仮想通貨で90%以上の暴落を味わった猫のブログ

仮想通貨で90%以上の暴落を味わった猫のブログ

2016年夏に仮想通貨を始め、数ヶ月で100000%ほどの暴騰や90%以上の暴落、人類史上最高のバブルを体験。急変動しながらも着実に成長しているので今後が楽しみです。

ビットコイン100万円を割り60%ほどの大幅下落を記録

f:id:moneygamex:20180130105455p:plain

かにたまです。

1ビットコインが100万を割りました。

1ビットコイン100万円を割る、201711月末以来

f:id:moneygamex:20180202062532j:plain

1ビットコインが100万円を割りました。1ビットコインが100万円以下は、昨年の2017年11月27日以来になります。また最高が240万ほどでしたので、ピーク時から過去最高の60%ほどの下落を記録しました。

 

f:id:moneygamex:20180202063217j:plain

コインチェック事件でハッキングされたNEM等は、ビットコインより下落していないですね。昨年の2017年11月27日頃のNEMは1NEM=25円ほどでした。

現在でもハッキング前の昨年11月末の2倍以上の価格をキープしていますので、コインチェック事件の影響はそれほど見られません。

 

 

ビットコイン下落の要因

・テザーの問題

www.nikkei.com

このテザーの問題は前々から言われていましたが、

テザーを発行する企業に不正の疑いがあるとして米商品先物取引委員会(CFTC)が調査していると伝わった。海外メディアによれば、CFTCは仮想通貨テザーを発行する企業(企業名=テザー)と仮想通貨取引所大手のビットフィネックスに対し、2017年12月6日に召喚状を送付したという。

 なぜ、昨年の12月のことが今頃という感じですね。

そもそも、テザーは1ドルの価値を維持してくれるので、大幅下落時などによく購入され、課税を逃れるものと言われています。

 

例えば、1ビットコインを100ドルで購入し、数年後10000ドルになりました。これをドルにかえると課税対象になります。そこで、テザーに変えると10000USDTになります。これをドルにすると課税対象になりますが、USDTにすると課税されません。

この状態で仮に1ビットコインが10000ドルから8000ドルに落ちても、10000USDTを持っていますので10000ドルの価値になるわけです。

日本ではビットコインからアルトコインに換えると課税されますが、海外ではされない国が殆どです。大幅下落した時など、一度ビットコインから米ドルに一時的に換金したい場合、このテザー(USDT)に一時的にかえることで税金がかからなくなり活躍しています。

 

 

・インド等の規制強化

www.nikkei.com

規制強化がどういうわけか一部では取引禁止に飛躍していました。

 

 

・2017年末に急上昇したため

f:id:moneygamex:20180202072407j:plain

現在の下落でも11月末の価格です。9月中旬は1ビットコイン30万の時期もありました。特に昨年の12月は短期で急に上げすぎたと思っています。

 

 

・2018年3月のG20で仮想通貨への規制の懸念

www3.nhk.or.jp

3月にアルゼンチンで開催されるG20財務相・中央銀行総裁会議において、米財務長官が仮想通貨について「議題となる可能性が高い」。つまり、世界での規制の取り決めができるのではないか?という規制への懸念が起こっています。

 

このように現状のビットコインの問題や、国などの規制などが主な下落の要因です。

 

 

マウントゴックス以降の反転時のタイミング

f:id:moneygamex:20180202085410j:plain

マウントゴックス以降は、ピークから80%以上もビットコインが落ちました。そして、約2年間ずっと低迷していました。反転時は上の赤丸時です。急激に出来高が上がっているのがわかると思います。

この時期は、マウントゴックスで仮想通貨を失っただけではなく、価値も低迷し続けたという非常に厳しい時代だったそうです。

 

 

ついにビットコインの指値注文が刺さる

www.bitcoin77777.com

 上記事でも振れましたが、ついにビットコイン購入ラインまで落ちたので、以前の指値通りに購入することになりました。

f:id:moneygamex:20180202161258p:plain

f:id:moneygamex:20180202161501j:plain

1発で購入できていました。どれだけの勢いで下がっていたのかという感じです。

今年、ビットコインは始めて購入しましたが、しばらくマイナス生活が続きそうな下落ぷりです。ウォレットに入れて気絶投資法になりそうです。('、3_ヽ)_バタッッ

 

 

最後に

現状の仮想通貨は、上記の要因や、去年に非常に大きく成長したこともあり、現在は大きく調整中です。

 

jp.techcrunch.com

先日、仮想通貨市場にLINEさんが参入してくるという記事を見ました。

 

f:id:moneygamex:20180202075143p:plain

f:id:moneygamex:20180202075531j:plain

http://corporate.coincheck.com/

資本金9200万円のコインチェックさんが月間4兆の取引高をあげ、480億円の日本円が返せるくらいです。この仮想通貨の状況を大きな企業さん達は見逃さないと思います。

 

 

個人でもチャンスはあります。ビットコインが高いのであれば、自分でトークンや新しい仮想通貨をつくる事もできます。

またICOに参加して初期投資することもできます。ICOなら多くの場合、スタートは同じ状況から始まります。株のIPOでは抽選、そもそも良い案件は、敷居が高く一般には回ってこないのが現実です。

 

f:id:moneygamex:20180202083206j:plain現在の状況は、これでも昨年の11月末の価格に戻っただけです。

やや悲観モードが見られるので、そろそろかなと思っているものの、未だに下値を切り下げています。よって、まだ油断はできませんが、安く買えるチャンスが来ています。

 


人気ブログランキング

 良かったら応援お願いします~