仮想通貨で90%以上の暴落を味わった猫のブログ

仮想通貨で90%以上の暴落を味わった猫のブログ

2016年夏に暗号通貨(仮想通貨)を始め、数ヶ月で100000%の暴騰や90%以上の暴落、人類史上最高のバブルを体験。急変動も着実に成長しているので今後が楽しみです。

DMMが石川県金沢市で仮想通貨の大規模なマイニングファームを設立!2018年3月には一般見学も可能!

f:id:moneygamex:20180209155000j:plain

かにたまです。

本日の2018年2月9日、DMM.comさんが仮想通貨の大規模マイニングファームの運営を開始したことを発表しました。

 

DMMが仮想通貨のマイニングファームの運営を国内にて開始 

 株式会社DMM.com (本社:東京都港区、代表取締役社長 片桐孝憲 http://www.dmm.com/ 以下DMM.com)は、2018年2月9日(金)より石川県金沢市にて仮想通貨の大規模マイニングファームの運営を開始したことをお知らせします。

~略~

DMMが運営するマイニングファームは国内事業者では他に類を見ない1000台規模のマシンが稼働する大規模なマイニングファームです。寒冷地区にマイニングファームを設立することで、低価格な電力調達を実現し、マイニング収益を最大化します。

 

 

なぜDMMは国内からマイニング事業を展開?

jp.cointelegraph.com

日本は電気代がかかり、マイニングをする環境としては不向きと言われています。しかし、DMMさんのマイニング地はその日本。寒冷地とはいえ、電気代がかかります。

 

では、なぜ電気代の高い国内でマイニング事業を行なうのか?という疑問に関して、次のような思惑があるようです。

マイニングファームの海外展開に先駆け、国内にて展開することにより、物資の輸送やメンテナンスの面でスピーディーに対応することができます。
また、マイニングファームをショールーム化し実際にマイニングしている施設をご覧いただくことによって、実稼働しているマシンやファームの施設の案内をうけることができ、国内にいながら、仮想通貨のマイニングに関する理解を深めることにつながります。

 物資の輸送やメンテナンスのスピードを重視、またショールーム化して仮想通貨のマイニングに関する理解を広めるために国内からということです。

これは非常にありがたいですね。日本は、世界有数の仮想通貨大国でありながら大規模なマイニングファームは国内で見ることはできません。しかし、DMMさんが国内でショールーム化してくれることで日本に住んでいる僕らが訪れやすくなります。理解も深まりますし、仮想通貨がより盛んになれば観光地としても名所になるかもしれません。

 

多くのマイニング工場は、ハッキング等の被害を防ぐために何処にマイニングファームをどこに置いているのか詳細を開示しないものなのですが、ショールーム化するのは、自信があるからなのでしょう。

 

マイニングファームは見たことがないので、僕も折角なので言ってみたいと思います。熱で中が非常に暑いらしいのですが、本当なのか確かめられそうですw

 

 

DMMがマイ二イングしている仮想通貨

 DMMが運営するマイニングファームでは、ビットコインをはじめライトコイン、イーサリアムなど複数の種類のコインを採掘しています。仮想通貨はまだ黎明期の為、どの通貨が今後主導権を握るのかは不透明です。その為、特定の通貨のリスクに左右されず分散したポートフォリオを構築することによりリスクヘッジを行なっております。

 

f:id:moneygamex:20180209161736j:plain

DMMさんの取引所である「DMM Bitcoin」での現物の取扱いは、現在はビットコインとイーサリアムですが、マイニングを行なっているということでライトコインなども現物で取引できる日がきそうですね。