仮想通貨で90%以上の暴落を味わった猫のブログ

仮想通貨で90%以上の暴落を味わった猫のブログ

2016年夏に暗号通貨(仮想通貨)を始め、数ヶ月で100000%の暴騰や90%以上の暴落、人類史上最高のバブルを体験。急変動も着実に成長しているので今後が楽しみです。

不動産ローンのアビック、日本初の仮想通貨のローンサービス開始へ

f:id:moneygamex:20180606162216j:plain

かにたまです。

 海外では既に存在していますが、先日、日本初の仮想通貨のローンサービスが開始されたことが話題になっています。

 

日本初の仮想通貨のローンサービス開始

弊社では、ご所有の仮想通貨(ビットコイン)を担保とする仮想通貨担保ローンを2018年6月1日より取り扱いを開始致します。

ご所有の仮想通貨を売却することなく、日本円にて融資を行います

海外では既に同様のローンサービスが存在しますが、日本国内でのサービスインは当社が日本初のサービスとなります。

個人の場合、ご所有の仮想通貨を売却するとその売却益は雑所得となり、累進的に課税対象となります。

当社の仮想通貨担保ローンをお使い頂ければ、売却せずに、ローンのお借入れが可能となりますので、新たな仮想通貨購入資金、納税資金として、など幅広い御用途にお役立てください。

以下、日本初!仮想通貨担保ローンを開始しました!

 

まずはビットコインのみの仮想通貨担保ローンを開始されるとのこと。

今後の展望としてリップル等他の仮想通貨についても担保の対象とするとのことです。

 

ついに日本でもローンサービスが開始されました。

 

海外では「SALT」(https://www.saltlending.com/)などの融資サービスがあります。

「SALT」はビットコイン、イーサリアム、リップルを担保に米ドル、ユーロ、中国元で融資を行っていますね。

 

 

3つの特徴

1:日本円でのローンサービス開始は日本初

2:仮想通貨(ビットコイン等)を売却せずにローンが借りられます

3:新たに購入する仮想通貨をローンで購入することも出来ます

 

 

ローンというと借金というイメージがあり、余り良い印象を持たれない方も多いと思います。しかし、ローンを組んだことで投資額以上が見込めるならローンは味方にもなります。

 

ビットコインは確実に利用店や用途は増えてきているものの、まだまだで、仮想通貨で商品を買っても税金が雑所得として大きな負担になっている状態です。

 

一昨年、昨年とビットコインは大幅に価値をあげたことにより、円換算すると、かなりの額になっているかたもいらっしゃると思います。利確せずに現金化できるこのローンサービスは需要が高いと感じています。

 

 

メリットとデメリット

メリット

税金を考える必要がない

現状の仮想通貨の税制は、個人では雑所得となり累進的に課税がされてしまいます。

ビットコインを売却して日本円で資金調達したい思っても、額により多額の税金を払うことになる方も多数いるでしょう。

しかし、ローンを活用することで売却せずに資金調達が可能となります。

 

2018年6月の段階では、仮想通貨を利益確定すると最大55%(住民税含)ほどを税金として国に支払う必要がありますが、このローンサービスを利用すれば仮想通貨を売却することなく、日本円にて融資を受けることが可能になります

 

BTCの価値が上がる場合に相場の恩恵を受けれる

融資を受けている間、1BTCが80万円だったものが90万円、100万円、110万円と上昇していく場合、返却時に1BTCあたり80万(利息除)を支払えば1BTCが戻ってきます。

つまり、仮想通貨を法定通貨に換えていては受けられない「相場の恩恵」を受けることができます。

 

融資条件

審査はどの程度の厳しさかわかりませんが、仮想通貨ローンサービスは日本初ということで銀行で融資を断られたり、ブラックリストに載っているような方も受けられる可能性があります。

 

 

デメリット

ハッキングで盗まれる可能性がある

ビットコインが大量に集まっていることがわかると、ハッカーさんに狙われる可能性があります。そして、コインチェックさんのようにハッキング被害にあう可能性があります。コインチェックさんのようにビットコインが返却されるとは限りません。

 

融資期間中、BTCの価値が下がっても何もできない

メリットの逆で1BTCが80万円だったものが70万円、60万円、50万円と徐々に下がっていっても手を付けることが出来できずに、下がるの見ているだけという結果になる事もあります。

 

利息

f:id:moneygamex:20180606150404j:plain

仮想通貨のローンサービスも勿論、利息によるリスクがあります。

返却できる範囲内での借入を推奨します。

 

アビックが破たん

仮にアビックさんが破たんした場合、仮想通貨には国の補償はありませんので担保にした仮想通貨を失う可能性があります。

 

 

 

株式会社アビックに関して

本社:〒107-0052  東京都港区赤坂1-3-3 T-FRONTビル

代表者:代表取締役 成田喜東

設立:1973年03月15日

資本金:9,999万円

Tel:03-3588-0151

Fax:03-3588-0613

URL:http://www.abic-corp.jp/

事業内容:商業融資、不動産担保ローンなどファイナンシャルサービス

貸金業登録番号:東京都知事登録番号(12)第01611号

日本貸金業協会会員第1931号

 

 

 


人気ブログランキング

良かったら応援お願いします~