お金にとらわれたくないからゼロから学ぶブログ

お金にとらわれたくないからゼロから学ぶブログ

お金にとらわれないためにお金について学んでいます

仮想通貨のPOW、POS通貨に関して思うこと

f:id:moneygamex:20171122141536j:plain

かにたまです。

本日は仮想通貨のマイニング方式であるPOW、POS通貨について思うことをブログ記事にしたいと思います。

POW,POSとは?

www.bitcoin77777.com

 POW、POSについて以前記事にしたので良かったらご覧下さい。仮想通貨NEM(XEM)のPOIについても書いています。

POW

POWは、マイニングで報酬を得るタイプの通貨です。ビットコイン、モナーコインなどがそうですね。POWは、その通貨を持っているだけでは増えず、マイニングをするマイナーになることで増やすことができます。

マイニングはその通貨の価格が上がると電気代があがり、今のビットコインのように一般人ではマイニングができないくらいお金(電気代・設備費等)がかかります。さらにビットコインキャッシュのようなビックブロックになると、更にお金がかかります。

gigazine.net

イーサリアム(ETH)が将来POW→POSになる予定ですが、原因は電気代がかかりすぎるという理由もあります。上記事のように発掘で小国一国分の電気代がかかります。これだけの電気を消費することは環境にも悪く、将来を考えると悪い判断ではないと僕は思っています。

現状、POWはビットコインほどの規模になると電気代のかからない国でマイニングしたり、安く生み出せるように工夫がされています。

 

また、価値が上がれば上がるほどマイニングにお金がかかりますので、だんだん一部のお金をかけられるマイナーしか掘れなくなります。そのためマイナーが力を持ちやすい傾向があります。

なぜマイナーが力を持つのかというと、彼らはマイニングで得たPOW通貨を大量に持っていますので、彼ら次第でその通貨の売り浴びせができ、価格が変動します。最近のビットコインとキャッシュの価格の変動が良い例ですね。

 

www.bloomberg.co.jp

ビットコインのPOW通貨が価格が落ちにくいのは、電気代が物凄くかかっているからです。上記事のタイトルや記事見るとわかりますが、いまのビットコインの採掘の電気代に見合う価格は非常に高いです。

今年、ビットコインのマイナーは大きな利益を上げています。従って、彼らは大きく下がっても、かけた電気代以上の価格でない限りは売ることが少ないです。電気代以下の価格で売ることは余程の事がない限りはないでしょう。よって、マイナーが売らないということは売り圧力が弱くなり、価格が上昇しやすくなります。

POS通貨は電気代があまりかからないので誰でも増やして好きな価格で売れますが、POW通貨は電気代以下では売りにくい、この差は大きいです。

 

最近では、莫大な電気代などをかけて生み出されるビットコインは「デジタル通貨」などと呼ばれていますね。ビットコインを生み出すのにお金をかけているので、価値を下げると利益がとれないので売り圧力が弱くなり、価値は下がりにくくなります。

例えば、もしあなたがマイナーさんで1ビットコインを生み出すのに60万かかるなら、1ビットコイン60万以下では絶対に売りたくないはずです。なぜなら、1ビットコインを生み出すのにそれだけのお金(電気代、設備代等)がかかっているからです。

 

f:id:moneygamex:20171122193707p:plain

かにたま「POWは価値を上げれば上げるほど電気代がかかるので、利益がとれない価格で売ることができず、より価値を上げやすくなります。しかし、価値を上げるほど一般人が増やすことができなくなるので、マイナー依存の通貨になる可能性があります。」

 

 

POS

POSはその通貨を持っているほど有利で誰でも増やせる通貨です。ICOなどでも大口さんが有利なように、それだけ所持してくれるなら増やせる枚数も多いというのがPOS通貨の特徴です。基本的に専用のウォレットで誰でも増やせることができ、電気代がかからないのが特徴です。

持ってるだけで増えるので、使わずに貯めこんで流動性が落ちる欠点があります。流動性が落ちると売りたい時に売れないなど取引が成立しにくくなる欠点があります。

ただ、所持枚数で増やせる通貨の量はかわりますが、ビットコインのマイナーのように、ほんの一部の人たちだけが増やせるということはありません。持っていれば誰でも増やせるチャンスがあります。

f:id:moneygamex:20171122134740j:plain

電気代があまりかからず誰でも枚数を増やせますので、POS通貨は上がると定期的に売りが入る傾向があり、上のようなグラフになることがあります。電気代がかからないので売るタイミングはその人次第になります。

今後、イーサリアムもPOW→POSとなり、増やすのに高い電気代がかからなくなるため価値を失うのではないか?とも一部で言われています。

いまイーサリアムは小国1国分の電気代を消費するくらい電気代をかけて生み出されています。これがPOSになり、持ってるだけで増やせるなら、生み出すのにお金はそれほどかからなくなります。そうなると、POWで電気代等をかけて生み出したイーサリアムより低値でも売りやすくなり、価格が下がると予想されています。

 

f:id:moneygamex:20171122193707p:plain

かにたま「POSは誰でも電気代をかけず容易に生み出せます。しかし、誰でも生み出せる民主的な増やし方であるがゆえに、売る人は絶えません。よって価値を落としやすい傾向にあります。また枚数の多い人にはPOSで得られる量も多く、大量に持っている人が消費しなければどんなに頑張っても絶対に追いつけないという構図もできてしまいます。」

 

 

仮想通貨のPOW、POS通貨に関して思うこと

僕はイーサリアムがPOW→POSになろうとも価値はそれほど落ちないと思っています。電気代がかかろうが、かからなかろうが、買わなければ結局は価値が落ちますし、売り浴びせがあっても価値を感じて購入する人がいれば上がります。要はイーサリアムが変わらず使われれば、価値は上がっていくと感じています。

最近、ビットコインのマイナーの件でPOW通貨の問題を目の当たりにし、そもそも今のビットコインは電気を使いすぎて、それが価値を生んでいるかもしれませんが、環境には良くない、と思うことがあります。ここから数十倍の価値になったら、どれだけの電力がかかるのかは想像できません。

確かにPOSは所持枚数が多いほど有利な通貨です。ただ、POWであれば、マイニングができる一部のマイナーしか枚数は増やせませんが、POSの場合は、わずかながらでも万人が増やせますので、マイナーだけに集中化するよりは良いかもしれないと思い始めています。

従って、イーサリアム(ETH)のPOW→POSの変更は、将来的には間違っていない考えだと思っています。どうなるのかは、ETHのPOW→POSの変更時、市場がどういう反応をするのか見ていきたいと思います。

 

f:id:moneygamex:20171122193707p:plain

かにたま「電気代がかかっているからといって誰も持たなければ徐々に価値を失っていきます。また、POSだろうと需要があれば価値は落ちにくいです。結局のところ重要なのは、その通貨の性能等ですのでアルゴリズムは気にされずに自分の信じている通貨を所持されることを推奨します。」

 

 


人気ブログランキング

良かったら応援お願いします~

 

 

仮想通貨おススメ取引所
ビットフライヤー
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
長所:チャートがわかりやすい、CMや提携企業が多く安心感がある、米国にも進出、金融庁認定
短所:少し手数料が高い
 
コインチェック
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
長所:わかりやすい、通貨の種類が豊富、貸仮想通貨サービス
短所:手数料が高く短期売買は不向き

Zaif

長所:手数料が安い、コイン積み立てが可能、トークンも購入できる、金融庁認定
短所:板が薄い、スマホ(携帯)のアプリが使いにくい