仮想通貨で90%以上の暴落を味わった猫のブログ

仮想通貨で90%以上の暴落を味わった猫のブログ

2016年夏に暗号通貨(仮想通貨)を始め、数ヶ月で100000%の暴騰や90%以上の暴落、人類史上最高のバブルを体験。急変動も着実に成長しているので今後が楽しみです。

やはりビットコインを売っていた!マウントゴックスの管財人2017年12月~翌年2月にかけてBTC売却をしていたことを正式発表

f:id:moneygamex:20180317130608p:plain

かにたまです。

先日、マウントゴックスの管財人の小林氏さんが2017年12月~2月にかけてBTC売却をしていたことを正式発表し話題になっています。

 

マウントゴックスのBTCとBCHの売却の影響 

 

2014年にあったBTCのハッキング事件、マウントゴックス社(当時渋谷に本社があったようです)で残っていたBTC。

当時は残った額では返せないためにマウントゴックス社が破たんしましたが、BTCが価値を上げたことにより、当時の被害者に盗まれた分のBTCを日本円ならば返金できるようになっています。

現在、そのBTCはマウントゴックスの管財人である小林さんが管理されているということです。なお、BCH(ビットコインキャッシュ)がBTCから分岐したために同数のBCHなども保有されています。

 

f:id:moneygamex:20180318190253j:plain

なおBTCの分岐コインであるビットコインゴールド、ダイヤモンドも保有されているようです。ちなみに日本の取引所では厳談かではゴールド、ダイヤモンド共にどちらも配布もされていません。

 

f:id:moneygamex:20180318183628p:plain

https://www.mtgox.com/img/pdf/20180307_report.pdf(※)で確認できます。

すでに35000前後のBTCとBCHが売却されていることが発表されています。これはマウントゴックスの被害者に当時のハッキングされた額を日本円で返金するために売却したというものです。

 

f:id:moneygamex:20180309102732j:plain

https://www.reddit.com/r/CryptoCurrency/comments/82ryay/ive_mapped_the_exact_time_when_money_was/

ネットでは上の期間中に売却されたのではないか?と言われていました。

2017年12月~2月初旬頃ですね。

 

www.bitcoin77777.com

なぜわかるのかと言いますと、ビットコインはアドレスがありお金の流れが見えるようになっていて追跡できるからです。詳細は上記事をご覧下さい。

 

 

2017年12月~翌年2月にかけてBTC売却をしていたことを正式発表

https://www.mtgox.com/img/pdf/20180317_qa.pdf

 ↑内容はこちらで確認できます。

 

f:id:moneygamex:20180318185014j:plain

そして先日、ネットの予想通り2017年12月~2018年2月にかけてBTC及びBCC(BCHのことです)が売却されたことが正式に発表されました。

売却時期は小林さんの判断ではなく、裁判所と協議の上で決定されています。

 

 

今後のGOX破産財団のBTC等の売却はあるのか?

f:id:moneygamex:20180318190605j:plain

現段階では決定しておらず協議中ということです。

仮想通貨市場に大きな影響を与えてしまうので控えているという印象があります。ちなみに、これまで売られたBTCとBCHの4.5倍以上はまだ所有されているようです。

ビットコインゴールドとダイヤモンドは1度も売られていません。

 

www.nikkei.com

当時のマウントゴックスが起こった時期の記事を探してみると、債権の届出総額が約2兆6630億円になっていました。

 

saiken-pro.com

債権とは相手方に特定の行為をさせる権利のことであり、マウントゴックスの場合、約2兆6630億円を支払う必要があるという届出があったことになります。

 

jp.reuters.com

ただし、債権届出は上の例のように認められないこともあります。

 

流石に債権の届出総額が約2兆6630億円となると、残りの全てのBTC等を売却しても支払うことができません。こうなると値上がるまで売却を待つ必要があります。

 

f:id:moneygamex:20180318191915j:plain

マウントゴックスは経営破綻時などに、顧客らから預かった約65万ビットコイン(当時で約190億円相当)と約28億円を消失したことから、顧客には全額返却できるはずなのですが、破産法上、難しい問題があるようです。

 

破産法はこちら

http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_housei.nsf/html/housei/15920040602075.htm

 

www.mc-law.jp

BTCを日本円で返金するのは、法律上によるものが大きいようですね。

 

 

GOX破産財団で所持中の残りBTC追跡サイト

f:id:moneygamex:20180310164855j:plain

http://gaelb.alwaysdata.net/MTgox_watch_CW/index.htmlで確認可能です。

 

 

3/ The arrows on the chart below mark the dates of each Gox wallet transfer. Worth noting, these aren't the dates of the sales, those most likely happened right after, these are the dates of the transfers to the exchange. pic.twitter.com/RvuHX8R2pW

 

4/ Site setup for tracking the remaining 162k bitcoin under Mt Gox trustee's control: http://gaelb.alwaysdata.net/MTgox_watch_CW/index.html 

Now that he has successfully sold enough bitcoin & bitcoin cash to cover the ~$414M owed to claimants, he is probably done selling. No coins have moved since Feb 5th. pic.twitter.com/tTWhy7ID9y

Twitterで画像を見る

 

数年前のお金の流れが皆がネット追えるって凄いですよね。やはり、仮想通貨の時代は再び来るだろうなと感じています。 

 

マウントゴックス破たんからの流れは、マウントゴックスの破産財団のHP(https://www.mtgox.com/)で確認できます。

 

市場に大きな影響を与えてしまうため、今後、残りを売却するのか?それとも売らずにBTCなどで返却するのか?今後も注目していきたいと思います。

 


人気ブログランキング

良かったら応援お願いします~