お金にとらわれたくないからゼロから学ぶブログ

お金にとらわれたくないからゼロから学ぶブログ

お金にとらわれないためにお金について学んでいます

中国の仮想通貨取引所がビジネスモデルを変更!?中国、未だにビットコイン熱、冷めやらぬ

f:id:moneygamex:20171108155222p:plain

かにたまです。

中国政府により一時的に取引所が閉鎖した中国仮想通貨取引所ですが、

中国のビットコイン取引所がビジネスモデルを変更

OKExとHuobi Pro は、10月31日の発表で、 国内の暗号侵害投資家の代わりに、中国人民元を含む平日の通貨取引をサポートするピアツーピア取引プラットフォームを導入すると発表した。

香港に本拠を置くこの2つの取引所は、それぞれの親会社であるOKCoinとHuobiが本拠を置く北京に本拠を置いて以来、以前は暗号化と暗号化の取引のみを行っていた。彼らは現在、既存の構造と直接的なピアツーピアモデルでサービスを開始すると発表した。

OKExによると、元はP2Pプラットフォーム上で入手可能な唯一の決済通貨であり、為替の引き締め以来、中国投資家からの需要が高まっていることを指摘している。

OKExの金融市場担当ディレクター、Lennix Lai氏は、このプラットフォームは11月1日に新しいサービスが開始されて以来、アカウント登録用に約8,000のユーザーがアプリケーションを受け取ったと語った。

HuobiのCEO、Lin Li氏はHuobi ProのP2Pプラットフォーム以外にも、海外市場への拡大を目指しているという最新の発表で語った。同社は現在、Bithumbのような現地市場と競争するために韓国で交換プラットフォームを構築中である。

このニュースは、OKCoin、Huobi、BTC China、ViaBTCなど、中国の主要なビットコインの交換をもたらした中国の規制当局による数カ月間にわたる厳しい監視の結果、人民元に対するデジタル資産の注文簿取引を停止した。

www.coindesk.com

中国の取引所閉鎖後も仮想通貨の需要が衰えていないことがわかります。

新しいビジネスモデルの形としてP2Pの取引プラットフォーム・サービスの提供を開始すると発表しています。個人同士での仮想通貨の相対取引は、今回の中国の規制強化の対象となっていないのです。つまり、P2P、これは取引所を介さない個人と個人の取引サービスということでセーフになります。

そして、記事の北京に本拠地を構える取引所OKCoinとHuobiは、それぞれ香港に別法人の会社がありますし、海外市場にも目を広げ、現在は韓国で交換プラットフォームを構築中とのことです。

結局のところ、規制してもサービスを変えたり、他国に場所を代えて運営するだけなので規制しても無理だと思いますね。むしろ国外に大量の資金が逃げますので、どうなのかなと思います。

今後、仮に日本でビットコインを禁止にしても大量の仮想通貨を保持している方や、関連企業さんなどが仮想通貨を認めている国に移るだけだと思います。

結局、世界共通の通貨であるため、全世界で一斉規制でもしない限り、仮想通貨の流れを止めるのは無理だと思います。

 

news.mynavi.jp

www.recordchina.co.jp

 


人気ブログランキング

良かったら応援お願いします~

 

仮想通貨おススメ取引所
コインチェック
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
長所:わかりやすい、通貨の種類が豊富、貸仮想通貨サービス
短所:手数料が高く短期売買は不向き

Zaif

長所:手数料が安い、コイン積み立てが可能、トークンも購入できる、金融庁認定
短所:板が薄い、スマホ(携帯)のアプリが使いにくい
 
ビットフライヤー
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
長所:チャートがわかりやすい、CMや提携企業が多く安心感がある、米国にも進出、金融庁認定
短所:少し手数料が高い