認定
短所:少し手数料が高い