お金にとらわれたくないからゼロから学ぶブログ

お金にとらわれたくないからゼロから学ぶブログ

お金にとらわれないためにお金について学んでいます

仮想通貨ビットコインについて、あれこれ書いてみます。2017年12月末

f:id:moneygamex:20171218102121p:plain

かにたまです。

今年もあとわずかですね。というわけで、仮想通貨ビットコインにいま何が起きているのかニュースにしたいと思います。

 

史上最高のバブル

www.bitcoin77777.com

現在のビットコインは人類史上最高のバブルになっています。

 

f:id:moneygamex:20171222121741j:plain

ようやく大きく下がってきましたね。本当に年末に買い時が来るかもしれません。それにしてもリップルは強いですね。年内にこれだけ上がるとは思いませんでした。

 

f:id:moneygamex:20171222121233j:plain

ビットフライヤーさんのビットコインチャートです。画面がちらついてバグかと思いましたが、雪を降らせているようですね。

 

仮想通貨は「雑所得」になりましたので税金の影響もあると思います。毎年少しずつ利確は節税にも良いです。人によっては今年利確できなかった分を、来年度の1月すぐに利確してくると思います。

 

f:id:moneygamex:20171222122744j:plain

 こういう時は、板の薄い取引所は底抜けする可能性があります。下で構えておくと稀にかかる時がありますね。かつて、Zaifさんでは1BTCが120万近くまで落ちました。この時、ビットフライヤーさんでは146万ほどで止まっています。

こういう時はピンチもありますが、チャンスもありますね。

 

 

ビットコインの性能の限界

f:id:moneygamex:20171222123645j:plainhttps://blockchain.info/ja/unconfirmed-transactions

未確認取引は28万件以上となり、過去最高クラスで送金の遅延が起こっています。ビットコインは採掘難易度が上がると送金遅延を起こしやすいです。

採掘難易度は価格の上昇により上がる傾向にあります。難易度が上がるとマイニングしにくくなり、電気代がかかります。

 

moneygamexx.hatenadiary.com

送金が遅延するとマイナーさんに支払う手数料が増えます。「送金が遅れているからマイニングで貰える金額を多くしますよ」というルールがビットコインの仕組みです。

送金が遅れている時は、マイナーさんに支払うお金を上げて働いてもらい、送金詰まりを早く解消してもらうという、よくできたシステムです。

 

 取引所の手数料が増加しているのも、送金遅延でビットコインでマイナーに支払う手数料が増えたために起こっています。決して、取引所が儲けたいという意図ではありません。

 

 なお、現在のような送金遅れが続いている時、急ぐ時は更に手数料を上乗せするとアマゾン等のお急ぎ便のように優先的に送金をしてくれます。

 

 コインチェックさんの手数料が0.002ということは1btc=170万として、3400円という手数料になっています。こうなると、特に小額決済にはむきません。100円ジュースを購入して手数料で3400円もかかったら誰も使わなくなると思いませんか?

 

 

このまま問題は解決しないのか?

cryptocurrencymagazine.com

この問題を解決するために日々開発が行なわれています。上サイトの記事で取引手数料を大幅に削減し、即時取引を実現するライトニングネットワークの動画を見ることができます。本当に一瞬で支払いが完了しています。

 

www.bitcoin77777.com

www.bitcoin77777.com

www.bitcoin77777.com

↑興味があればご覧下さい。ビットコインがブロックサイズを大きくしない要因の1つとして更なる中央集権化が進んでしまうことです。

要は、ビックブロックを採掘するということは、サイズの大きなブロックを掘る事ですからよりお金がかかり、一部の大きなマイナーしか掘れなくなります。そして、更にマイナーの中央集権化が進んでしまいます。

従って、ブロックサイズをできるだけ大きくせずに何とかしようと奮闘しているのが現状です。しかし、まだテスト段階であり実装には時間がかかりそうです。

 

btcnews.jp

ETF申請のニュースもあり期待が膨らみます。先物が上場したため可能性は前よりはありますが、現状のビットコインの性能を考えると、どうだろう?とも思っています。

 

 

 

2017年はビットコイン一強

2017年も、といった方が良いかもしれません。

f:id:moneygamex:20171222132329j:plain

これは今年の初めの2017年1月の状態です。この時、ビットコインとイーサリアムは時価総額で約1.64兆円の差がありました。

 

f:id:moneygamex:20171222132518j:plain

こちらが現在の様子です。たった1年で今や日本円にして2位のイーサリアムと約20兆円の時価総額の差がついてしまいました。

伸びしろではアルトコインでしたが、集まっている資金には大きな差がついてしまい、2017年もビットコイン一強の時代ということになりました。

 

現在、ビットコインが大きく下がると、他が追従するのはこのためです。今年、多くの仮想通貨が生まれたにも関わらず、資金があまりにもビットコインに集中しすぎているのが問題です。

 

www.youtube.com

とはいえ、いくつかのアルトコインも大きく成長しました。倍率ではビットコインを大きく超えるものもたくさんありましたよね。ロジャーさんは来年にはビットコインキャッシュがビットコインを超えると意気込んでいます。確かに現状の状況では、ビットコインキャッシュはビットコインの能力を超えているかもしれません。

 

ETHもPOW⇒POSに変わった時にどうなるかも注目しています。現在のETHの送金遅延があり、ビットコイン同様の問題をどう解決していくのかも見物です。

 

jp.cointelegraph.com

個人的には、主要アルトコインの中では、ライトコインに期待しています。

チャーリーさんがライトコインを全て売却したことは波紋を呼びましたが、「利益相反」が売却の理由ということです。要はチャーリーさんがライトコイン価格等についてツイートすると、個人的利益のためにそうしているのではないかと責められる疑いを晴らすために行なったということです。

これが本当ならば、なかなかできないことで嬉しく感じています。

 

仮想通貨の発展には、ビットコインだけではなく、他の通貨の飛躍が大きなカギになってくると思います。来年以降で増えた時価総額がビットコインを超えるものが出てくると面白くなってくると思います。

 

このブログ記事も今年は全体的にビットコインの事が多すぎた気がします。どの通貨がどうたらというのではなく、来年はアルトコインの方も応援していけたらと思います。

 

結局のところ、全ての仮想通貨が切磋琢磨していけば、それが、仮想通貨全体の発展に繋がっていくと感じています。特にアルトコインの場合は時価総額が小さいので仮想通貨全体が発展すればその恩恵も大きくなります。

 

wired.jp

ブロックチェーンに変わる新たな技術も開発されており、来年も目が離せない1年になりそうです。これからの発展が楽しみです。

 

 


人気ブログランキング

良かったら応援お願いします~

 

仮想通貨おススメ取引所

 バイナンス 

 
長所:手数料安い(0.05~0.1%)、仮想通貨の種類が豊富、サーバーが軽快、日本語対応
短所:中国取引所のため規制の危険性がある
 
 
Zaif

長所:手数料が安い、コイン積み立てが可能、トークンも購入できる、金融庁認定
短所:板が薄い、スマホ(携帯)のアプリが使いにくい
 
コインチェック
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
長所:わかりやすい、通貨の種類が豊富、貸仮想通貨サービス
短所:手数料が高く短期売買は不向き
 
ビットフライヤー
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
長所:チャートがわかりやすい、CMや提携企業が多く安心感がある、米国にも進出、金融庁認定
短所:少し手数料が高い