仮想通貨で90%以上の暴落を味わった猫のブログ

仮想通貨で90%以上の暴落を味わった猫のブログ

2016年夏に仮想通貨を始め、数ヶ月で100000%ほどの暴騰や90%以上の暴落、人類史上最高のバブルを体験しました。急変動しながらも着実に成長しているので今後が楽しみです。

フィッシングサイトでハッキング被害にあったユーザーにバイナンス取引所が神対応だと話題に

f:id:moneygamex:20180309114606j:plain

かにたまです。

海外取引所のバイナンスが神対応ということで話題になっています。

 

 

仮想通貨が安く購入できる取引所バイナンス

f:id:moneygamex:20180309114829p:plain

BINANCE(バイナンス)取引所は新興取引所ですが、世界一になった取引所です。

長所は、手数料安い(0.05~0.1%)、日本にない仮想通貨の種類が豊富、サーバーが軽快、日本語にも対応しています。

欠点といえば、現状は規制が怖いくらいです。もっとも、どの国でも規制の怖さはあります。

 

www.bitcoin77777.com

以前、ご紹介した記事のウェブボット上昇予想銘柄であるビットコイン、ビットコインキャッシュ、リップル、イーサリアム、ライトコイン、ダッシュ、ネオ全部買えます。

 

www.bitcoin77777.com

BINANCE取引所の口座開設のやり方はこちらから

 

 

ハッキング被害のあったバイナンス

そのバイナンスですが、先日、ハッキングの被害にあったそうです。

 

 僕のバイナンスのアカウントを確認してみたら全然減っていないのでおかしいなと思っていたのですが、フィッシングサイトにかかってAPIを抜かれたバイナンスのユーザーがアカウントをハッキングされたということです。つまり、フィッシングサイトに引っかからなければAPIを抜かれることはなく、被害にあいませんでした。

 

 バイナンス自体がハッキングされたとデマが拡散されているようです。

 

バイナンス側ではハッキングはすでに想定されており 「自動警報システム」→「出金停止」が自動化されています。よって、フィッシング詐欺にかかりAPIを奪われハッキングされたアカウントの仮想通貨の出金は防がれました。

現在はBTCの出金等も普通にできます。

 

セキュリティの強さと対応の早さが神だと話題になっています。

 

f:id:moneygamex:20180309122118j:plain

 CEOのツイートによると、結局、ハッカーはコインを盗めず、この分のコインはバイナンスチャリティーに寄付されるようです

 

手数料が半額になる自社トークンのBNBの使い方なども上手いのですが、セキュリティも強いことが証明され、なるべくして世界一の仮想通貨取引所になったといえるでしょう。

 

 

バイナンスに関するフィッシング詐欺と窃取罪の概要

3月7日、UTC 14:58-14:59に、この2分間でVIA / BTC市場は異常な取引活動を経験した。当社の自動リスク管理システムが起動され、すべての引き出しが即座に停止された。

これは大規模なフィッシングと盗みの試みの一環でした。  

これまでのところ、すべての資金は安全であり、資金は盗まれていない。

ハッカーは、長期間にわたってユーザーアカウントの資格情報を蓄積しました。最も早いフィッシング攻撃は1月初めになったようだが、2月22日頃、ユニコードドメインを使用したフィッシング攻撃が多数見られ、binance.comと非常によく似ていた。 2文字の下に 多くのユーザーがこれらのトラップやフィッシング詐欺の対象になりました。これらのユーザーアカウントを取得した後、ハッカーはアカウントごとに取引APIキーを作成しましたが、昨日までこれ以上のアクションは行いませんでした。

昨日、前述の2分の間に、APIキーを使用したVIA / BTC市場に多数の市場買取が行われ、価格が高くなりました。これはBTCをフィッシング勘定から31勘定に移動しようとする試みでした。その後、これらの口座から引き落とし要求がすぐに試行されました。

しかし、当社のリスク管理システムによって引出しが自動的に無効化されたため、引き出しは成功裏に終了しませんでした。さらに、ハッカーによって寄託されたVIAコインも凍結された。ハッカーはコインを盗むだけでなく、コインも控えていた。

ハッカーたちはよく組織されていた。彼らはすぐに行動を起こさないほどの辛抱強く、行動する最も適切な瞬間を待っていました。また、流動性の小さいコインであるVIAを選択して、独自の利益を最大化しました。

Binanceの徹底したセキュリティチェックの後、引き出しを再開しました。トレーディング機能は決して影響を受けませんでした。これらのハッカーによってフィッシングされたアカウントとそのBTCがVIAやその他のコインを購入するために使用されたアカウントを持つユーザーはまだいます。残念ながら、これらの取引は、相手方としてのハッカーの口座に対して実行されませんでした。したがって、我々はこれらの取引を逆転する立場にはない。すべてのトレーダーに、アカウントクレデンシャルを確保するための特別な予防措置を講じてください。

https://support.binance.com/hc/en-us/articles/360001547431

 

 

取引所のフィッシングサイトに注意!

これはパッと判断するのは難しいですね。

 

 他には検索の広告からのものはフィッシングサイトも多いのでご注意ください。

 


人気ブログランキング

良かったら応援お願いします~