お金にとらわれたくないからゼロから学ぶブログ

お金にとらわれたくないからゼロから学ぶブログ

お金にとらわれないためにお金について学んでいます

熊本電力が地域新電力会社で初の仮想通貨のマイニング事業に参加、仮想通貨業界へ続々と

f:id:moneygamex:20180222165408j:plain

かにたまです。

熊本電力が仮想通貨のマイニング事業に参加することが先日のプレスリリースにより明らかになりました。

 

 

熊本電力がマイニング事業に参加

プレスリリースによると、2018年2月20日10:00頃、熊本電力さんが仮想通貨採掘事業を行う関連会社のOZ(オズ)マイニング株式会社「オズマイニング」(http://oz-mining.com/)を地域新電力会社としては初めて設立しました。

仮想通貨業界最安水準の1kwhあたり10円台、安定した電気の供給を目指しているそうです。

 

prtimes.jp

仮想通貨のマイニングの電気代に関しては、国内では1kwhあたり30円ほどが普通、22円ほどだと格安レベルになります。なお、九州地方では九州電力さんが有名ですが、価格プランでは、調べて見ると熊本電力さんの方が安いですね。

 

www.bloomberg.co.jp

仮想通貨採掘事業では電気代のコストが非常に大きいです。もはやビットコインなどは上記事にあるように一般人ではマイニングすることは電気代などのコストがかかりすぎて難しいです。

 

しかし、電力を自社で確保できる熊本電力会社さんなら電気代を抑えることができ、仮想通貨採掘事業に生かすことができそうです。

 

 

ピンチはチャンス!?仮想通貨業界参入業者が急増

www.businessinsider.jp

現在、仮想通貨業界への新規参入は「100社」待ちと言われています。

 

www.bitcoin77777.com

僕はNEMのハッキング被害があったコインチェックさんが1日で400億円以上の日本円を出金できたこともあり、現在はもっと参加したい企業さんはいると思っています。

以前、SBIの北尾さんが資金潤沢な歴史のある企業しか支払えないとおっしゃっていましたが、支払えたのが事実です。資本金1億未満の会社が支払えたという仮想通貨事業のポテンシャルは昨年の仮想通貨の伸び同様に尋常ではありません。

 

www.businessinsider.jp

ハッキング被害にあったコインチェックさんも昨年の12月のビジネスインサイダーさんのインタビューでなぜマウントゴックス後の不安定な状態で仮想通貨業界に参入したのか?という質問にこう答えていました。

 

大企業や上場している企業は参入できない領域で、スタートアップからすると逆にチャンス

多くの大企業は大きくなるほど未知の領域への参入は慎重です。なぜなら、失敗すると信頼を失ってしまい、今まで築いたものがなくなるからです。

そもそも、現状で成功していますので必要以上に未知の領域に入りこむ必要がありません。特に仮想通貨の場合は、お金そのものに関することです。多くの方はお金のために働いていますので、失敗時は大打撃になります。よって、SBIさんのように慎重です。

 

イノベーションと呼ばれる領域で成功するのは、失敗ができない大企業や上場している企業ではありません。それは、ベンチャー企業と呼ばれる新興企業です。今をときめくFacebookやAmazonなども元々はそうです。

これは守るものがないために逆に挑戦できることが大きいと思っています。

 

現在、コインチェックハッキング事件をはじめとする参入事業会社による事件が相次いで起こっています。仮想通貨業界全体に不信感が漂っている中、これからどのような新興企業が現れ、驚きを提供してくれるのか楽しみです。

 


人気ブログランキング

良かったら応援お願いします~