お金にとらわれたくないからゼロから学ぶブログ

お金にとらわれたくないからゼロから学ぶブログ

お金にとらわれないためにお金について学んでいます

仮想通貨交換業者が新たに4社追加!(2017年12月1日)コインチェック、Kraken等はまたもや持ち越し、理由は・・・

f:id:moneygamex:20171028114705p:plain

かにたまです。

12月1日、金融庁により仮想通貨交換業者が新たに4社追加公認されました。

 12月、仮想通貨交換業者が新たに4社追加!

f:id:moneygamex:20171202130404j:plain

http://www.fsa.go.jp/policy/virtual_currency02/

金融庁のHPを見てみると平成29年12月1日に仮想通貨交換業者4社が登録されていました。

 

第二弾!金融庁で仮想通貨交換業者登録済の4社

www.bitcoin77777.com

前回の上記事で記載した11社に加え、新たに4社追加されました。

関東財務局長第00010号

株式会社東京ビットコイン取引所

 

関東財務局長第00011号

株式会社ビットアルゴ取引所

 

関東財務局長第00012号

エフ・ティ・ティ株式会社

 

近畿財務局長第00003号

株式会社Xtheta

 

f:id:moneygamex:20171202133150j:plain

http://www.fsa.go.jp/menkyo/menkyoj/kasoutuka.pdf

 

 

コインチェック、Kraken等が認可されない原因は匿名通貨!?

 日本有数の仮想通貨取引所であるコインチェックさん、Krakenさん共にまたもや金融庁に登録が認可されない事態がおきました。

f:id:moneygamex:20171202133354j:plain

国内ビットコイン市況 | Bitcoin日本語情報サイト

コインチェックさんに至っては、あのビットフライヤーさんを大きく上回り、圧倒的なビットコイン現物の出来高を誇ります。これだけの規模の取引所がまだ認可されない理由としましては、匿名通貨が問題なのではないか?と言われています。

実際、コインチェックさんやKrakenさん共に匿名通貨であるZEC(ジーキャッシュ)、XMR(モネロ)、DASH(ダッシュ)等を取り扱っています。

 

匿名通貨が問題視されている理由

www.bitcoin77777.com

では、僕が昔記事にしたDASHを例に匿名通貨の問題点を挙げてみます。

 

f:id:moneygamex:20171202134343p:plain

DASHはコインミキシングと呼ばれる手法が使われています。コインミキシングとは、通貨の送受信の際に一度中央にある「管理ノード」を経由して、複数のデータをシャッフルするというものです。この管理ノードによるデータのシャッフルによりデータの送り先がわからなくなり強い匿名性があるのです。

つまり、ビットコインの場合はAからBに送ったことが確認できますが、DASHのような匿名通貨の場合はAから誰に送ったかわからなくなり、ウヤムヤになります。これを言い換えると、追跡ができないということになります。

例えば、脱税したお金でDASHを買って他に送ってしまえば、管理ノードによるコインミキシングで送り先がわからなくなり、もうそのお金はどこに送ったのか追跡できなくなります。

 

 

匿名性通貨に関して思う事

匿名通貨は脱税に使われると危惧されているといわれていますが、はっきり言いますと取引記録がシャッフルされる時点で100%脱税に使われるでしょう。記録が残らない時点でどうやって追跡するのか?という話になります。もし、追跡するとすれば、匿名通貨を買った取引所の記録を見て、購入者にその匿名通貨をどうしたのか問いただすしかありません。

 上ツイート等でもありますが、以前から匿名通貨Moneroの開発陣自らも用途を冗談交じりに「脱税」と述べています。このような状態で認めてしまえば、日本国が公認した通貨で脱税が可能になります。

 

匿名性は紙一重です。ビットコインのように取引記録が全て残るということは、逆にストーカーのように、どこでビットコインを使ったなどを全て知られてしまいます。アドレスと特定の個人情報が結びつけば、その個人の保有残高や送金記録を知ることができてしまいますね。そういう事を知られたくない人もいると思いますので、需要があるのもわかります。

 

f:id:moneygamex:20171202141809j:plain

Dash Merchant Map 2017 

上サイトで匿名通貨のダッシュの使える場所を見ると明らかですが、普通に使える場所や利用者が増えています。4秒ほどで送金できますし、すでにそこそこ使える場所もある。実用的な仮想通貨としては非常に素晴らしいものです。

しかし、匿名性通貨はプライバシー保護には適していますが、捜査機関が取引を追跡するための情報を隠ぺいできるように設計されています。よって、負の部分に使われて更なるダークマーケット拡大を引き起こすという懸念点があります。こうした懸念があるので、どこかしらで規制があるだろうと感じています。

 

www.bitcoin77777.com

とはいえ、どれも需要があるので完全になくなることはないでしょう。ちなみにウェブボットさんの11月レポート等の予想では、2018年のアルトコインの上昇はダッシュが引っ張っていくというようなことが書いてありました。

その前に、果たして日本国が匿名通貨を認めるのかどうか見ものです。

 


人気ブログランキング

良かったら応援お願いします~

 

仮想通貨おススメ取引所
コインチェック
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
長所:わかりやすい、通貨の種類が豊富、貸仮想通貨サービス
短所:手数料が高く短期売買は不向き
 
Zaif

長所:手数料が安い、コイン積み立てが可能、トークンも購入できる、金融庁認定
短所:板が薄い、スマホ(携帯)のアプリが使いにくい
 
ビットフライヤー
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
長所:チャートがわかりやすい、CMや提携企業が多く安心感がある、米国にも進出、金融庁認定
短所:少し手数料が高い