仮想通貨で90%以上の暴落を味わった猫のブログ

仮想通貨で90%以上の暴落を味わった猫のブログ

2016年夏に仮想通貨を始め、数ヶ月で100000%ほどの暴騰や90%以上の暴落を経験しました。人類史上最高のバブルを体験したので金銭面では何も感じなくなってきました。急変動しながらも着実に成長しているので今後が楽しみです。

仮想通貨NEM、2018年5月中にカタパルトと期待が高まる

f:id:moneygamex:20180428130728p:plain

かにたまです。

テックビューロ社の「mijin」のv.2であるカタパルトが5月中と予定されており、期待が高まっています。

 

 

NEMカタパルトへ

www.youtube.com

2018年3月26日にmijin v.2(カタパルト)のβ版リリースが発表されました。

β版とは、正式版をリリース(公開)する前にユーザーに試用してもらうためのサンプルのソフトウェアのことです。ゲームでも良くありますよね。

 


f:id:moneygamex:20180428151525j:plain

そのβ版発表のページで3段階を設け第3段階でデュアルライセンスで販売開始とあります。第3段階は2018年の5月予定ですので、いよいよカタパルトが開始されるという期待が高まっています。

 

※注意点としては、あくまでも予定と記載されていて延期される可能性もあります。巷では5月11日(金)と言われていますが、正確な日時はまだ公式からは見られません。

 

 

 

カタパルトとは?

 

f:id:moneygamex:20180412174006p:plain

かにたま「どんどこ、わっしょい!どんどこ、わっしょい!」

 

f:id:moneygamex:20180406115426p:plain

ジハンさん「おや?かにたまさん、楽しそうですな。」

 

f:id:moneygamex:20180412174006p:plain

かにたま「あ、ジハンさんこんにちは。ついにNEMにカタパルトが開始されそうですよおおおおおおおおおおっ!」

 

f:id:moneygamex:20180406115426p:plain

ジハンさん「・・・ほほう。ところで、かにたまさん「カタパルト」とは何ですか?」

 

f:id:moneygamex:20180412174006p:plain

かにたま「・・・(肩パットとは違いそうです。パソコンカタカタ)、カタパルトはNEMやmijin(ミジン)の性能を大幅に良くするアップデートのことです。( ー`дー´)キリッ」

 

f:id:moneygamex:20180406115426p:plain

ジハンさん「mijin?NEMと何の関係があるのですか?」

 

 

mijinについて

www.youtube.com

 NEMのテクノロジー(科学技術)は、日本の金融機関や民間企業が試験しているプライベートブロックチェーンMijinで使用されています

 

多くの現実世界におけるビジネスや金融業界のユースケースには、ブロックチェーンに参加できる人々は限られています―これは、許可制ブロックチェーン(Permissioned Blockchain)と呼ばれ、Mijinはそれに必要な強力な機能を提供しています。

 

f:id:moneygamex:20180406115426p:plain

ジハンさん「ふむふむ。Mijinとは、コストを大幅に安くできて誰でも使えるブロックチェーンの技術を使ったプラットフォームのことだったんですな。」

 

※プラットフォーム=ゲームでいうと本体のようなもの

 

f:id:moneygamex:20180428161252j:plain

http://mijin.io/ja/985.html

実際、mijinのブロックチェーン技術は既にシビエ食肉(シカ、イノシシ等の肉)の流通で使われています。

 

 

カタパルトの紹介

blog.nem.io

 

トランザクションの速度が改善するだけではなく、エンタープライズユーザー(一般企業の業務系システム管理者など)が繊細な機密情報が含まれるデータベースなどの処理をするためにプライベートブロックチェーンを利用することが出来るようになると同時に、パブリックブロックチェーンでその監査も行えるようになります。またそのコミュニティ両立は、同時に全体としての負荷分散につながり、双方にとってプラスとなるでしょう。

NEM公式ブログでは小難しく書かれていますがカタパルトはNEMの性能を良くするだけではなく誰にでも仕えるようにする。

つまり、ブロックチェーンに詳しくない人でもブロックチェーンを使いこなせるようにするというアップデートということでもあります。

金融機関に特化した仕様になるようですね。

 

一般で使えるようになるという事は、用途の広がりが期待されます。

 

f:id:moneygamex:20180412174006p:plain

かにたま「実際、ブロックチェーン技術を採用したい!と思っても、一体どうやってやったらいいの?という感じですよね。カタパルトでトランザクション(取引)の処理速度を上げるだけではなく、コストも大幅に下がり、ブロックチェーンの技術が使いやすくなるそうですよ。」

 

f:id:moneygamex:20180406115426p:plain

ジハンさん「カタパルトによってNEMが1秒間に4000件の取引ができるようになると言われていますね。これは具体的にはVISAカード等と同じくらいの処理スピードになります。なお、ビットコインは1秒間に7~14件ほどです。」

 

 

 

NEMの動き

f:id:moneygamex:20180428143230j:plain

NEMが1番取引されている取引所はZaifさん。

2位のバイナンスと比べても出来高2倍と圧倒的ですね。

 

f:id:moneygamex:20180428143233j:plain

よってZaifさんのチャートを見てみましょう。

毎日見ているわけでもないので、僕は基本的に週足を重点的に見ています。

 

f:id:moneygamex:20180428144302j:plain

チャートを見てみると、かなり売られた感がありますよね。特に出来高は、3月以降は1月のピーク時の出来高の2倍以上もあります。

 

買戻しがはやいので、先日のテックビューロ社が開発する「mijin v.1」がMicrosoft Azure Marketplace​に日本初パートナー採用になったことや、カタパルト期待で購入されている感もあります。

 

とはいえ、3月の大きな売りがあった頃の1XEM21円以下は、仮にカタパルト延期でもビットコインが大暴落でもしない限りは下回る可能性は低いと予想できます。

 

f:id:moneygamex:20180412174006p:plain

かにたま「カタパルトでNEMの悪いイメージもこっぱmijinですよおおおおおおおおおおおおおおおっ!」

 


人気ブログランキング

 良かったら応援お願いします~