仮想通貨で90%以上の暴落を味わった猫のブログ

初心者向けの仮想通貨ブログです。2016年8月に参入。暴騰や暴落を経験し、その将来性やリスク、ニュース等について記事を書いています。

2017年に大きく下落したビットコインの3つの時期をまとめてみた

f:id:moneygamex:20170504182329j:plain

かにたまです。

先日から、ビットコインが34万→26万と大きく値下がりしています。

暗号通貨はストップ高もストップ安もないので、非常に上下が激しいのですね。

 

一体どれくらい落ちているんだろう?ということで、今年落差が激しかった時期から特に大きかったものを3つピックアップしてみました。

 

f:id:moneygamex:20170615121858j:plain

まずは2017年1月5日です。中国の資本金の海外逃避に神経をとがらせる中国の通貨当局が規制を強めました。

そして、上海外国為替市場で人民元が大幅に上昇し、中国人がビットコインから人民元を買い戻したために起こったとされています。

 

152232円→86000円まで下落しました。(下落率43.5%

 

 

www.data-max.co.jp

なお、当時の様子はこのような記事が出ていました。

ビットコインはオワコンだったようですw

 

f:id:moneygamex:20170615121803j:plain

続いては2017年3月11日のウィンクルボス兄弟による上場投資信託(ETF)が申請中であり、上場されるかどうか?ということで、持ちきりになっていました。

上場されれば、世界初のビットコインETFとなり、存在感が増すと期待されビットコインの値がどんどん伸びていた時期でしたね。

 

しかし、結果は否決。152232円→98570円まで下落しました。(下落率35.3%

 

societas.blog.jp

なお、ウィンクルボス兄弟はビットコイン長者として有名であり、マークザッカーバークと因縁があります。

 

兄弟の主張によると、フェイスブックの原型を考えたのは、自分達であり、ザッカーバークからアイディアを盗まれたとして訴訟を起こしています。

 

 

www.youtube.com

結果として、勝訴し、多額の資金を得ましたが、納得がいっていないようです。

 

f:id:moneygamex:20170615121829j:plain

続いては5月25日ですね。この時は日本とアメリカのビットコインの価格差は1BTCあたり3万以上あり、確実にバブル状態でした。

韓国などは米国と5万近くあったのでもっとバブルだったのかもしれません。

 

この時には、347789円→ 203690円(下落率41.4%)

 

まとめると、

1月5日~ 152232円→86000円(下落率43.5%)

3月11日~ 152232円→98570円(下落率35.3%)

5月25日~ 347789円→ 203690円(下落率41.4%)

 

大幅に下落する時は40%前後下落するということです。

 

実はこれはかなり目安になります。

例えば、リップルが最高50円から下落中ですが、6割のだいたい30円くらいで推移しています。ネムも40円まで上がって6割の24円前後を推移しています。

 

先日からの下落は、約337000→260000円で最高24%ほどの下落にとどまっていますが、過去のデータ通りであれば、下がっても20万前後になります。

 

下落の背景として、8月1日のUASFに対する牽制があります。UASFとは、(User-Activated Soft Fork)。

 

英文を見ると、ソフトフォークとの書いてあるようにUASFが実行され結果次第では、金額的なもので言えばビットコイン が大幅に値下がる可能性があります。場合によっては過去のデータ以下に落ちこむでしょう。

 

btcnews.jp

現在、UASFに備えてどうするか?などのアンケートがありましたが、少なくとも個人ウォレットにある全てのビットコインを売らずに保持する予定です。

 

f:id:moneygamex:20170615132109j:plain

こちらは2014年の夏(7月ごろ)からのビットコインの週チャートです。こうして、長期で見ると非常に順調なビットコインです。

 

しかし、ここ最近は、10日線(オレンジ)や25日線(水色)の線からだいぶ上の方にあり、非常に高値件にありました。

これらの線と隔離してもいずれは近づきタッチします。

 

グラフを見るとわかりますが、あるタイミングで水色やオレンジの線まで下がるときがあるのが、わかると思います。

したがって、UASFがなくても今は下がっていたのかもしれません。

 

大きく下がる危険があっても、僕が個人ウォレットのビットコインを売らないのは、安値で買ったという意味ではなく、やはりビットコインに未来を感じてしまうのです。

 

 

インターネットも最初はマニアの間で広まり、Googleやマイクロソフトなどのベンチャーが参入、次第に大手企業などが参入してきて定着しましたからね。

 

kapok.mydns.jp

また過去にあったITバブルがはじけた時期のチャートも調べてみましたが、上のブログを参考にバブルがはじけて日経平均20500円→14500円(約30%下落)まで落ちたようです。

暗号通貨は今年だけでもこれ以上の下落を3度も乗り越えています。

 

現在は、高値圏になりますが、まだバブルではないと僕は思っています。

もしバブルならこんな短期間でITバブルより酷い下落を今年だけで3度も乗り越えられるはずがなく、少なくともメディアがビットコイン等の暗号通貨の危険性を書いているうちは大丈夫だろうと思っています。

 

正直な所、1ビットコイン100万を超えるかもしれないと思っています。

ビットコインは約4年に1度バブルが起こり、それを想定すると200万付近まで行く計算ですw まあ可能性は薄いとは思いますが・・・データ上はありえなくもないです。

 

また、ビットコインが分裂しても混乱するだけで得しないとおもいますし、仮にハードフォークしてもイーサリアムやイーサリアムクラシックのように上がっていくと思っています。

ただ、市場不安で現在、下げ傾向にあります。週チャートを見ると、1BTCが20万近くまで下げても、長期でみればまだ上昇トレンドになります。

 

僕は古参ではありませんが、3回暴落の経験でも、冷静です。

「あ、前もあったやつだ」みたいな。

はじめての時は驚きましたけどね!

 

しかし、この考えが危険なのかもしれません。

僕はバブルを知らず、まだ勉強中の身です。

不安な方は、ハードフォークが終わって上り調子のイーサリアムや、いったん日本円などに等に変換した方が良いと思います。

 

免責事項・プライバシーポリシー - サイトマップ