お金にとらわれたくないからゼロから学ぶブログ

お金にとらわれたくないからゼロから学ぶブログ

お金にとらわれないためにお金について学んでいます

スイスの公立大学でビットコイン支払いを受け付ける

f:id:moneygamex:20171008120743j:plain

かにたまです。

スイスの公立大学でビットコイン支払いを受け付けるようです。

スイスの公立大学でビットコイン支払いを受け付ける

スイスのルツェルン応用科学芸術大学(University of Applied Sciences and Arts)は現在、ビットコインを受け入れているようです。スイスの暗号通貨サービスプロバイダであるBitcoin Suisse AGと提携しており、大学自体がビットコインを扱うことはないということです。Bitcoin Suisse AGは、為替レートの損失や為替変動のリスクを負担します。

ビットコイン支払いを始めてもほとんどの学生がビットコイン支払いをすることは期待できないとのこと。しかし、財政に精通していたり、この分野で教育を受けることに関心のある人のみが支払い方法を選択すると予想され、導入に至ったということです。

大学の学費のビットコイン支払いは、2013年末にキプロスのニコシアの大学で始まりました。最近では英国のカンブリア、キングスカレッジ大学などでもビットコインでの支払いを始めています。今後もビットコインでの支払い可能な大学は増えていくと思われます。

ルツェルン大学の研究者は、多数のブロックチェーンイニシアティブ(発案・率先)に関わっています。ルツェルン大学自体も技術を使用しているスイスの企業や新興企業向けのワーキンググループである非営利クリプトバレー協会のメンバーでもあります。

 

 

ビットコインの用途は増えているものの、実際にビットコインはあまり使われていないのが現状です。

特に日本ではビットコイン使えるといっても電子マネーの方が使える場所があります

また、ビットコイン値上がりを期待して所持し続けていることあります。僕もそうですが、まだビットコインは伸びると思っています。

f:id:moneygamex:20171008123917j:plain

https://www.dena-travel.com/news/2017/898/

後は手数料の高さでしょうか。コイン詰まりが起こった時はマイナーに支払う手数料が増えて非常に高くなった時期がありましたよね。利用者が増え続けると、今後も手数料が増える可能性が大いにあります。

とはいえ、このような問題も時間が解決してくれると思っています。ここ最近では、毎日のようにビットコインが利用できる場所が増えていっています。このようなニュースを見て嬉しく思います。

 

仮想通貨おススメ取引所
コインチェック
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
長所:わかりやすい、通貨の種類が豊富、貸仮想通貨サービス
短所:手数料が高く短期売買は不向き

Zaif

長所:手数料が安い、コイン積み立てが可能、トークンも購入できる、金融庁認定
短所:板が薄い、スマホ(携帯)のアプリが使いにくい
 
ビットフライヤー
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
長所:チャートがわかりやすい、CMや提携企業が多く安心感がある、米国にも進出、金融庁認定
短所:少し手数料が高い
 


人気ブログランキング

良かったら応援お願いします~