お金にとらわれたくないからゼロから学ぶブログ

お金にとらわれたくないからゼロから学ぶブログ

お金にとらわれないためにお金について学んでいます

仮想通貨はねずみ講ではなく、革命である理由

f:id:moneygamex:20180123105026j:plain

かにたまです。

ビットコインは最初は日本円で0.07円ほどで現在は120万円ほどまで上昇しています。煽り気味な宣伝などもあり、それゆえにねずみ講などと言われていますが、僕は全く違うものだと考えています。

 

仮想通貨は革命

僕たち日本人が生まれた時から日本で使えるお金は日本円のみです。

日本円はご存知のように日銀のみが無限に発行できる通貨であり、それを僕たちが当たり前のように日々の生活で利用しています。そして、それを得るために殆どの人が日時を費やし、人生を消費しています。

 

www.sankei.com

法定通貨の普及により生まれたのは格差です。

そして、その格差は年々広がっています。上記事では、1%が富を独占していると書かれていますが、これからは0.1%、0.01%と更に絞られていくでしょう。

 

1つの国でたった1つの法定通貨では、格差が広まるのは当たり前です。

 

例をあげてみます。

 

仮に僕(かにたま)が100万円、ジハンさんが10000万(1億)円を持っていて、株で同じ間隔で1%増やせるとしましょう。 

ジハンさん10000万

f:id:moneygamex:20171113131228p:plain

1%増えると100万円増える。生活費で10万円使っても90万円残る。次は10090万円の1%増える。以後、繰り返しで円を増やしながら生活ができる。

 

かにたま100万円

f:id:moneygamex:20171122193707p:plain

1%増えると1万円増える。生活費で1万円使ったら0になる。次も100万円の1%の1万円増えるが、再び生活費で消える。以後、繰り返し。ジハンさんの生活費の1/10にも関わらず、円は増えない。

持つものジハンさん(10000万円=1億円)と、持たざるものの僕かにたま(100万円)で比較してみて、ジハンさんが僕の生活費の10倍お金を使っているにもかかわらず、ジハンさんは資産をどんどん増やしていけます。一方、僕は生活費を抑えないと全く増えません。

 

これまでは、国のお金しか使えないこともあり、この格差は一生なくならないと思っていました。ところが仮想通貨が現れたことにより、革命が起きています。

 

 

その例としては、ビットコインです。

ビットコインは最初は0.07円ほどだったようですが、現在は120万円です。その理念や技術の素晴らしさで徐々に世界に浸透していきました。初期にビザ2枚を購入したことが逸話になっています。

 

仮想通貨の革命的である所は、誰でも新しく通貨を生める所です。ビットコインが高いと思うなら自分で新しい仮想通貨を生めばいいだけです。仮想通貨はプログラミングの知識があればつくれますし、カウンターパーティのようなトークンならそんな知識がなくても簡単に作成できます。

最初は価値はありませんが、その作成した通貨やトークンをビットコインのようにすれば良いわけです。広まるかはわかりませんが、これは誰でもできます。

あなたが儲けたくてビットコインはねずみ講と思うなら、あなた自身で仮想通貨をつくりだせばいいのです。ただ、利益が先行すると大抵は信じてもらえないので、ねずみ講のような段階にもならないと思います。

 

そして、仮想通貨にはIPOの仮想通貨版であるICOというものがあります。そこでは超初期の段階から大抵のICOに誰でも投資できます。株などのIPOの場合、まず抽選に当たる必要がありますし、そもそも良いIPOは一般人には話がきません。

何が言いたいのかといいますと、仮想通貨の場合は誰でも平等なチャンスがあるわけです。それなのに、なぜビットコインにこだわるのか僕はよくわかりません。僕はビットコインのドミナンス(支配力・影響力のようなもの)は将来数%になると思っています。

 

それでも僕はビットコインを所持しています。僕がはじめてビットコインを買ったのは6万円の時です。ビットコインの最初は0.07円ほどですから、この段階でもねずみ講と言う人はいると思います。草コインなら先行になれるのに、僕がなぜまだビットコインを持っているかお分かりですか?

もちろん未来の技術や理念もありますが、仮想通貨の中では、ビットコインが1番使える店があることと、利用人口が増えていること、ネット+生みの親がいないので潰すことは不可能だからです。

確かに新しい仮想通貨であれば、誰でも先行の大口になることができるのが仮想通貨の世界です。1円以下の仮想通貨もあるので、それらを選べば小額でも大口になれます。ただし、みんなが信じなければ価値は下がり、上がることすらない通貨もあります

 

www.bitcoin77777.com

しかし、上記事のように価値を信じる人が増えれば、その仮想通貨を使ってネットで買い物やお店などで支払うことも可能になります。仮想通貨が利用できるサイト、店舗等はどんどん増加していますので、もはや、日本でも円を使わずに仮想通貨のみで生活ができるようなる世界が近づいています。

 

仮想通貨のない現状のままの世界では、永久に格差は縮まらずに広がる一方なのは理解できると思います。これを循環を変えるには新しく使える通貨が必要です。

日本円を信じるなら日本円、ビットコインならビットコイン、他の新しい仮想通貨なら仮想通貨と選択肢を広げることで富が分散されていきます。仮想通貨のすごい所は、現状に不満があるなら広がるかはわかりませんが、自分で新しい仮想通貨を作れる点にあります。

僕たちはうまれながらにして、その国の法定通貨という1つの通貨を軸としており選択肢が与えられていませんでした。しかし、仮想通貨は、既存のお金以外でも日本で利用できるという選択肢を増やしてくれる革命です。

 

確かに今の仮想通貨は膨れ上がり210→130万まで下がりました。以後も膨れた反発があり、更に下がると予想しています。以前から述べていますが、今のBTCに100万以上の価値はありません。

しかし、大きな企業が徐々に仮想通貨市場に入ってきています。一部の国なども仮想通貨を発行するということで、流れは止められず、このまま終わるとも思えません。

 

 

まとめ

・仮想通貨は誰もが通貨やトークン、つまり、新しいお金を生めてチャンスがある

・誰でも生めるが皆が信頼しないと使われない

・仮想通貨は、法廷通貨以外の選択肢を与える

・新しい仮想通貨が富を分散させ、埋まらない格差の現状を打破する

 

 


人気ブログランキング

 良かったら応援お願いします~