仮想通貨で90%以上の暴落を味わった猫のブログ

仮想通貨で90%以上の暴落を味わった猫のブログ

2016年夏に暗号通貨(仮想通貨)を始め、数ヶ月で100000%の暴騰や90%以上の暴落、人類史上最高のバブルを体験。急変動も着実に成長しているので今後が楽しみです。

情報セキュリティ国際会議「CODE BLUE」開催!ブロックチェーンや仮想通貨などの最新セキュリティ動向が理解できる

f:id:moneygamex:20181019101445j:plain

かにたまです。

情報セキュリティ国際会議「CODE BLUE」が10月29日(月)より開催されます。

 

 

国際会議「CODE BLUE」とは?

世界トップクラスの専門家が集結し、最新のセキュリティ情報の交換と交流を促進する国際会議です。今年で6年目です。

IoTの時代を迎えるなどインターネットの普及・発展が急速に進む今、セキュリティ対策の重要性は高まっており、世界各国の優れた研究者とともに事態への対処や解決策を共に考える場が必要とされています。

CODE BLUEは国際的なコミュティ形成の場となることを目的にするとともに、CODE(技術)によってBLUE(海)を越えて人と人をつなぎ、よりよいインターネットの世界作りに貢献していきます。

今年は、Blockchainトラックが設立され、ブロックチェーンや仮想通貨などの注目されている分野の最新セキュリティ動向を世界トップクラスの専門家が徹底解説するということです。

CODE BLUE公式ウェブサイト:https://codeblue.jp/2018/

 

テーマ

※暗号通貨=仮想通貨のことです。

イーサリアムのスマートコントラクトの脆弱性と対策や、ブロックチェーン技術が多用される世界に対しての警鐘、暗号通貨で資金調達を行う犯罪者たちとの戦い方等について解説されます。

 

●暗号通貨利用者を標的とした攻撃テクニックの進化

コインベース社のセキュリティ部門の副統括であるフィリップ・マーチンさんが登壇します。日々観察していること、攻撃者が成功しているところ、攻撃者が進化を見せているところ、そして今後の方向性について紹介する予定とのこと。

コインベースは「Exchange Security Report」で最も安全な仮想通貨取引所であると評されています。

 

●猫と鼠のゲーム:中国の暗号通貨規制と暗号通貨のサイバー犯罪

中国の規制が強化された今、暗号通貨関連のサイバー犯罪の今後の方向性を予想し、最後に、政府および民間組織が暗号通貨に関連したサイバー犯罪に対抗するための、ハイレベルで実践的な緩和策を提供するとのことです。

 

●暗号通貨ゴールドマイン:あなたの環境は安全?

暗号通貨の誕生により、悪意ある者が匿名で収入を得ることがより簡単になっています。そして、高度な手法へとシフトしていき、すべての産業が狙われています。

そこで、どのような対策をとることができるか、そしてセキュリティリサーチャーがどのようにして暗号通貨で資金調達を行う悪意ある人達と戦っているかを紹介されます。

リサーチャーとして、顧客に対するセキュリティ脅威による影響の分析・評価、未分類の脅威ベクトルの研究、そしてマルウェア分布に関する新しいトレンド等の研究を行っているオースチン・マックブライドさんが登壇します。

 

●ブロックチェーンの標的型攻撃

ブロックチェーンへの攻撃手法がいかにしてシステム上で行えるかを紹介し、今後考えられるこれらのブロックチェーン技術が多用される世界に対して警鐘を鳴らすことを目的とした公演です。

現状のブロックチェーンには弱点があり、弱点を理解したうえで、様々な攻撃手法やその組み合せが紹介されます。

 

公演は通訳付きで定員1300名、チケット販売期間は10月25日(木)までとなります。


SNS:
[Twitter] https://twitter.com/codeblue_jp
[Facebook] https://facebook.com/codeblue.jp
公式サイト:https://codeblue.jp/

 

 

最後に

今年、日本の仮想通貨取引所では、コインチェック、Zaifが次々とハッキング被害にあい、セキュリティへの関心がより強まっています。

そして、今年はセキュリティの国際会議でBlockchainトラックが設立されるほどブロックチェーンや仮想通貨に注目が集まっていることがわかります。

 

このようなイベントを介して、現状を共有し、セキュリティが強化されていくことは、発展に繋がっていくと思っています。