お金にとらわれたくないからゼロから学ぶブログ

お金にとらわれたくないからゼロから学ぶブログ

お金にとらわれないためにお金について学んでいます

ICO禁止、取引停止の中国でもビットコイン50万越え!もはや国の規制では止められない!?

f:id:moneygamex:20170716160417p:plain

かにたまです。

ここ最近色々あった中国でもビットコインの価格が戻ってきました。

中国でもビットコイン50万越え!

f:id:moneygamex:20171011114052j:plain

こちらは中国の大手取引所OKコインのチャートです。日本円表示で10月11日12:00現在517000円ほどです。

上図の白の矢印で書かれた中国での「ICO禁止」と9月末よりいくつかの「中国取引所が一時取引停止」となりビットコインの価格は大きく低下しました。

f:id:moneygamex:20171011114835j:plain

こちらは昨日のビットコインの24時間の出来高です。仮想通貨大国の中国(CHY)は、いまや数%程度になっています。かつてはビットコインの所持者の9割以上は中国だったといいますが、今や日本が米国がビットコインを引っ張っています。

相次ぐ中国の規制でもう駄目だと一部では騒がれていましたが、あれよという間に回復し、1ヶ月以内で元に戻りました

www.bitcoin77777.com

僕が驚いているのはこの回復力です。上記事で記載しましたが、こんなことが今年5回も起こっています。今回も回復したことでバブルが終わったと言われた状況を1年で5回も回復しました。落ち方もリーマンショック級ですので、そんな大暴落を1年で5回も克服したことになります。

中国仮想通貨規制も水面下で取引等を継続

2017年10月8日、RFI中国語版サイトは記事「禁止にもかかわらず、中国ビットコイン取り引きは地下で継続」を掲載した。

中国当局は9月初め、仮想通貨発行による資金調達であるイニシャル・コイン・オファリング(ICO)の禁止を発表した。また、ビットコインなど仮想通貨と人民元の兌換(だかん)業務も禁止している。中国の大手仮想通貨取引所は規制に従い関連業務を中止したが、現在も監視の目を逃れての取り引きが継続しているという。

米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは、北京のゴルフクラブで、ある企業経営者が直接ICO投資を勧誘していたことを報じている。取引所を通さず、直接顔を合わせての勧誘だけに、当局の監視も困難だ。

中国の仮想通貨取り引き所「Bitkan」の劉洋(リウ・ヤン)CEOは9月、香港で行われた会議において、「たとえ取引所が閉鎖されたとしても、(仮想通貨やICOなどの)投資商品に対する需要を根絶やしにすることはできない。オフラインでの仮想通貨取り引きは中国政府も監視不可能だ」と発言している。

www.excite.co.jp

実際に中国ではどんな様子なのかな?と調べてみました。

現在、MOLDコインというゲーム内のアイテムを売買できてお金がもらえる!というゲームを仕事にできるような通貨のICOがあります。共同設立者が20歳くらいの日本人のようですが、中国でもICOを行なうようです。中国でICO禁止なのに、何でICOができるのか不思議に思っていたんですよね。

https://moldcoin.jp/etc/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8BICO%E8%A6%8F%E5%88%B6%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%97%E3%81%A6.pdf

↑ 中国における ICO 規制に関しまして

探してみたら「上のようにICO規制に関して適法である」と公式ページのニュース内で記載されていました。

このICO自体は面白そうですが見合わせました。やっぱりお金が絡むとBOTなどの自動ツールを抑えられるのかが疑問に思います。アイディアは最高なんですけどねえ。

このように規制された中国でもICOや取引が水面下で行なわれています。

最後に

f:id:moneygamex:20171004113741j:plain

Buy Bitcoin IRA - Invest in Bitcoin | BitcoinIRA.com

ビットコインはまだ株式市場のたった0.1%の規模です。この段階で脅威を感じ、潰してくる中国は流石だと思います。が、相手は中国人だけではないので一国ではどうにもなりません。

恐らく、将来的には現在の取引量の多い米国や日本でも規制があると感じています。最悪の場合、ビットコイン自体を禁止にする可能性も0ではないと思います。

ただし、日本では少なくともオリンピック(2020年)前に禁止まではないと思っています。オリンピック時に海外の人が訪問してきた際、ビットコインも使えない遅れた国ということになりますからね。

もっとも中国ですら不可能でしたので、日本や米国で規制があって価格が下がっても戻ると思います。仮想通貨を全世界で一斉禁止にでもしない限り無くなる事はないです。

 


人気ブログランキング

良かったら応援お願いします~