仮想通貨で90%以上の暴落を味わった猫のブログ

仮想通貨で90%以上の暴落を味わった猫のブログ

2016年夏に暗号通貨(仮想通貨)を始め、数ヶ月で100000%の暴騰や90%以上の暴落、人類史上最高のバブルを体験。急変動も着実に成長しているので今後が楽しみです。

盗まれたNEMの行方は?NHKクローズアップ現代でハッカー同士の攻防に密着!本日2月28日22時~

f:id:moneygamex:20180228160444j:plain

かにたまです。

本日2018年2月28日(水)NHKのクローズアップ現代で仮想通貨のハッキング事件におけるハッカーvsハッカーの攻防の様子に密着した内容の番組が放送されます。

 

 

ハッカーに密着!NHKクローズアップ現代

f:id:moneygamex:20180228161050j:plain

概要

NEMハッキング事件にてハッカーvsハッカーの攻防に密着!

巨額の仮想通貨が大手交換会社から流出して1か月。いまネット上では“ホワイトハッカー”と呼ばれるプログラマーたちが、独自に犯人追跡を続け、サイバー空間を舞台に日夜激しい攻防を繰り広げている。犯人側は流出させた仮想通貨を無数の口座に分散、さらに“ダークウェブ”を使うなど次々に新たな手口を繰り出す。対するホワイトハッカーも、独自の解析プログラムを作り出し、犯人が残したわずかな痕跡を追い続ける。追う側も追われる側も、全く前例がない未知の攻防。密着取材から見えてきた犯人像とは?ハッカーVSハッカーの行方に迫る。

 

放送日時

2018年2月28日22時~

 

番組ページ

www.nhk.or.jp

 

 

ハッキングされたNEMについて

f:id:moneygamex:20180228162359j:plain

コインチェックさんのNEMハッキング事件から1ヶ月ほどでしょうか。

 

 

ハッキングされたNEMはダークウェブで割安で売られています。割安で購入したということは、当然、売れる見込みがあり、NEMを売るために購入したということです。盗んだNEMをずっと持っている人はいませんので売りたいわけです。

なお、割引率は15~25%ほどと言われています。

 

しかし、ここ1ヶ月で1XEMが6割ほど価値を下げ、ダークウェブで販売されていた価格よりも安くなっている可能性があります。こうなると価格が上がると売り圧力が増えると予想でき、購入し辛いのが現状です。

 

これは、NEMがダメというわけではなく、割安のNEMが市場に出て売買されているので購入し辛いという意味です。NEMの将来性を感じている人もできるだけ安く購入したいのは本音でしょう。

 

現在のNEMは良いニュースも見られます。将来は競艇でもNEMが使える時代が来るような予感も感じさせてくれます。これは楽しみですね。

 

しかし、犯人はまだ捕まっておらず、ダークウェブで割安のNEMが今も売り出されており、流出したNEMが回収されていません。

このためNEMの良ニュースも反映されにくい状況にあります。

 

この状況を打破するには、犯人が捕まることが1番の良ニュースになります。

 

あまり表にはでてこないハッカーさん同士の攻防に密着ということで、現状NEMハッキングの犯人追跡がどのような状態になっているのか注目したいところです。

 


人気ブログランキング

良かったら応援お願いします~