仮想通貨で90%以上の暴落を味わった猫のブログ

仮想通貨で90%以上の暴落を味わった猫のブログ

お金にとらわれないためにお金について学んでいます。仮想通貨で数ヶ月で100000%ほどの暴騰や90%以上の暴落を経験。人類史上最高のバブルを体験しました。急変動しながらも着実に底上げしています。

ビットコイン今後の注目点。先日、ついに75万円割れ、仮想通貨全体の時価総額も28兆円へダウン

f:id:moneygamex:20180330195253p:plain

かにたまです。

ビットコイン75万円を割れ、仮想通貨全体の時価総額も28兆円と縮小しました。

 

 

ビットコイン75万円を割れ、時価総額も28兆円へ

f:id:moneygamex:20180330200213j:plain

昨日、ビットコインが75万円を割れました。2017年末が240万でしたので、最高到達点から69%ほどのダウンになります。昨年の強力なサポート線である200日線は完全に割ってしまいましたね。('、3_ヽ)_バタッッ

 

f:id:moneygamex:20180330200847j:plain

仮想通貨全体の時価総額も86兆円から28兆円へ大幅ダウンしました。

 

 

止まらない下落、底はどこなのか?

昨年からの強力なサポートである200日線を割ってしまい、こうなってしまうと何処まで落ちるのかわかりません。実際、上がってもそれ以上に下がるような状況です。

 

僕は何とか底付近を見つけたいと思っています。

なぜなら、安いほうが沢山購入できるからですw

 

そこで、僕は以下の点に注目しています。

 

判断はビットコインで行なっています。

なぜなら、現在の下落でもわかるように、多くのアルトコインは良ニュースがあってもビットコインに影響して下がっていっているからです。

今の状況では、アルトコインの運命もビットコインに委ねられていると感じています。

 

f:id:moneygamex:20180330201308j:plain

Bitcoin price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap

チャートは現在、ビットコイン単体では出来高がずっと高いBitfinexさんのBTC/USDで見ています。

 

f:id:moneygamex:20180330202253j:plain

大幅下落とコインチェック事件などもあったためか、日本人の多くは仮想通貨から撤退しています。かつてはトップだった日本での出来高は米国の半分以下まで落ちました。

 

f:id:moneygamex:20180330203408j:plain

https://www.bitfinex.com/t/BTC:USD

BitfinexさんのBTC/USDの一週間足です。

注目しているのは、近月にはない群を抜いて大きな出来高です。

一週間足のような長い足で見ると、マウントゴックス事件の下落から非常に大きな出来高であるオレンジの部分で下げ止まり水色の部分から徐々に上昇しはじめています。

目で見ても分かりますが、異常に出来高が目立つのがわかります。それは、人数の増えた昨年末のピーク時の出来高をも凌ぐほどです。

恐らく、この2つを大きく超える出来高が来るのかもしれないと思っています。

 

 

f:id:moneygamex:20180330204341j:plain

2015年はオレンジの部分から下げ止まったものの、しばらくは上昇していませんでした。

 

僕が仮想通貨を始めたは、水色近辺の2016年9月頃でした。6万超で下げ止まりのオレンジの部分は2万ほど。当時はそこと比較してしまったので高く感じましたが、今から見ると、どちらも安く感じてしまいます。

 

仮想通貨が復活するとしたら水色の部分のような上昇時の大きな出来高ができますので、このタイミング前後で入る方が安全かと思われます。

オレンジの下げ止まりの部分は長いチャートでみると一目瞭然でわかりますが、直後だと果たしてこれが下げ止まりなのか見分けがつきにくいです。ユーザー数を考えますと少なくとも当時よりは遥かに高くなると感じていますがどうなるでしょうか。

 

現在の出来高を見ると、短期的には上がるかもしれません。しかし、人数は増えているのに当時の出来高よりも低く、入りづらいです。下げ止まる時は、2015年のような近辺の月にはない群を抜いて大きな出来高があると予想しています。

