仮想通貨で90%以上の暴落を味わった猫のブログ

2016年夏、ビットコインを購入し始めました。たった数ヶ月で所持中の一部の仮想通貨が100000%以上暴騰、90%以上暴落し、人類史上最高のバブルを体験しました。名称が暗号資産になってもこの変動した歴史を忘れないために暫くはこのタイトルでいきます!

コールドウォレットとホットウォレットの特徴と違いとは?

f:id:moneygamex:20180731121446j:plain

かにたまです。

本日は仮想通貨を保管するコールドウォレットとホットウォレットについて、ざっと記事にしたいと思います。良かったらご覧下さい。

 

 

2つのウォレットについて

もともと仮想通貨は実体がなく、データです。

 

その仮想通貨には「ウォレット」という仮想通貨を保管しておく場所があります。

仮想通貨のウォレットとは、仮想通貨を保管しておく場所、すなわち「財布」のことを指します。

 

このウォレットこと財布には2種類があり「コールドウォレット」「ホットウォレット」に分類されます。

 

 

コールドウォレットとは?

ネットワーク(インターネット)が秘密鍵にアクセスできない財布のことを指します。

通常、ネットに繋がっていないのでオフラインウォレットとも呼ばれています。ネットから分離されたデバイス(あらゆる機械部品のこと)で秘密鍵の安全を確保します。

 

コールドウォレットは、ネットに繋がっていないPC、スマホ、メモ帳などで盗難者(ハッカー)からの秘密鍵盗難リスクを防ぎます。

 

ただし、コールドウォレットを無くしたり、壊れたりするリスクはあります。

 

 

ホットウォレットとは?

ネットワーク(インターネット)が秘密鍵にアクセスできる財布です。

常にネットに繋がっていることからオンラインウォレットとも呼ばれています。

 

取引所に置かれている仮想通貨がこの形をとっており、例を挙げると取引所毎に異なるパスワードを設定し、二段階認証で解除する形をとっています。

 

 

仮想通貨を守るのに重要なことは?

秘密鍵を知られないことです。

 

そのウォレットの秘密鍵がわからない限りは盗まれませんので、基本的に秘密鍵は自分で保持しているに越したことはありません。

 

f:id:moneygamex:20180731114711p:plain

秘密鍵は誰にも教えないようにしてください。

秘密鍵がわかるとコールド、ホットウォレットに関わらずウォレット内の仮想通貨が全て盗まれる可能性があります

 

普段はネットに繋がっていないので、コールドウォレットの秘密鍵が知られる可能性が少ないだけで、コールドウォレットで保管していても仮想通貨がハッキングされないわけではないことはご理解下さい。

 

ウォレットの持ち主はその秘密鍵を持っている(知っている)人という認識になります。

 

コインチェック取引所にNEM(ネム)置いておいた人々の仮想通貨が盗まれたのは、取引所のNEM(ネム)の秘密鍵が盗まれたからです。

仮想通貨取引所はネットで常に売買している以上、どうしてもオンラインにせざろう得ないので秘密鍵が個人管理よりも盗まれやすいです。

 


人気ブログランキング

 良かったら応援お願いします~