お金にとらわれたくないからゼロから学ぶブログ

お金にとらわれたくないからゼロから学ぶブログ

お金にとらわれないためにお金について学んでいます

仮想通貨XP、インドの取引所bitindiaの上場投票5位の当確ラインも第2ラウンドに進出!?

f:id:moneygamex:20180213161148p:plain

かにたまです。

仮想通貨XP、インドの取引所bitindiaの上場投票5位という結果になったようです。

 

あらすじ

昨年は1satoshi未満だった海苔コインのXPが草コインに急成長。

更に成長が止まらずBINANCEを始め大きな取引所の上場候補にノミネートをされるようになりました。

そして、2018年2月、注目のインドの仮想通貨取引所Bitindiaの上場投票に臨んでいた仮想通貨XP。

5位以内であれば上場できるということでしたが、果たして結果は・・・

 

www.bitcoin77777.com

詳細は上記事をご覧下さい。

 

 

 仮想通貨XP、インドの取引所bitindiaの上場投票5位

f:id:moneygamex:20180210145611j:plain

投票はGMT時間ではなく、インド時間で終わりました。

GMTって書いてあったやんかーいw

 

f:id:moneygamex:20180213162535j:plain

https://bitindia.co/vote.html

※現在は上リンクから確認できますが、第2ラウンドが始まったら変更されるかもしれません。

 投票結果が発表され、仮想通貨XPが5位にランクインしました。

 

f:id:moneygamex:20180213162751j:plain

海苔コインだったXPが5位になりましたよおおおおおおおっつ ヽ(`Д´)ノ

 

 

まさかの第2ラウンド開催!?

「やった!」と思ったのも束の間、第2ラウンドが開催の流れになりました。

ポーン( Д)⌒Y⌒Y⌒...。..。コロコロ

 

もともと上位5位までを上場すると、Bitindia側でツイートされていたんですね。

 

 そして、どういうわけか上位12位or50位内のどちらで再び上場投票をするかという謎のアンケートを開始しました。投票の結果、上位12位までがラウンド2に進み、再び上場投票されることになりました。

 

 不正票対策の措置ということでやり直しになるという背景があります。確かに流れを追うと票の増え方がおかしいとツイートされている人もいましたね。

 

f:id:moneygamex:20180213172003j:plain

ただ、これは表向きでランクした5位までの通貨が知名度的に弱い点もあるのかと思います。実際6~12位までの仮想通貨は時価総額も高くて知られているものが多いです。

ランクインした通貨に無名な匿名通貨がいくつかあるので、12位の有名な匿名通貨のモネロまで入れたのを見るとそう感じてしまいます。

 

 

Bitindia上位12位仮想通貨メモ

ここで第2ラウンドに進む仮想通貨に関して、メモです!

※時価総額は2018年2月13日のもの

1位 DeepOnion (ONION) 

f:id:moneygamex:20180213172853j:plain

追跡不可能な匿名通貨。コミュニティが強い。時価総額228位。

ホームページhttps://deeponion.org/

 

 

2位 Infinity Economics (XIN)

f:id:moneygamex:20180213173828j:plain

規模はそれほど大きくないが、根強いファンがいる印象。もっとも近代的なブロックチェーンで経済をつくるそうです。

f:id:moneygamex:20180213174035j:plain

HPにアクセスしようとすると警告がでましたのでリンクは貼りません。

 

coinnews.jp

取引所は自社取引所のみ。そのため時価総額ランキングでは対象外の1279位でした。かつては上記事の取引所に上場していましたが、失踪事件がおき、危険な仮想通貨として評価されていました。

自社取引所だけに上場している仮想通貨は、内部でコントロールできますので非常に危ないです。将来、飛躍する可能性もありますが、問題があるのでまともな取引所には上場する可能性も薄いでしょう。

リスクは非常に高いことはご理解下さい。

 

 

3位 Bytecoin (BCN)

時価総額29位。公開は2012年の7月。匿名通貨の草分けといわれている世界初の匿名通貨で長い歴史を持っています。Moneroはこのコインを元に作成されています。

ホームページ:https://bytecoin.org/

 

 

4位 Lisk(Lisk)

ETH、NEO等のようなプラットフォーム系の仮想通貨です。マーケティングに力をいれており、日本でもファンの多い仮想通貨です。Javaでプログラミングができたり、まだ歴史が浅いためにこれからの成長が非常に期待されている仮想通貨です。

 

 

5位 Experience Points (XP)

www.bitcoin77777.com

昨年、生みの親が不在にも関わらず、たった1年で66000倍以上伸びた急成長中の仮想通貨です。時価総額100位。

 

昨年は日本を中心にバズりましたが、現在は海外でも徐々に浸透しつつあります。この仮想通貨が重視していることは存在と経験です。

日本のコミュニティや、上の韓国のツイートを見ればわかりますが、人数に対してコミュニティのオンラインの割合がこれだけあるのは類を見ません。

 

これだけ伸びても元金利確タイプの僕が1度も売却していない仮想通貨です。この通貨は買った後も面白いので、広がっていったらよいなという感じです。

 

f:id:moneygamex:20180213181500j:plain

Buy with XP – XP Market

xpjp.github.io

すでに仮想通貨XPが使える店があります。そしてオンラインのマーケットでは売り切れになるくらい使われています。

現在の仮想通貨の多くは、期待であがっています。その中でも使われない仮想通貨は、まさに仮想の通貨であり、いずれ死滅します。現在のXPも高値だと思っていますが、すでに使える場所がありますので、今後が楽しみです。

 

 

 

6位 aelf (ELF) 

中国のブロックチェーンのインフラ、つまり誰もがブロックチェーン技術を使えるようにするような仮想通貨といったところでしょうか?

