仮想通貨で90%以上の暴落を味わった猫のブログ

仮想通貨で90%以上の暴落を味わった猫のブログ

2016年夏に暗号通貨(仮想通貨)を始め、数ヶ月で100000%の暴騰や90%以上の暴落、人類史上最高のバブルを体験。急変動も着実に成長しているので今後が楽しみです。

Moreroの匿名性「リング署名」について理解しよう!匿名性には様々な仕組みがあります

f:id:moneygamex:20180529142353j:plain

日本で知られている匿名仮想通貨にはZcash、Monero、Dashなどがありますが、それぞれ匿名通貨といっても仕組みは違います。そこで、本日は簡潔にMoneroの匿名性の仕組みについての記事を書いてみたいと思います。良かったらご覧下さい。

 

 

Meneroとは?

通貨名:モネロ(Monero)

通貨略号:XMR

発行枚数:約1600万枚(2018年5月時点)

発行上限枚数:1844万枚

アルゴリズム:CryptoNight

コンセンサスアルゴリズム:POW

公式ページ:https://getmonero.org/

 

Moneroは同じ匿名仮想通貨であるDash(ダッシュ)の3ヶ月後の2014年の4月に生まれました。

 

Meneroの大きな特徴としては、ブロックサイズが無制限という点です。もともと無制限に設計されていますので拡張リスクがありません。

 

f:id:moneygamex:20180426152338j:plain

https://bitcoinmagazine.com/articles/monero-just-hard-forked-and-it-resulted-four-new-projects/

最近、匿名性仮想通貨モネロ(XMR)のハードフォークが行われました。そこで、4つの新しい仮想通貨が生まれました。

モネロクラシックが2つあっておかしいなと思うかもしれませんが、違いはロゴと真ん中に「ー」がついている点で見分けるということです。

 

 

 

Moneroの匿名性について 

Moneroはリング署名という匿名性の仕組みです。

 

f:id:moneygamex:20180529144951j:plain

例えば、一般的な仮想通貨はAからBに送ったというように誰から誰に送ったのか確認することができます。

 

f:id:moneygamex:20180529145402j:plain

https://getmonero.org/index.html

一方、Moneroは匿名性が高いです。これは公式ページに記載されているようにリングシグネチャ、リング機密トランザクション等が使用されていることにあります。

 

これをリング署名といいますがどういうことでしょうか?

 

Moneroは公開鍵と秘密鍵を円状でミックスして署名します。複数人で一時的な送信アドレスを発行し、署名自体も複数名の秘密鍵を組み合わせて署名されます。

 

f:id:moneygamex:20180529151319j:plain

つまり、複数人の鍵を集めることで、その取引がどの鍵を使ってやり取りがされたのかわからず匿名性が保たれるということです。

AからBのように1人だけなら誰から誰に送ったのかわかりますが、複数人を集めて円状という同じ状況に置くことで誰から誰に送ったのかわからないようになっています

 

f:id:moneygamex:20180529151501j:plain

上図はモネロのリング署名のイメージです。ビットコインの取引ならA⇒Bという取引と記載されるものが、リング署名になるとC~E等が複数加わるためAからBに送ったということがわかりにくくなります。

 

これは振込者すら、どのアドレスに振り込まれたのかわからず、受取側も誰から振り込まれたのか確認することができません

 

 

f:id:moneygamex:20180529152147j:plain

「傘連判状」の検索結果 - Yahoo!検索(画像)

リング署名は、江戸時代に一揆などで用いられた円環状の署名形式である傘連判状(からかされんぱんじょう)と似ています。

 

 一揆において内部の上下関係はなく、全員が同じ立場あると表する為に用いられた一方、首謀者(多くは名主)を隠すために用いられていました。

これはhttps://kids.gakken.co.jp/box/syakai/06/pdf/B026110140.pdfに記載されているように、1741年の「御定書百箇条(おさだめがきひゃっかじょう) 」に一揆の首謀者は死刑という非常に重い罰が与えられるようになったことがキッカケです。

結局、傘連判状の首謀者の特定が難しかったため、著名した全員が死刑になったケースもあったようですが、リング状の署名の仕組みは人間の知恵から生まれました。

元々は、江戸時代よりも前の古来中国で誕生したもののようですね。

 

Moneroの送り先を見つけることは、この傘連判状から一揆の首謀者を探すようなもので、高い匿名性が保たれているというわけです。

 

 

本日のまとめ

f:id:moneygamex:20180529144951j:plain

bitcoin:A ⇒ B  

AからBに送ったことがわかります。

 

 

f:id:moneygamex:20180530132445p:plain

Monero:A~E ⇒ A~E

送り先も送り主も複数人によるリング署名のためわかりません。

よって、匿名性が保たれます。

これは円環状の署名形式である傘連判状(からかされんぱんじょう)と似ています。

 

 

Dash、Zcashの匿名性

今回はMoneroの匿名性の仕組みについて軽く振れましたが、匿名通貨には様々な匿名の仕組みがあります。

Dashはコインミキシング、Zcashはゼロ知識証明という匿名性の仕組みを持っています。匿名性の強度はZcashが強いです。

興味があれば下記事をご覧下さい。

 

www.bitcoin77777.com

↑Dashのコインミキシングについて

中央でシャッフルされるので誰から誰に送ったのかわからない仕組みになっています。

 

 

www.bitcoin77777.com

↑Zcashのゼロ知識証明について

情報をもらさずにその 情報を知っていることを証明できる非常に強度の強い匿名性の仕組みです。詳しくは上記事で。

 

 


人気ブログランキング

 良かったら応援お願いします~