仮想通貨で90%以上の暴落を味わった猫のブログ

仮想通貨で90%以上の暴落を味わった猫のブログ

2016年夏に暗号通貨(仮想通貨)を始め、数ヶ月で100000%の暴騰や90%以上の暴落、人類史上最高のバブルを体験。急変動も着実に成長しているので今後が楽しみです。

Zcashが米ニューヨーク州の認定の取引所Geminiに上場、どうなる匿名通貨!?

f:id:moneygamex:20180515182216j:plain

かにたまです。 

米仮想通貨取引所のGEMINIにZECが上場することが決定。

大きな話題になっています。 

 

 匿名仮想通貨Zcashが取引所Geminiに上場

Geminiが世界で初めてライセンスされたZcashの交換が可能になります。

 

f:id:moneygamex:20180515190554j:plain

Gemini Is Now the World’s First Licensed Zcash Exchange!

5月22日からZEC/USD、ZEC/BTC、ZEC/ETHの取引が開始されるとの事です。

 

f:id:moneygamex:20180515183047j:plain

24 Hour Volume Rankings (Exchange) | CoinMarketCap

Geminiは24時間の取引高で26位の仮想通貨取引所です。

 

 

匿名通貨がGeminiに上場した意味

「えっ!?Zcashが26位の取引所に上場しただけなの?日本人でも使っている方の多い世界1位のバイナンス等に比べるとだいぶ少ないのに、何故、大きな話題になっているの?」と不思議に思うかもしれません。

 

今回の大きな出来事は、米ニューヨーク州の認定の取引所Geminiで認められたという点です。米国のニューヨークというと、世界的にも有名な都市であり、その州公認で匿名通貨が認められたというのは非常に大きな出来事です。

 

 

www.cnbc.com

また、ナスダックが2018年4月25日にGeminiと協業する技術協力契約を結んでいます

 

ナスダックは、仮想通貨事業を行なう可能性があり、期待が高まっています。

 

(※)ナスダックとは、1971年に全米証券業協会(NASD)の主催で開設されたアメリカ合衆国にある世界最大の新興企業(ベンチャー)向け株式市場のことで900兆前後の市場規模があります。

 

こうした背景でZcashは大幅に上昇しています。

 

 

Zcashなど匿名通貨が大幅に上昇

米国のニューヨーク州認定の取引所でZcashが取引開始されるということで、この発表をうけてZcashだけではなく、匿名通貨が大幅に上昇しました。

 

なぜならZcashは匿名通貨の中でも最も強い匿名性をもっています。よって、他の匿名通貨も問題なく使われるだろうというものでしょう。

 

www.bitcoin77777.com

↑Zcashは「ゼロ知識証明」という匿名通貨でも最高の匿名性を持っています。

 

f:id:moneygamex:20180515184953j:plain

Zcash (ZEC) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap

上昇率もさることながら、出来高も昨年のピーク並に増えています。

すごいですw

 

f:id:moneygamex:20180515185218j:plain

匿名通貨の中で時価総額が1番高いDashも大きく上昇しています。

 

 

匿名通貨に光明

匿名通貨は、取引の流れが見えないためにマネーロンダリング(資金洗浄)等で脱税に使われる等と言われており、いつ禁止になるのかと世界中で警戒されていました。

 

それゆえ、匿名通貨に関してはネガティブで、特に匿名性の強いZcashは停滞が続いていました。

 

mainichi.jp

先日も匿名通貨がマネーロンダリングで使われている疑いがあるという記事もあったくらいです。

 

しかし、今回、米ニューヨーク州が匿名通貨を認めたことで、Zcashだけではなく、匿名通貨に非常に明るいニュースになりました。

 

今後、ニューヨーク州公認の仮想通貨取引所が匿名通貨を認めたことで、他の州や他国も釣られて匿名通貨を正式に認める可能性があります。

 

匿名通貨に光明が差してきています。

 


人気ブログランキング

 良かったら応援お願いします~