お金にとらわれたくないからゼロから学ぶブログ

お金にとらわれたくないからゼロから学ぶブログ

お金にとらわれないためにお金について学んでいます

ロジャーバーさんが顧問を務めるICO「NAGA」が本日から開始、既に半数近くの資金調達済!2018年もICO祭りの予感!?

f:id:moneygamex:20171121134435j:plain

かにたまです。

ロジャーバーさんが顧問を務めるICO「NAGA」がICOを本日から開始。すでに半数近くの資金を集めているそうです。

※この記事はICOを推奨する記事ではありません。

NAGAがICOを開始!すでに4割近くの資金を調達済

f:id:moneygamex:20171121140059j:plain

現在、NAGAは30%ボーナスが付くのプレセール中です。

 

f:id:moneygamex:20171121140210j:plain

プレセール+ 30%ボーナス
11月20日20:00 CET - 27. 11月23:59 CET
メインセール
12月00:00 CET - 15. 12月23:59 CET

ということです。

 

f:id:moneygamex:20171121140304j:plain
http://NAGA COIN (NGC) | Smart Cryptocurrency for gaming and trading

ロジャーバーさんが顧問アドバイザーを務めているためか、凄い勢いですね。最近でも彼の持っている25万BTCが放出されるというロジャー砲が噂になりますが、確実に市場に影響力を持つ人物になってきました。

 

 NAGA COINを導入することで、時代遅れの銀行セクターに革命を起こす使命を果たし、金融市場を透明化して変えたいという、かなりの挑戦的なICOですね。

 

 

Nagaグループとは?

近年、急激に伸びているドイツのフィンテックグループです。

NAGA GROUP AGは、フランクフルトのドイツ証券取引所に上場しているドイツのFinTech社です。NAGAは2015年に設立され、発行価格の400%上で現在取引されている過去15年間で最も速いドイツのIPOを行いました。
経営陣が所有し成長を志向した若いFinTechの会社で、120人以上のチームが参加しています。毎年の収入は何百万ユーロ、取引量は数十億ユーロ、月額取引は数十万件に上ります。
NAGAは、アセットマネジメントライセンスを含む様々なEU金融ライセンスを所有しており、トップリーガルセットアップで構築されています。
NAGAの現在の時価総額は200百万ユーロを超え、株価は約9-10ユーロ(10月17日現在)です。これは2017年7月の発行価格2,60ユーロと比較して約400%の増加です。

 

SwipeStoxというサービスは、世界最大の革新的な株式取引ソーシャルネットワークであり、毎月数百万件の取引と数十億ユーロの取引量を誇っています。
・700以上の取引商品、24/5リアルタイム価格設定、国際的な顧客サポート、経験豊富なチーム
・ワンクリックでトップトレーダーのコピーを作成。
・洗練されたRobo-Advisorは人工知能によって駆動される「CYBO」インデックス群集データと市場データを呼び出しました。
・iOS、Android、Webで利用できます。

virtualmoney.jp

ゲームに力を入れています。ゲーム雑誌でも見たことあるんですよね、この会社。

 

追記 2017年11月21日

www.4gamer.net

ありました!昨年の記事で「インゲームアイテムの巨大な取引所を構築する予定」ということで4Gamer(国内ゲーム雑誌)でもピックアップされていました。

 

・・・会社自体は問題なさそうです。

問題はICOがうまくいくかどうかですね。

 

 

NagaICOページ

f:id:moneygamex:20171121141653j:plain

NAGA COIN (NGC) | Smart Cryptocurrency for gaming and trading

※ページは英語でしたので日本語翻訳すると良いと思います。

 

購入: 1NGCトークンが$ 1.00

総発行枚数: 400,000,000(4億) NGC

販売可能なトークン: 220,000,000 NGC

プレセール 20,000,000 NGC(20,000,000米ドル)

メインセール 200,000,000 NGC(200,000,000米ドル)

セールスボーナス: 事前販売中30%

購入できるFiat通貨: EUR、USD

購入できる暗号化の通貨: BTC、BCH、ETH、LTC、DASH

受入国籍: 米国、シンガポール、ベトナム社会主義共和国、中華人民共和国、アメリカの禁輸措置、制裁が実施されている国、すなわちイラン、北朝鮮、シリア、スーダン、キューバを除くすべての国籍。私たちのトークンセールの詳細については、こちらをご覧ください。交流 我々は、最大の暗号化交換の間でリストされることを計画している。

 

f:id:moneygamex:20171121141736j:plain

日本人なら購入できそうですね。ダッシュ、イーサ、ライトコイン、ビットコイン、ビットコインキャッシュで購入できるようです。ロジャーさん推奨のビットコインキャッシュは、やはりありますねw

 

しかし、ロジャーさんが顧問というだけで短時間でこれだけ集めてしまうのは、ビットコイン長者の影響力も大きくなってきました。ICOは下火になってきたかな、と思いましたが、日本でもCOMSAや、QASHが大量の資金を調達しましたし、まだまだ来年も国内含めICOが流行りそうですねえ。

 

 

おまけ:マカフィーコイン

f:id:moneygamex:20171121142146j:plain

f:id:moneygamex:20171121142248j:plain

McAfee Coin ICO | McAfee Coin AG

なんと、あのマカフィーさんの名前のICOのコインを見つけました。名前はマカフィーコインです。

 

f:id:moneygamex:20171121142853j:plain

どうやら誰でも購入・・・とまではいかないようです。登録が必要なようですね。

 

.世界的セキュリティソフトの権威、マカフィー・アソシエイツ社(McAfee Associates)を創業したジョン・マカフィーさんは今年の7月頃、イーサリアムのマイニングを開始したことでちょこちょこと界隈のニュースで出始めましたが、最近では1BTC5500万発言など大胆な発言で注目を集めているマイナーさんでもあります。

2015年に米大統領選挙にも出馬公表したくらい元気な方です。とうとう自分のコインまで作ってしまいました。

 

f:id:moneygamex:20171117163244p:plain

この方もひょっとしたら将来は仮想通貨をつくるかも!?と思っていますが、仮想通貨市場が大きくなるにつれて、特定の人物が非常に大きな力を持ち始めていますね。恐らく、ジハンさんがICOをしたら、仮に酷い内容でも資金が集まりそうな気がします。

2018年もICO動向に注目していきたいと思います。

 


人気ブログランキング

良かったら応援お願いします~

 

仮想通貨おススメ取引所
ビットフライヤー
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
長所:チャートがわかりやすい、CMや提携企業が多く安心感がある、米国にも進出、金融庁認定
短所:少し手数料が高い
 
コインチェック
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
長所:わかりやすい、通貨の種類が豊富、貸仮想通貨サービス
短所:手数料が高く短期売買は不向き

Zaif

長所:手数料が安い、コイン積み立てが可能、トークンも購入できる、金融庁認定
短所:板が薄い、スマホ(携帯)のアプリが使いにくい