お金にとらわれたくないからゼロから学ぶブログ

お金にとらわれたくないからゼロから学ぶブログ

お金にとらわれないためにお金について学んでいます

コインチェック事件の裏でマウントゴックスの破産手続きが進行中

f:id:moneygamex:20180204170546j:plain

かにたまです。

ビットコイン下落の背景にコインチェック事件も含め、マウントゴックス事件も絡んでいるのはないか?という噂があります。噂レベルですが、非常に興味深く記事にすることにしました。よかったらご覧下さい。

 

マウントゴックスから4年

f:id:moneygamex:20180204170846j:plain

Mt.Gox Legal – A group for Mt. Gox Bitcoin creditors

2014年のマウントゴックス事件から4年後マウントゴックスの破産手続きに意見を届けようとしている債権者のグループが現在も存在しています。

 

マウントゴックスは今回のコインチェックさんのようにハッキング後に資金を返済できるという発表をしました。

ところが、その後、金融庁が支払い能力がない ⇒ 倒産という流れになりました。

現在、マウントゴックス事件から4年が経過しましたが、未だに1円も返却されていないのが現状です。

 

www.afpbb.com

しかし、マウントゴックス事件では全てのビットコインがハッキングされていたわけではなく20万ビットコインが残っていたのです。

 

f:id:moneygamex:20180204175103j:plain

この20万ビットコインはビットコインが4年で価値を大きく上げたことで、現在2000億円に相当し、当時の顧客の預かり金28億円を大きく超えています。よって「十分に返済できる額」のということで以前から話題になっていました。

 

 

マウントゴックスのの破産手続は大きな動き

12月11日~1月末にかけてマウントゴックス事件の許可申告書が大きく黒塗りされていることがわかりました。

結果的に大きく上塗りされていることから(ゴックス被害者の返済のため?)20万BTCの投売りがあったのでは?とおっしゃる方もいます。つまり、ここ最近のビットコインの下落はマウントゴックス事件が関与しているかもしれないということです。

 

個人的な意見としましては、被害者に伝えずに売られている可能性は少ないと思いますが、どうしてマウントゴックス当時の被害額以上のビットコインが残っているのに未だに被害者に返済できていないのか理解できません。

 

 

マウントゴックスのカルブレス元社長がAbemaTVに出演

先日、AbemaTVにマウントゴックスの元社長であるカルブレス元社長が出演していました。

www.cyberagent.co.jp

AbemaTVといいますと、その運営会社の株式会社サイバーエージェントが、仮想通貨取引事業を行う新子会社として、株式会社サイバーエージェントビットコインを2017年10月2日に設立したのが話題になっていましたね。

 

カルブレス元社長が出演した番組は現在も無料で一部視聴できます。

 

・マウントゴックスは復活するのか!?カルプレス元社長に直撃!

abema.tv

資産が債権額を超えている、つまり、会社を復活させられる額はあるということですが、様々な問題から難しい状態だいうことだと思います。僕には話がよく理解できませんでしたが、こんな感じだと思ってます。

 

・マウントゴックス事件から4年 技術は進歩したのか?カルプレス元社長が解説

abema.tv

 コインチェックよりはマウントゴックスの方がセキュリティは高いというようなことを述べていました。技術云々よりコインチェックの不備ということでしょうか。

 

f:id:moneygamex:20180204174122j:plain

仮に僕がマウントゴックスの被害者であれば、現物が20万BTC残っていますので、当時の所持率で配分されることを望む、つまり、ビットコインでの返済を望みます。

顧客リストもあり、技術的には可能なのにいったい何が問題で返済に4年も時間がかかっているのか僕は理解できません。

 

今回、記事を書くにあたり色々と調べて見ると、マウントゴックスの被害者の方は非常に大人だと感じました。さすがに当時から手をつけられていた方達だと思います。

ただ、今では十分な返済資金がありながら、このまま何も起こらず無かった事にされてウヤムヤに終わるのは悔しいですし、おかしいと感じています。

大きな進展があれば、また記事にしていきます。

 


人気ブログランキング

 良かったら応援お願いします~