お金にとらわれたくないからゼロから学ぶブログ

お金にとらわれたくないからゼロから学ぶブログ

お金にとらわれないためにお金について学んでいます

2017年イーサリアムクラシックのブロック報酬減が数ヶ月後に近づいています。あと●●日ほど

 f:id:moneygamex:20171018102424j:plain

かにたまです。

イーサリアムクラシック(ETC)のブロック報酬減の時期が近づいています。

イーサリアムとの違いって?

www.bitcoin77777.com

THE DAO事件によりわかれたイーサリアムとイーサリアムクラシック。性能自体はほぼ変わりません。

Ethereum

・『DAOがハッキングされた事実』を無かったことに

・多数派

・中央政権

Ethereum Classic

・『DAOがハッキングされた事実』をそのままにしようとした

・少数派

・非中央政権

すなわち主な違いは理念の違いですね。ルールを変更することで時代に対応して成長していき信頼を得ていくイーサリアムと、ルールを変更せずに初志貫徹を貫くことで信頼を得ているという違いがあります。ただ、一部ではクラシックは中央集権だとも言われていますね。

しかし、僕はこの初志貫徹が好きなのと、発行枚数に制限があるイーサリアムという所に魅力を感じています。こういう点があるので根強いファンが多く、時価総額からもわかるように人気のある仮想通貨です。とはいえ、開発は小規模なので、少しずつ大きくなってくれたらと思っています。

イーサリアムクラシックは発行枚数上限あり

ETCは発行枚数上限が決まっており、総供給は約2億1,000万ETCとなる見込みで、2億3,000万ETCを超えることはありません。POWの継続(※)と、2億1000万ETC程度と供給量を明言しているため、供給過剰によるインフレは考える必要がない点で魅力を感じています。※クラシックはPOW+POSのハイブリット方式予定

www.etcdevteam.com

上リンク先の開発チームのホームページにも

総供給は約2億1,000万ETCとなる見込みで、2億3,000万ETCを超えることはありません

2億3000万枚以下はわかっていて、正確な数値はまだわからないようですね。

報酬減の時期は?

ECIP1017というカウントダウンサイト(http://ecip1017.com/)をご確認ください。

f:id:moneygamex:20171018085901j:plain

本日、2017年10月18日から55日後ということで12月12日頃になりそうです。時期はずれこむことがあります。5000000ブロックに達すると、ブロック報酬減になります。

カウントダウンサイトにて

ECIP 1017とは?

Ethereum Classicのコミュニティは、2016年の7月の創業以来、大幅に成長しました.Ethereum Classicのビジョンをさらに高めるために、投資家、開発者、ビジネスオペレーターの長期的な利益を保つ金融政策を採用する必要があります。

新しい金融政策は、ETC発行総額の限度額を設定します。ブロック報酬は、ブロック数5,000,000で20%、その後5,000,000ブロックごとに20%減少します。ブロックの報酬も減額されます。ETCの報酬率の変動により、総供給は約2億1,000万ETCとなる見込みであり、2億3,000万ETCを超えることはないと予想している。

 これはビットコインでいうと半減期のようなものです。いや、どちらかというとリスクのブロック報酬減に近い感じでしょうか?20%減ということでリスクの1回目と同じですね。リスクのブロック報酬減に関して、詳しくは下記事をご覧下さい。

www.bitcoin77777.com

ビットコイン、ライトコイン、モナコインや上記事のリスクなども報酬減になると価値をあげてきました。基本的にはブロック報酬減の前に価値をあげやすいのですが、クラシックの初のブロック報酬減の時期はどうなるか見ものです。

11月には香港サミットも

イベントですか。

Ethereum Classic Summit

↑現在はこちらのサイトにイベントの詳細がありました。香港で11月13、14日の2日間にわけて行なわれるイベントのようです。

f:id:moneygamex:20171018101842j:plain

f:id:moneygamex:20171018101756j:plain

今後のイーサリアムクラシックに関する重要なイベントとのこと。

f:id:moneygamex:20171018102948j:plain

とはいえ、2017年3月頃には1ETCで130円代だったことを考えると、10倍は伸びているクラシックです。現状では想像以上に上がっている感じがしますので、今年大きく動かないかもしれませんが、とりあえず、クラシックには発行枚数上限があって、12月12日頃に初のブロック報酬減の時期があります。

 

仮想通貨おススメ取引所
Zaif

長所:手数料が安い、コイン積み立てが可能、トークンも購入できる、金融庁認定
短所:板が薄い、スマホ(携帯)のアプリが使いにくい
 
ビットフライヤー
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
長所:チャートがわかりやすい、CMや提携企業が多く安心感がある、米国にも進出、金融庁認定
短所:少し手数料が高い
 
コインチェック
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
長所:わかりやすい、通貨の種類が豊富、貸仮想通貨サービス
短所:手数料が高く短期売買は不向き

 


人気ブログランキング

 良かったら応援お願いします~