すでに大きな企業とも提携しており、将来が期待されています。

2017年12月末に市場に出たばかりですが既に時価総額70位。

ホームページ:https://aelf.io/

 

 

7位 Nano (XRB)

RaiblocksからNanoに名前が変更されました。

「IOTAの銀」と呼ばれている仮想通貨でブロックチェーンではなくDAGを採用しています。手数料が0というのが、大きな特徴です。

japanese.engadget.com

最近、イタリアの取引所で211億円分のNanoがハッキングされ、NEM同様に大幅下落中です。 しかし、Nanoの通貨自体には問題がありませんのでチャンスはあります。

 時価総額24位。

 

8位 Verge (XVG)

f:id:moneygamex:20180213184554j:plain

昨年、10000倍に大躍進した匿名通貨です。強力なファンがおり、日本でも公式アカウントがあるくらい人気があります。

 

www.bitcoin77777.com

ジョン・マカフィーさんがツイートした数ヶ月後に一気にバズりました。

匿名通貨は将来的には取引記録が全くわからなくなる不透明さから、脱税に使われ将来は禁止されるとも言われています。

 

しかし、僕はこのVergeをまだ半分くらい持っています。匿名通貨では、唯一、所持しています。なぜなら「レイスプロコトル」という技術があって取引記録をオープンにすることも可能だからです。

この匿名からの開示機能があるためにオープンにすることも可能なわけです。よってVergeに関しては、完全に禁止されることはないだろうと感じています。

時価総額31位です。

ホームページ:https://vergecurrency.com/langs/ja/

 

 

9位 IOTA(IOTA) 

www.bitcoin77777.com

公開されていきなり時価総額ランキングでトップ10以内に入ったのは記憶に新しいです。IOTAは名前の通り、IoT分野に適応することができる仮想通貨で、現在のIoT分野の成長を考えると将来的にIOTAに注目が集まると言われています。

 すでにマイクロソフトなどの有名企業とも提携しています。

 

iotnews.jp

amazon GOなどはIoTの技術が利用されています。

現在は時価総額10位です。

 

 

10位 Byteball Bytes (GBYTE)

DAG技術を採用しており、イーサリアムのようなプラットフォーム系の仮想通貨です。

公式のウォレットに所有しているGBYTEの10%が報酬として付与されます。つまり、持っているだけでいいので楽ですね。

時価総額55位です。

f:id:moneygamex:20170829123340j:plain

個人的にチャット上で支払いができるのは面白いと思いました。公式サイト:https://byteball.org/を日本語訳でみたものですが、何故かここに1番グッときましたね!

ホームページ:https://byteball.org/

 

 

11位 TRON (TRX)

エンターテイメントのコンテンツに特化した仮想通貨です。

公開日が2017年8月と新しい仮想通貨ですが、時価総額16位と非常に人気があります。

創設者のジャスティンさんは元リップル中国代表でもあり、あのアリババのジャクマーさんの後継者としてフォーブスに26才で取り上げられたスター性のある人物です。

ホワイトペーパーを見ると

TRONの特徴
分散型コンテンツプロトコルとして、TRONは以下の
中央集中型インターネットとは対照的に、4つの基本特性を比較した:
1.データの解放:自由かつ無制限に、文字、写真、音声、映像をアップロード、保存、配布することができます。
2.コンテンツ有効化:デジタル資産は、コンテンツの生態系を経済的に刺激します。
3. PersonalICO:個人は、ICO形式でデジタル資産を自由に配布することができ、他の人々は、継続的デジタル資産を購入して寄稿者のデータを開発する。
4.インフラストラクチャ:分散型デジタル資産には、分散型交換、自律型ゲーム、予測、およびゲームシステム。

このような記載が見られます。

ホームページ:https://tron.network/

 

 

12位 Monero (XMR)

モネロは仮想通貨の中でも歴史がある匿名通貨です。他の新興匿名通貨に押されていますが、根強い人気があります。

ホームページ:https://getmonero.org/

 

 

第2ラウンド開催へ

f:id:moneygamex:20180213173151j:plain

インドの時間を日本時間に変換するには、3時間30分足します。

 

すなわち、日本時間だと投票期間は

2月14日15:30~18日15:30(日本時間)

となります。

 

 投票はこちらから ⇒ https://bitindia.co/vote.html

 

今回はBotなどの投票が除外されるということで、コミュニティの大きな仮想通貨は非常に有利になります。

 

12の通貨でXPより低い時価総額の仮想通貨は1つしかありませんが、今度は文句なしでトップ5にランクインですよおおおおおおおおっ!(∩´∀`)∩

 

ゲームもそうですが、簡単にいくと面白くないので、様々なハプニングやチャレンジがあるのは楽しいですね。XPという通貨でどのような未来が見れるか本当に楽しみです!

 


人気ブログランキング

良かったら応援お願いします~