お金にとらわれたくないからゼロから学ぶブログ

お金にとらわれたくないからゼロから学ぶブログ

お金にとらわれないためにお金について学んでいます

B2Xを取扱う取引所、続々と、ビットコイン最大のイベントせまる!リップル(XRP)の握力が強い!?

f:id:moneygamex:20171020154440p:plain

かにたまです。

ビットコインからB2Xを取り扱うという取引所が次々と出始めています。

 海外大手取引所も次々とB2Xを取り扱うと表明

support.bittrex.com

↑まずはBittrexさんです。多数の仮想通貨を取り扱っており、日本人も多くの方がトレードされているようです。

 

www.bitfinex.com

↑名前はBittrexさんと似ていますが、海外大手取引所のBitfinexさん。こちらでもB2Xを扱うと表明しています。

 

SegWit2x Tokens trading live on HitBTC – HitBTC Official Blog / HitBTC

↑続いてHitBTCさんですね。ここでは不備がなければ即B2Xを売買できるということです。すぐに売りたいならここの取引所が良いかとおもわれます。ただ、僕は今の状態のビットコインを動かしたくないですし、正式サポートを表明している国内取引所のビットフライヤーさんに今回も置かせてもらおうと思っています。

HitBTCはB2Xの先物では、世界一の取引量を誇ります。現在1B2X=1343ドル=15万強ですね。チャートを見ると、一時期30万まで上がったんですね。∑(゚ω゚)

f:id:moneygamex:20171108115444j:plain

https://hitbtc.com/B2X-to-USDT

f:id:moneygamex:20171108115505j:plain

SegWit2x [Futures] (B2X) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap

 

blog.gdax.com

f:id:moneygamex:20171108114732j:plain

次に米国のGDAXさん。いたっては分岐からたった4時間後に取引できると記載されています。ただ、ここは日本人は口座開設ができません。HitBTCと共に売買価格の目安にはなりそうです。

www.bitcoin77777.com

GDAXさんと言えば、顧客の損失を補完する神対応で話題になりましたね。詳細は、上記事で!

 

Coinfloor Blog: Coinfloor’s Policy Regarding the SegWit2X Hard...

↑最後に英国最大の取引所「Coinfloor」さん。BTCとB2Xを同時に取引できるようにし、最も支持の得ている方をビットコインとすると発表しています。

 

この他にも多くの取引所がB2Xを取り扱うと表明しています。

 

 

国内取引所も・・・

ビットフライヤーさんがすでにB2Xを支持していることは知られていますが、国内取引所もB2Xを取扱う表明が見られています。

まずは僕も利用している取引所コインチェックさんです。

coincheck.com

11月1日に先陣をきって発表がありましたね。貸仮想通貨、つまり、ビットコインを貸している状態でも付与されるそうです。今回のB2Xは返済義務がありますので、信用取引でショートポジションをとっている方は十分にご注意下さい。

 

bitbank.cc

先日、金融庁認定の仮想通貨取引所ビットバンクさんもB2Xを取り扱うと表明しました。もちろん安全性が確保できた場合のみです。
 

ビットフライヤーさんだけではなく、コインチェックさん、ビットバンクさん等もB2Xを扱うと表明しました。この流れを見ると、今回もB2Xに問題がなければ大半の国内取引所での配布がありそうですね。他の取引所もこれからB2Xに冠する発表があるはずなので注目しましょう!

 

 

B2X情報

f:id:moneygamex:20171108123001j:plain

B2X先物で1枚のB2Xが16万以上とまだまだ元気です。

f:id:moneygamex:20171108123048j:plain

Coin Dance | Bitcoin Block Details

マイナーさんのB2Xの支持率は81.5%。順調!?に支持は落ちてきています。しかし、このままだとB2Xへの分岐がまだ起こりそうです。

f:id:moneygamex:20171108123217j:plain

2x Countdown

カウントダウンサイトを見ると、17日の昼12時頃にハードフォークされそうです。だんだん遅れてきましたね。この日付はあくまでも目安で、494784ブロックに到達した瞬間にハードフォークが起こります。

www.bitcoin77777.com

先日、ゴールドマンサックスさんが1度は最高値を更新すると予想されていました。B2Xは危険なのは間違いありませんが、心のどこかで「今回も結局、何の問題ないんだろうな、北朝鮮のミサイルみたいなものだろう」という気持ちがあります。

とはいえ、今は静観しています。分岐直前にビットコインを購入すれば、B2Xは付与されます。B2Xの1BTCあたり15万のプラスは大きいのですが、最悪のパターンを想定して、もうビットコインに変えないことにしました。

どちらにせよ、貸仮想通貨で未だに貸す事ができないリップルなど一部のアルトコイン以外は、ほとんど円に戻したのでビットコインに変えることができません。ビットコインB2X問題が過ぎ去ったら購入していこうかと思います。

 

 

リップルの握力が強い!

f:id:moneygamex:20171108124433j:plain

以前やっていたコインチェックチャレンジのものですので、お見せします。これは本日の貸仮想通貨の一部です。ビットコインは1時間もたたずに貸し出せたのですが、リップルは未だに貸し出せません。

リップルを借りたい人がいないのかもしれませんが、1ヶ月以上経っても未だにリップルだけは貸せないので、リップル所持者の貸し出し希望が多くて、なかなか貸し出せないんだろうなとも思っています。リップラーの握力はすごいですね。

リップルは、10月中旬に実送金のテストが成功したと話題になりました。

coinpost.jp

そして、実際の国際送金は2018年頃に開始予定を目指しているとのニュースがありました。これが本当に行なわれるようになったら面白くなりそうです。

と言いますのも、すでにリップルネットワークは、100以上の金融機関をもっています。これらの金融機関も一斉にリップルを実際に使用開始を始めたら・・・。リップル社が問題を起こす等がなければ、2018年にリップルは大きく飛躍しそうです。

www.bitcoin77777.com

 AIも2018年にリップルが大きく飛躍すると予想していましたね!

リップルは実は2004年、ビットコインより前にその構想があったといいます。既にこれだけのネットワークを持っているのは以前からの活動が大きいと思っています。

 

 ライトコインの生みの親であるチャーリー・リーさんは、はじめてビットコインを買ったときは30ドルでしたが、それから2ドルになったこともあるそうです。つまり。1/15にビットコインの価値が落ちても持ち続けてたということになります。

今回も個人ウォレットのビットコインは動かしていませんが、B2X後に予想されているビットコイン大幅下落は覚悟をしています。もともと高い位置ですし、どちらにせよ調整はあると感じています。

 

先物ですが、B2Xが予想より大きな価値をもっていることがあり、分岐直前はアルトコインも大きく値が動きそうです。このB2X分岐前後の動きで、今後のアルトコインの未来がわかりそうで楽しみですね。あと8日ほど。仮想通貨で最大のイベントがせまっています。

 

おまけ

 知る人ぞ知るリップル界の合言葉?思わず笑ってしまいましたw

 

 


人気ブログランキング

 良かったら応援お願いします~

 

仮想通貨おススメ取引所
Zaif

長所:手数料が安い、コイン積み立てが可能、トークンも購入できる、金融庁認定
短所:板が薄い、スマホ(携帯)のアプリが使いにくい
 
ビットフライヤー
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
長所:チャートがわかりやすい、CMや提携企業が多く安心感がある、米国にも進出、金融庁認定
短所:少し手数料が高い
 
コインチェック
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
長所:わかりやすい、通貨の種類が豊富、貸仮想通貨サービス
短所:手数料が高く短期売買は不向き