仮想通貨で90%以上の暴落を味わった猫のブログ

仮想通貨で90%以上の暴落を味わった猫のブログ

2016年夏に暗号通貨(仮想通貨)を始め、数ヶ月で100000%の暴騰や90%以上の暴落、人類史上最高のバブルを体験。急変動も着実に成長しているので今後が楽しみです。

仮想通貨ハードウォレットがアマゾンのベストセラー1位を獲得!長期保有の仮想通貨は必ず自己管理しよう!

f:id:moneygamex:20171020143618j:plain

かにたまです。

ついに仮想通貨ハードウォレットがアマゾンのベストセラー1位を獲得しました。

暗号通貨ハードウォレットがアマゾン1位に

f:id:moneygamex:20171020142458j:plain

なお上位ツリーのコンピューターアクセサリー部門では、第8位になったようで仮想通貨のハードウォレットが上位に初ということです。ランクインした商品は「 Ledger Nano S(レジャー・ナノ・エス)」という商品です。


Ledger Nano S (レジャー・ナノS)ビットコイン&イーサリアムハードウェアウォレット【正規品】

 Ledger Nano S(レジャー・ナノ・エス)対応仮想通貨

一見すると、ビットコインとイサーリアムしか使えないの?と思うかもしれませんが、現在、対応されている仮想通貨は以下の通りです。

f:id:moneygamex:20171020141200j:plain

ビットコイン(BTC)
Bitcoin Cash(BCH)
イーサリアム(ETH)
イーサリアムクラシック(ETC)
リップル(XRP)
ライトコイン(LTC)
DOGECOIN(DOG)
Zcash(ZEC)
DASH(DASH)
STRATIS(START)
マイ・イーサリアムウォレット対応トークン(イーサリアム系)

moneygamexx.hatenadiary.com

マイ・イーサリアムウォレットは無料でイーサリアム系の仮想通貨が保管できます。やり方は上記事の通りです。特に日本で人気なリップル「XRP」を保管できるということで人気があるようですね。

ただ、欠点はフランスの会社製品ですので、日本語サポートがない点です。日本の取引量が爆発的に増えてきて仮想通貨大国になりつつあります。その割に日本の製品がそれほどないので今後増えていくと思います。

 

今、なお語られるマウントゴックス事件

今、なお語り継がれるマウントゴックス事件。2013年4月、世界のビットコイン取引量の70%を占めるまでになった同社は、最も安全な取引所と一部で言われていました。東京の渋谷に本社があり、多くの日本人がビットコインを預けていました。

bitcointalk.org

一方で、マウントゴックス前に度々、出金の遅延や対応の曖昧(あいまい)さで上リンク先のビットコインフォーラムでは不満が書かれていました。出金で1週間や1ヶ月以上もかかっていた時があったそうです。

出金に遅れが出てきた時は黄信号で、危険に気がついた利用者は撤退していったようです。そして、マウントゴックス事件が起き、2014年2月23日、マウントゴックスのマルク・カルプレスCEOがビットコイン財団の取締役を辞任しています。

www.youtube.com

その後、マウントゴックスの真犯人がギリシャで捕まりましたね。

当時、日本どころか世界一の取引高になった仮想通貨取引所マウントゴックスですらハッキングの被害にあうくらいですので、出金遅れが目立ったり、長期保有予定である程度の額が貯まったら個人ウォレットに入れておく事を推奨します。

www.bitcoin77777.com

マウントゴックスでハッキングされたお金はビットコインの上昇により、返却が検討されているようです。しかし、あくまでも検討であり、実際に返却されるのかはわかりません。そして、返却があるかもしれないという元記事もいつの間に消えていました。

www.bitcoin77777.com

そのマウントゴックスの元社長さんは現在、釈放されており、非常に痩せました。いくら悪くはないとはいえ、ハッキングされたのは事実ですし、取引所を再び立ち上げることはもうないでしょう。しかし。Youtubeを日本語で開設するようで、チャンネル開始までそろそろだそうです。

 

どうして取引所が狙われるの?

大量のお金が集まっているからです。盗むなら個人のウォレットを狙うより効率が良いからです。特に大きな取引所は1度ハッキングできれば大量の資金を奪うことができますので狙われやすいです。

今後欲しいウォレット

日本語対応・全仮想通貨対応

将来的には、1つで全てを日本語で管理できるウォレットができると思います。あるのかな?と探してみましたが見つかりませんでした。調べ方が足りていないだけなので、売れると思います。今や仮想通貨大国の日本で、そんなウォレットができれば・・・。仮想通貨の未来だけではなくウォレットの発展にも期待です。

 

ウォレット詐欺にも注意!

アマゾンでも詐欺ウォレットが販売されています。個人販売などの安すぎるウォレットには十分にご注意ください。

 

他には仮想通貨を保存するアプリ系に多いです。

 

 

最後に

ついにハードウォレットがアマゾンのベストセラーに入る時代がきました。盗まれたらどれだけ所持していても0になります。売れているところを見ると、マウントゴックスの教訓は確実に伝わっていると思われます。

ビットフライヤー、コインチェックさん等、一部の取引所はハッキング被害に関して、一部返金保証してくれますが、マウントゴックス化してしまってはそれも意味がなくなります。あまり大量の資金を取引所に置いておくのはやはり危険です。

https://bitflyer.jp/pub/bitFlyer_compensation_ja.pdf

国内初、ユーザーアカウントへの「不正ログインにかかる損失」を最大100万円まで補償。取引所Coincheckにおける「なりすまし」補償を開始 | コインチェック株式会社

コインチェックさんは100万まで、ビットフライヤーさんは10万~最高500万まで補償ありとのことですね。補償には二段階認証が前提のようです。少なくとも二段階認証はお忘れなく!

 


人気ブログランキング

 良かったら応援お願いします~