 

 

休むも相場

相場の格言で「休むも相場」という言葉があります。これは酒田5法で知られる本間宗久の教え「売るべし、買うべし、休むべし」から来ています。

売るべし=上がったら売る

買うべし=下がったら買う

休むべし=大儲けや大損をしている時、分からない時は休む

ということです。

 

そもそも仮想通貨は未来のお金になる可能性があるなら「売るべし」はない・・・というツッコミは置いておいて、この言葉の「休むべし」は納得するものがあります。

例えば、運動で健康になるといっても、風邪を引いている時や怪我をしている時に運動しても苦しくなるだけですからね。運動をするにも回復を待つ必要があります。

今は仮想通貨の相場状況は良くありませんし、どこまで下がるかもわからないので休むのが良いかなと思います。

 

休むといっても暇なので、僕はいま英語を始めています。

仮想通貨は世界で使えるお金です。日本のホワイトペーパーなどがありますが、僕が英語がよくわからないので英語で書かれているものは読めません。グーグル翻訳等に頼っている状態です。

 

www.bitcoin77777.com

以前、上記事などのために関連動画がクリフさんだらけになるくらい英語の動画を見ました。ところが、字幕翻訳では分かりづらい所が多々ありました。

 

自動翻訳や字幕で何となく書いてあることがわかりますが、細部がわからないので、本当にもっと詳しく知りたいなと思いましたよ。

 

あとは少子化の日本の人口はどんどん減っていたり、インターネットで世界中に発信できるのに英語ができないために全世界に発信できないのは歯がゆく感じました。どうせ情報発信するなら、日本だけではなくより多くに発信できる世界全体の方が良いかなと感じました。

 

英語は、出来る方を雇う手もありますが、常に頼らないといけません。仮想通貨しかり国の枠組みがなくなってきて海外に向けても発信できて一生使えるだろうなと思ってもいます。

暇ですので、仮想通貨のブログはそこそこで、せっかくなので相場が落ちこんでいる今のうちに覚えようと思っています。

 

そんなわけで、先日、英語を久々に勉強してみましたところ「go」の過去形の「went」も忘れていました。('、3_ヽ)_バタッッ 前途多難ですw

 

 

仮想通貨はこれから

www.bitcoin77777.com

なぜそう言えるのかといいますと、徐々に大きな企業などが入ってきているからです。ただ入るだけではなく独自通貨をつくるという点が大きいです。

 

www.bitcoin77777.com

virtualmoney.jp

また国なども徐々に仮想通貨界に参入してきているのが大きいです。ただ、現状では一発逆転したい財政が危険な国や、挑戦的な先進的な国などが徐々に入ってきている感じです。

先進的な国などは、ドバイとかエストニアなどですかね。上のドバイなど2年前は仮想通貨の話は聞いたことがなかったですねからね。

 

じゃあ何で上がらないの?ということですが、これから仮想通貨に参入するなら下がったほうが美味しいからです。

これから仮想通貨市場に入るなら準備中に下げたいと思いませんか?

 

もし、あなたがこれから仮想通貨が伸びるとわかっていても、新規で仮想通貨を買うなら安い方が良いですよね。それと同じです。

 

www.bitcoin77777.com

昨年末、先物が入ってきましたので先物から下げることができるようになり、大手ヘッジファンド等に価格を操作されがちです。

仮想通貨市場は昨年度は大きく成長しました。とはいえ、市場規模もまだ小さく、大口次第な所もあります。

 

f:id:moneygamex:20180330200847j:plain

後は単純にたった1年で膨らみすぎたということもあります。

市場規模が86兆円から下がって28兆円になったとはいえ、昨年初は1兆円程度でした。

 

f:id:moneygamex:20180330220153j:plain

昨年から現在の乱高下を消して赤線で書くと順調に伸びているように見えます。

 

長い目で見ると仮想通貨市場は確実に成長しています。

これからです。

 


人気ブログランキング

良かったら応援お願いします~