お金にとらわれたくないからゼロから学ぶブログ

お金にとらわれたくないからゼロから学ぶブログ

お金にとらわれないためにお金について学んでいます

仮想通貨の取引会社代表が詐欺容疑で逮捕へ、仮想通貨詐欺に合わないためには?

f:id:moneygamex:20171018132938j:plain

かにたまです。

仮想通貨リップル(XRP)を取扱う取引会社の代表に対し、詐欺の疑いで逮捕状が出て逮捕されました。

リップルジャパン取引所の会社代表が詐欺容疑で逮捕へ

www.youtube.com

インターネット上の仮想通貨の売買を仲介する会社の代表が、会社が事実上倒産したあとも顧客との取り引きを続けて現金をだまし取ったとして、警視庁は詐欺の疑いで逮捕状を取りました。18日にも逮捕する方針で、警視庁は会社の詳しい実態などについて捜査を進めることにしています。
詐欺の疑いが持たれているのは、インターネット上の仮想通貨の1つ「リップル」の取引仲介会社で、静岡県浜松市に事務所があった「リップルトレードジャパン」の31歳の代表です。

捜査関係者によりますと、この会社はおととし事実上倒産しましたが、顧客との取り引きを続け、宮城県の男性から現金およそ150万円をだまし取った疑いがあるということです。

「リップル」は同じ仮想通貨の「ビットコイン」などとともに主に投機目的で人気が高まり価格が高騰していますが、取り引きのためにこの会社に預けていた現金が返金されないという被害の訴えが出ていたということです。

警視庁は詐欺の疑いで逮捕状を取り、18日にも代表を逮捕する方針で、全国の顧客から1000万円以上をだまし取っていたと見て、会社の詳しい実態などについて捜査を進めることにしています。

www.nikkei.com

cryptocurrencymagazine.com

 実はこの「リップルトレードジャパン」さん。2015年初旬から破綻か?!と言われていて取引所は閉鎖しています。このころからホームページへのアクセスが不可能となっていたようです。

f:id:moneygamex:20171018120116j:plain

リップルトレードジャパン:キャッシュ・フロー

当時のキャッシュフロー、つまり、お金の流れを見ると連日のマイナス状態でした。

今回の件で、一部のメディアさんの伝え方が悪いこと目を引きます。まるで、リップル社に問題があったような記事タイトルのメディアさんも見られました。悪いのはリップル社ではなく、リップルを取扱っていた全く別の取引所です。

投資は必ず成功するわけではありません。しかし、失敗したことを伝えず、資金を取り続けていたのは問題であり、詐欺になります。そして、更に問題なのは、そのまま逃げたことです。人間の本性は良い時ではなく、悪い時にでます。例えば、東芝さんが破産会見をしました。確かに色々な場所で非難はありましたが、逃げずに会見を開く分だけ未来はあると思っています。

それにしてもどの世界でも詐欺はなくならないものですね。罰をより重くしたり、それこそブロックチェーンに記録を刻みつけて欲しい気持ちにもなります。

詐欺の被害に合わないためには?

詐欺は、金銭に関わる事が大半です。お金がないから騙して奪い取ることが起きるわけですが、何で起こるのだろう?とお金を切り離して、以前、考えたことがあります。

最初、厳しく育てられすぎて怒られるのが怖くて騙(だま)すのかな?とも思いましたが、出た結論が「負けを認められない」ということに行き当たりました。

負けを認められないため負債を続け、自分を大きく見せたり、嘘(詐欺)をしてまでお金を取り続ける。そして、経営破綻(はたん)。これって、損切りができない投資家に似ていませんか?

恐らく「諦めなければ必ず努力が報われる」ようなことが浸透していますので、その名残なのかなと。諦めないことは重要なことだと思いますが、他人まで巻き込むのはアカンと思います。

さて、今年も仮想通貨を詐欺が急増しましたが、来年はもっと急増するでしょう。なぜなら、仮想通貨全体が伸びてきたこともあり、さらに大きなお金が集まっているからです。来年度の2018年は、日本ではまだ規制のないICOに警戒です。ICOに関する法整備がないので増えそうなのでご注意ください。

www.bitcoin77777.com

以前記事にしましたので、良かったらご覧下さい。

doublehash.me

僕の記事より、以前から業界で詐欺を見てきた大石さんのブログの7つのポイントは抑えておくと良いと思います。

これに加えてラインに誘導したり、勉強会(セミナー)にも注意です。悪質なものになるとバックエンドという売込みをかける商品(投資先)があり、お金をむしり取られます。一部のまともな所もあると思いますが、被害も多い現状では、やらなければ確率は0です。それに勉強は自分でもできます。

もしやるのであれば、騙(だま)されてもいいや、くらいの気持ちでいて下さい。僕は嫌なので、そういう場にはいかず、自分で勉強しながらやっています。別に最短ルートでなくても失敗した方が覚えますし、自分で決めたことなので後悔しません。

他にはコインチェックで仮想通貨を貸していたり、Zaif積み立てなどで仮想通貨を増やすことはやっていますが、増えた分はできるだけ自分の個人ウォレット(財布)で管理しています。

今回のような取引所に関しては、幸い法律で金融庁認可以外は取引できない(現在はコインチェック等、一部取引所は審査中)ことになりましたので、金融庁認定の取引所を使うことをお勧めします。できれば資本金が多い、つまり会社が大きいほうが破綻(はたん)しにくく良いです。SBIさんの取引所が期待されているのは、株での実績もありますが、この点が大きいですね。

【日本語ガイドセット】TREZOR(トレザー)ビットコイン ハードウェアウォレット (白)

 仮想通貨詐欺に合わないための1番の方法は仮想通貨を購入したら個人ウォレットに入れておいておくことです。上のTREZORなどがまさにそうですね。取引所に置かず、ビットコインは個人で管理できます。さらにオフラインのコールドウォレットならハッキングもできません。

sizuku-blog.com

 上のブログで検証されている方もいましたが、買った銘柄を保有し続けるガチホは有効です。少なくとも今年に限っては素晴らしい結果になっています。

仮想通貨が値下がることがあり、未来も国の規制等で不安だと感じる方も多いと思います。しかし、もし、そうであれば仮想通貨をやらず、今から株式をやったほうが良いと思います。なぜなら株式はどんなに稼いでも税金は20%強です。最高で半分以上も税金を取られる仮想通貨を所持している意味はないです。

www.bitcoin77777.com

 

仮想通貨おススメ取引所
Zaif

長所:手数料が安い、コイン積み立てが可能、トークンも購入できる、金融庁認定
短所:板が薄い、スマホ(携帯)のアプリが使いにくい
 
ビットフライヤー
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
長所:チャートがわかりやすい、CMや提携企業が多く安心感がある、米国にも進出、金融庁認定
短所:少し手数料が高い
 
コインチェック
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
長所:わかりやすい、通貨の種類が豊富、貸仮想通貨サービス
短所:手数料が高く短期売買は不向き

 


人気ブログランキング

 良かったら応援お願いします~