仮想通貨で90%以上の暴落を味わった猫のブログ

仮想通貨で90%以上の暴落を味わった猫のブログ

お金にとらわれないためにお金について学んでいます。2016年夏に仮想通貨を始め、数ヶ月で100000%ほどの暴騰や90%以上の暴落を経験。人類史上最高のバブルを体験しました。急変動しながらも着実に底上げしています。

ウォーレンバフェットさん、ビットコインをまたまた批判。「ビットコインを買うのは投資ではない」

f:id:moneygamex:20180430124939p:plain

かにたまです。

 先日、投資の神様と言われている「ウォーレンバフェット」さんがビットコインに対して批判的なコメントを残し、話題になっています。

 

 

 

ビットコインを買うのは投資ではない

www.youtube.com

 4月28日、Yahoo Financeが、2018年3月のフォーブスの長者番付で世界3位の資産家である投資の神様である「ウォーレンバフェット」さんに対してインタビューを行ないました。

 

上動画がそのインタビュー動画です。

 

ビットコインはゲームやギャンブルのようなもので、リターンのある農場、マンション、株式等を買う投資とは違い、買うのは投資ではないと答えています。

 

更にビットコインだけではなく、その他の仮想通貨等も、買ったとしても何も生産しない。ただ、後から買った人がより高い値段を払うことを願っているだけだ。とおっしゃっていました。

 

確かに農場から作物が採れたり、マンションの家賃や、株式の優待のようなものはビットコインにはありません。金のようなビットコインでは、そのものから投資に対するリターンを得るということはできません。

 

後から買った人がより高い値段を払うことを願っているのは株や不動産でも同じような事があると思いますがどうでしょうか?

 

 

現状の国内仮想通貨市場は日本円を増やすための投機の場

実際の所、現状の仮想通貨市場は、残念ながらかなり投機的な場所になっています。

 

実際に世の中で使われているわけでもないのに取引所上場等のイベント関連で価格が大きく上下し、ボラリティ(価格の上下の幅)があり、わかりやすいから仮想通貨投資を行なっている方が多数でしょう。

 

 

https://www.fsa.go.jp/news/30/singi/20180410-3.pdfによると、

 

f:id:moneygamex:20180430131547p:plain

実際、仮想通貨を買っても使える場所はまだほとんどありません。

 

f:id:moneygamex:20180430133214j:plain

そして仮想通貨の現物を持っている人は2割もいません。

また、100ビットコイナーよりも「億り人」というような円を基準にした用語も出てくる事からも仮想通貨を増やすよりも日本円を増やしたい方が大多数という方ということが予想できます。

 

とはいえ、一部の場所でしか使えない100万円分の金券を持っているよりも、どこでも使える100万円の日本円を持っていた方が良いので、この数値になるのも納得です。

 

 

 

ビットコインを買うのはお金の支配から解放されるため

ビットコインはご存知のとおり非中央集権であり、管理するものはいません。それゆえ、裏づけもありませんので信頼に値しないといわれています。

 

僕は中央集権の仮想通貨も持っていますが、この管理者がいないビットコインなどの非中央集権の仮想通貨は世の中の仕組みそのものを変えます。

 

 

 

f:id:moneygamex:20180430140401j:plain

左図のServer-basedは今のお金の仕組みです。

左図の中央の赤丸が中央銀行で周りのパソコンが僕らです。そこに力がありすぎるために不正を起こすと全体がおかしくなってしまいます。

 

現状は中央がある、つまり、管理者がいるために不正が起こります。どうして不正が起こるのかというと人間で感情を持っているからだと思っています。

個人的な感情が入ってしまうため不公平が起きます。これは民主的ではありません。

 

また、自分、家族、社員、恋人、友人のためという人に対する感情もそうです。

例えば、経営が苦しいけれども投資家の利益を確保することや、社員に給料を支払うため等に嘘や改ざんをして虚偽報告をするという可能性があります。

実際にそのような事件は起こっています。

 

感情があるという人は素晴らしいと思いますが、それが民主的な方向に進むとは限りません。個人的な感情が入ってしまうと「●●は▼▼だ!」というような思い込みで個人の思考に移行してしまいます。

 

右図のP2P-networkは、中央がおらず皆で確認、承認できる仕組みです。これは世界中どこにいてもインターネットで個人間でやり取りができるようになったお陰で可能になりました。ビットコインのような非中央政権が正にこの仕組みです。

 

人間が感情を消すのは難しいので、客観的に管理する事は難しいです。お金もAIなどに任せるかビットコインのように皆で監視、承認していく方法が良いのではないかと思っています。

 

仮想通貨で将来的に便利になるという点もそうですが、僕は改ざんできないブロックチェーンの仕組みをお金に取り入れて皆で確認できる点が非常に気に入っています。

 

不正をしていないで真面目にやっている人にとっても、その仕組みがあればちゃんとやっていることが証明されますので疑われずに済むと思います。なぜなら皆で確認できるからです。

 

現状のお金の世界は、見えない点が多すぎて本当に行なわれているかわからないブラックボックス状態でした。皆が確認できない中央集権で、かつ画像加工や文章変更なども改ざんも容易にできてしまうので信頼が証明がしずらいことも問題です。そして、一部の不正者がいるために真面目にやっている人も疑いがかけられてしまうのも問題です。

 

中央集権の仮想通貨は政府や権力者達が管理できるので、ビットコインが仮に消えても残ると思います。しかし、根本的なお金の支配からは逃れる事はできません。中央がある以上は、仮想通貨であっても中央が中央銀行から企業等に移るようなものです。

 

ネットが普及し、中央がいないP2Pの仕組みで世界中どこにいても個人間で信頼が証明できる時代が来ています。

 

www.youtube.com

ビットコインは、お金の管理を個人に取り戻す革命です。

 


人気ブログランキング

 良かったら応援お願いします~