仮想通貨で90%以上の暴落を味わった猫のブログ

仮想通貨で90%以上の暴落を味わった猫のブログ

2016年夏に暗号通貨(仮想通貨)を始め、数ヶ月で100000%の暴騰や90%以上の暴落、人類史上最高のバブルを体験。急変動も着実に成長しているので今後が楽しみです。

本日よりコインチェックの4銘柄(XMR、REP、DASH、ZEC )が廃止、一時的に売り圧も

f:id:moneygamex:20180617154024j:plain

かにたまです。

本日よりコインチェックさんで4銘柄(XMR、REP、DASH、ZEC )が廃止なります。

 

本日よりコインチェックの4銘柄が廃止

corporate.coincheck.com

 

廃止日:2018年6月18日 
詳細内容:Coincheck上における一部対象仮想通貨の売買、入出金、保有、当社への貸し出しの廃止 
対象通貨:XMR、REP、DASH、ZEC 


1:取り扱い廃止に伴い、廃止日に保有している対象通貨は、市場価格で売却し、日本円に転換されます。 
2:売却で取得する日本円は、Coincheckアカウントの残高に反映されます。 
3:本案内により多数の送金申請をいただいた場合、目視等での確認も含め送金完了までに数日程度お時間を頂戴する場合がございます。 
4:出金の際は取引時確認の完了が必要です。また、別途追加での取引時確認を行う場合がございますことをご了承ください。 

手数料:https://coincheck.com/ja/info/fee

 

本日からコインチェックさんにて匿名通貨3種類(XMR,DASH,ZEC)とREP(オーガー)が廃止になりました。 

 

 

 

一時的な売り圧

1:取り扱い廃止に伴い、廃止日に保有している対象通貨は、市場価格で売却し、日本円に転換されます。 

このような記載があるためにコインチェックさんにこれら4通貨をおきっ放しにしている方は強制的に日本円に変換されます。

よって、仮想通貨から日本円に変換されるためコインチェックにある4つの仮想通貨は全て売却されます。よって一時的に売り圧がかかります。

 

 

 

どうしてコインチェックで4通貨が廃止になったの?

廃止は、これらの4つの通貨を日本国内の取引所で扱うことは難しいからです。

 

日本では仮想通貨の取引の際に税金がかかります。

匿名通貨(ZEC、DASH、XMR)は取引記録が残りません。海外取引所に匿名通貨を使って移動される場合など取引記録が残らない匿名通貨は追跡ができず不都合です。

 

www.bitcoin77777.com

また仮想通貨はREPは予測市場という誰でも公平なギャンブルを作り出せるという仮想通貨です。保険のような仮想通貨ですが、誰でもできる点で賭博法の問題があるのかもしれません。

 

コインチェックさんはマネックスさんによって買収されましたが、まだ国内金融庁に認められた仮想通貨交換業ではありません。よって公認されるべく、日本の法律に寄り添った対応を行なっています。

 

日本のビットコイン取引高は未だに6割を超えており、世界有数の市場です。よって、国内で取引所として認可されることは非常に大きなことです。

 

www.bitcoin77777.com

しかし、その一方で国内で取り扱っている仮想通貨はあまりにも少なすぎます。

用途がないトークンが認められて、海外の仮想通貨が認められないという上場基準の曖昧さや、手数料の安さなどから徐々に海外取引所に流れ始めているのも感じ取れます。

 

coinmarketcap.com

実際、ビットコイン取引に関して日本人は世界有数にも関わらず取引高の上位は全て海外が閉めています。

 

 


人気ブログランキング

 良かったら応援お願いします~