お金にとらわれたくないからゼロから学ぶブログ

お金にとらわれたくないからゼロから学ぶブログ

お金にとらわれないためにお金について学んでいます

仮想通貨のウェブボット(AI)の未来予想11月の最新レポート 「Crypto Storm(仮想通貨の嵐)」が公開!ビットコインは2018年2月に150万!?他、BCH、ETH、DASH等について ※DASHに関して追記しました

f:id:moneygamex:20171130144417j:plain

かにたまです。

クリフハイさんのウェブボットの11月の最新レポート「Crypto Storm(仮想通貨の嵐)」が公開されました。

ウェブボットとは?

仮想通貨の今後を予測してくれる未来予測プログラム「ウェブボット」というAIをご存知ですか?ビットコインの価格予想はかなり当たっているとして評判になっています。

www.youtube.com

あのマイクロソフトの元コンサルタントであったクリフ・ハイさんが開発し、主催を務めています。以前は上のようにYoutubeで仮想通貨の未来予想を公表していました。しかし、ここ最近では、「市場の動きに影響を与えたくないので、今後は仮想通貨の相場予測は公表しない」として動画投稿はしていません。

ネットのインタビューは受けていますが、ネット放送などの公開インタビューだけに限った話で、相場予測に特化したレポートは99ドル(1万円以上)で販売されています。

その2017年11月の最新レポートが「Crypto Storm(仮想通貨の嵐)」です。

 

 

以前のウェブボット予想

www.bitcoin77777.com

2018年の秋にビットコインが220万になると予測し、話題になりました。正直、当時は考えられない額でしたが、ここ最近の伸びを見るとあるかもしれないな・・・。こう思うのは僕だけではないはずです。

 

 

「Crypto Storm(仮想通貨の嵐)」のレポート予測

最新のウェブボットの予測です。以前の予想とは違う点もみられました。

BTC(ビットコイン)

・来年2018年の2月のBTC価格は150万ほど

・(機関投資家の参入により)相場が激しく乱高下する

 

かにたまコメント

www.bitcoin77777.com

CMEや米ナスダック等でBTC先物が上場すると機関投資家さんが入ってきます。機関投資家さん達は大量の資金があります。ゆえに、相場を乱高下させてもロスカットの問題は余りありませんが、一般投資家は乱高下するとロスカットしやすくなります。

機関投資家が入ると相場は安定すると言われていますが、ストップ高や安もなく24時間動き続けている相場、かつ、来年はまだごく一部の体力のある機関投資家さんしか入ってきません。それゆえ相場を動かしやすく、大きく上下に揺らすことは普通に考えられます。

相場が安定してくるのは、もっと先の話ということになりそうです。特に先物をするのであれば、レバを下げたり余裕のある取引をされた方が良いと思います。乱高下によりJPモルガンさんのように現物を下で拾いたい意図がありそうなので日本円は他で稼いで現物は下落に惑わされず、落ちても保持するつもりです。

 

BCH(ビットコインキャッシュ)

・しばらくは他のアルトコイン同様にゆっくりな上昇

・2018年春分の日(3月21日)あたりからBCHの有用性が見つかり急騰

 

かにたまコメント

11月はBCHの良さが広まり、祭りが以前のウェブボットさんの予想通りに本当にありました。しかし、ここから更に来年は急騰するということでしょうか?

ビットコインの神といわれるロジャー・バーさんや、マイナーの親玉的存在のジハン・ウーさんもBCHを推奨していたり、BTCとシーソーのような関係があったり、2018年もBCHは何かと目が離せない仮想通貨になりそうですね。

 

ETH(イーサリアム)

・上昇はするが、他のアルトコインよりは動きが穏やか

・低迷と信頼回復に苦しむメディアがETHを持ち上げ一時的に急騰する場面もある

・来年の2018年イーサをプラットフォームにしたビジネスが多数始まるがプログラマー不足が露呈する。

 

かにたまコメント

イーサリアムのスマートコントラクトは、Solidity、Serpent、Mutan、LLL等のプログラマーさんにとって難しい言語で書かれてあり、イーサリアムのプラットフォームに対応できるプログラマーは少ないのは現実です。来年はその育成に力をいれていく必要があるということでしょうか?

仮想通貨LiskのようにJava等のポピュラーな言語でETHプラットフォームを扱えれば良いのですが、イーサリアムの生みの親、天才ブテリンさんはどう対応していくのでしょうか。注目です。

個人的には、価格以上にイーサがビジネスで使われるという予想が嬉しいですね。

 

Dash(ダッシュ) 

・来年の2018年になるとダッシュという名の如く、肯定的な好材料が出てきて上がる。

・2018年の上昇期は、今年春に急騰するリップルより長期。アルトコインをリードする。

かにたまコメント

※2017年12月1日に追記しました。

レポートを見たときリップルを凌ぐ伸びを見せるということですが、これといった根拠は見られずどうなのだろうか?という感じでした。

www.bitcoin77777.com

 

f:id:ff11return:20171201183438p:plain

https://chainz.cryptoid.info/dash/#!extraction

ダッシュといえば、最近、ジハンさんのアントプール社が掘りまくっていて急騰していますよね。現在、ダッシュの40%以上をジハンさんの会社のAntpool社がマイニングをしています。何かあるんですかねえ。

 

他にはLiteCoin(ライトコイン)、OmiseGO(オミセゴー)、NEO(ネオ)などが11月の最新レポート 「Crypto Storm(仮想通貨の嵐)」に掲載されていました。

 

 

 

最後に

クリフハイさんのレポートは、現在は無料のレポートではなく、99ドルの代金がかかっています。従って、全ての内容をブログに記載することはできず、触りの部分だけを記事にしました。

https://www.halfpasthuman.com/Hph_reports.html

レポートは、上のサイトで購入できます。内容は全て英語ですが、全てが記載されています。英語が読める方はこちらが良いでしょう。

 

www.mag2.com

日本語の内容を知りたいのであれば、高島さんなどの仮想通貨のウェブボットのレポートを和訳されている方が多数いますので、そちらから購入されてください。ただし、レポート内容の全てが書かれているわけではなく要約されています。

 

AIの予想は精度が高く、ゴールドマンサックスなどトレーダーも人からAIにどんどん変わってきています。ただし、ウェブボットの予測が的中する保証はありません。実際、大きく外すこともありました。実際に投資をする場合は盲信せず、あくまで参考程度にしておくべきだと思います。

どちらにせよ、ビットコインやアルトコインが上がるという仮想通貨界隈にとっては嬉しいニュースなので再び記事にしました!

 


人気ブログランキング

良かったら応援お願いします~

 

仮想通貨おススメ取引所
コインチェック
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
長所:わかりやすい、通貨の種類が豊富、貸仮想通貨サービス
短所:手数料が高く短期売買は不向き
 
Zaif

長所:手数料が安い、コイン積み立てが可能、トークンも購入できる、金融庁認定
短所:板が薄い、スマホ(携帯)のアプリが使いにくい
 
ビットフライヤー
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
長所:チャートがわかりやすい、CMや提携企業が多く安心感がある、米国にも進出、金融庁認定
短所:少し手数料が高い