仮想通貨で90%以上の暴落を味わった猫のブログ

仮想通貨で90%以上の暴落を味わった猫のブログ

お金にとらわれないためにお金について学んでいます。2016年夏に仮想通貨を始め、数ヶ月で100000%ほどの暴騰や90%以上の暴落を経験。人類史上最高のバブルを体験しました。急変動しながらも着実に底上げしています。

仮想通貨XP、インドのBitINDIAへの上場が見送りに

f:id:moneygamex:20180326193857p:plain

かにたまです。

インドの仮想通貨取引所のBitINDIAに上場予定だったXPですが、見送りになりました。

 

 

XPがインドの仮想通貨取引所のBitindiaに上場予定でしたが・・・

www.bitcoin77777.com

以前、XPが上場投票に勝利。

インドの取引所「BitINDIA」へ上場が決まっていました。

 

f:id:moneygamex:20180408140729j:plain

Bitindia Exchange Token/Coin Listing

ところが、Bitindiaのサイトを見ると「Pending Documentation」つまり、「保留中」になっていました。

 

どうなっているんだろう?ということで調べて見ると・・・

 

 

BitINDIA への上場はなくなりました

f:id:moneygamex:20180408144305j:plain

 

本家よりお知らせです。 上記の通り、BitINDIAへの上場は見送られることとなりました。 XP-JP より経緯を説明します。 上場投票で6位となり、無料での上場が「決まった」通知が XP Team に入って以降、BitINDIA側からの接触は途絶えました。

 

04/28にBitINDIAが開場するアナウンスがあったのち、XP Team の上場担当 (インド方面) がBitINDIA側と改めて連絡を取り合っていたところ、追加の上場費用の支払いを求められました

 

最初に動きが表面化したのはDeepOnion陣営でした。彼らはBitINDIAから5BTCの支払いを要求されたことをTwitterで発信し、同様に上場投票を勝ち残った各通貨陣営とコンタクトを取り合いました。 その結果、XP を除く他通貨にも同様の話が持ちかけられていたことが判明しました。

 

BitINDIAに支払った他通貨陣営もありましたが、ERC20トークンでないことを理由に、さらに高額の上場費用を支払うよう求められ、上場を断念した通貨もあると聞いております。 最初、無料での上場を約束し、後出しで金銭を要求し、支払った後もタカリ行為を行う"取引所"を信用するわけにはいきません。実績もなく、これから開場する取引所としては、最悪のスタートであると指摘します。そのような姿勢でビジネスを行う BitINDIA へは強く抗議の意を表します。

 

上場投票に多大なるご協力をいただきましたメンバーのみなさまには本当に申し訳なく思います。 今後、XP Team も上場にあたって取引所が信用できるところであるかどうかを改めて検討したうえで、行動をとる方針です。

ERC20トークンとは、イーサリアム基盤のトークンです。マイイーサウォレット等で一括管理できて便利ですね。XPはERC20トークンではありませんので規格外。対応するために上場費用として支払いを求められたようです。

 

XP運営の公式声明はこちら。上場費用として支払いを拒否しています。

 

 

 

BitINDIA上場見送りについて

日々のXPのニュースに詳しい198cmの米国人さんが、今回のBitINDIAの上場見送りの状況について纏(まと)めて下さっていました。ありがとうございます。

 

インド進出が見送りになったのは残念でしたが、上場に目がくらんでXP運営さんが提示額を支払うことがなく、断ったという事実を知って心強く感じました。

 

XPは昨年度に比べると大きく価値を挙げているとはいえ、規模が小さく、まだ草コインということもあり、なめられている感じはあります。

 

しかし、それゆえに乗り越えていく事がビットコイン以上に沢山あって面白さもあります。これが草コインの魅力でもありますね。これからXPが浸透していく中、どのような障害を乗り越え、歴史を歩んでいくのか楽しみです。

 


人気ブログランキング

 良かったら応援お願いします~