仮想通貨で90%以上の暴落を味わった猫のブログ

仮想通貨で90%以上の暴落を味わった猫のブログ

2016年夏に暗号通貨(仮想通貨)を始め、数ヶ月で100000%の暴騰や90%以上の暴落、人類史上最高のバブルを体験。急変動も着実に成長しているので今後が楽しみです。

コインチェック出金再開の見込み 2月13日ごろ

f:id:moneygamex:20180209132713p:plain

かにたまです。

仮想通貨取引所のコインチェックさんで日本円の出金が2月13日頃から開始される見込みです。

 

 

 コインチェック、日本円の出金再開の見込み

大手取引所の「コインチェック」で巨額の仮想通貨が流出した問題で会社は、顧客から預かっている資産のうち「日本円」の引き出しについてはシステムの安全性が確保できたとして来週13日にも再開する方針を固めました。一方、被害者への補償の時期や、顧客から預かっている「仮想通貨」の引き出しのめどは依然として立っていません。

仮想通貨の出金の目処(めど)は未だに立っていませんが、日本円の出金(引き出し)は2月13日より可能になるとのことです。

 

大規模なハッキングがあったわけですから、出金が再開されると多くの方がコインチェックさんから一斉に日本円の出金を開始する可能性があります。それにも関わらず、金融庁監視下のもとで再開の目処が立ったことにホッとしています。

 

www.bitcoin77777.com

 

もともと2月3日にプレスされたコインチェックさんの「日本円出金の見通しについて」のブログ記事が公開され、日本円が出金できると正式な発表がありました。

2018年1月30日付のリリースでご案内をしております通り、当社では現在、日本円出金に伴う技術的な安全性等について、確認・検証中であり、再開に向けた準備を進めております。外部専門家の協力も得つつ行っている確認・検証を踏まえ、皆様には日本円出金の再開時期をお知らせいたします。 

ただ、この時は日本円の具体的な出金再開時期が不明で、13日頃というのは各メディアさん達から知りました。

 

仮想通貨では出金できないようです。

しかし、これはまだ仕方ないことだと思っています。

まずは、今回の仮想通貨NEMのハッキングがあったことから金融庁監視下で管理体制の見直し等としている最中です。

そして、もし、仮想通貨を同時に出金できるようにしたら、大抵の人が仮想通貨も出金されますので、主に仮想通貨の販売の手数料で利益をあげているコインチェックさん自体が破産し、一部の仮想通貨が戻ってこない可能性もあります。

 

コインチェック取引所のイーサリアム(ETH)やリップル(XRP)のようなアルトコインは、完全ロックされており、出金はもちろん、売買もできないのが現状です。

一方でビットコインだけは現在も売買可能です。

 

f:id:moneygamex:20180209143128j:plain

国内ビットコイン市況 | Bitcoin日本語情報サイト

ビットコインを売り、日本円で早めに外部に出金しようと思っている顧客が多いことは、コインチェックさんのビットコイン価格が圧倒的に安いことをみれば明らかです。

 

出金できるうちに日本円で出金してしまおうという心理状態が強くなっていることは否めないと感じています。

 

f:id:moneygamex:20180209144833p:plain

f:id:moneygamex:20180209145050j:plain

この手数料で圧倒的な取引高を見ると大丈夫だとは思いますが、不安ですよね。監視下であるならば、金融庁からも返却できるのかどうか発表して欲しいところです。