仮想通貨で90%以上の暴落を味わった猫のブログ

仮想通貨で90%以上の暴落を味わった猫のブログ

2016年夏に暗号通貨(仮想通貨)を始め、数ヶ月で100000%の暴騰や90%以上の暴落、人類史上最高のバブルを体験。急変動も着実に成長しているので今後が楽しみです。

コインチェック、リップルとファクトムの入金・購入再開を発表

f:id:moneygamex:20181126173006j:plain

かにたまです。

昨日、コインチェック、仮想通貨リップル(XRP)とファクトム(FCT)の入金・購入再開を発表しました。

 

 

コインチェック、仮想通貨リップル(XRP)とファクトム(FCT)の入金・購入再開を発表

コインチェック株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:勝屋敏彦、以下当社)は、本日2018年11月26日より、XRP・FCTの2通貨の入金・購入を再開したことをお知らせいたします。

当社では、2018年1月26日に発生した不正アクセスによる仮想通貨NEMの不正送金に関連し、お客様の資産保護及び不正送金の原因究明のため部分的にサービスを停止し、業務改善計画の策定とその実行により、経営管理態勢及び内部管理態勢の改善を図ってまいりました。また、外部専門家による協力を受け、技術的な安全性の確認が完了したサービスについて段階的に再開してまいりましたが、今回のXRP・FCTの入金・購入再開により、当社が取り扱う全ての仮想通貨の取引が可能となりました。

corporate.coincheck.com

 

f:id:moneygamex:20181126164434j:plain

今回、リップルとファクトムの入金と購入が可能になったことで、ようやくコインチェックで取り扱っている全ての仮想通貨の入出金と売買が可能になりました。

 

最近、Factomは、ビットコインなど仮想通貨全体が大きく下落しているのにも関わらず異様に上昇していました。

その要因としてマイクロソフトへの技術提供やEquator社のEquator社と提携し、「Factom Harmony」を住宅ローンデータの管理を行うプラットフォーム「Equator PRO」へ統合するなどのニュースがありました。

 

しかし、それにしても上昇しすぎのように感じていましたが、なるほど、コインチェックでFactomの入金・購入再開を知っていた方がいたからなのですね。

 

f:id:moneygamex:20181126170443j:plain

後はスプレッドですよね。

 

コインチェックの販売所の特徴として、手数料が高すぎるのがユーザーにとって思わしくないとは感じています。

 

例えば、上の場合、XRPを購入するのに3.39%の手数料がかかってしまいます。1回売買をするだけで手数料だけでも7%近くかかってしまいます。

手数料は、確定申告で申告すれば良いということもありますが、計算が面倒ですので、個人的には、緊急時以外は現在のコインチェックで購入することは推奨しません。

 

f:id:moneygamex:20181126171509j:plain

ファクトム(FCT)は、国内取引所ではコインチェックでしか購入できませんが、リップル(XRP)はビットバンクさんで売買されることを推奨します。全ペア手数料無料キャンペーン 延長決定しており、2019年1月4日まで取引手数料が無料です。

 

国内仮想通貨取引所のスプレッド差や手数料に関しては、問題を感じています

もっとも、根源である日本の仮想通貨にかかる税金が高く、そのぶん手数料も大きくする必要があったり、相場状況が悪く顧客が減っているますのでわからなくもないのですが、高いなと思う国内取引所が多々あります。

 

 

www.bitcoin77777.com

しかし、思えばコインチェックへの仮想通貨流出事件が起こったのは、2018年1月26日。長かったですね。マネックスに経営が移り、これから仮想通貨交換事業者として登録に向けて飛躍して欲しいなと感じています。

 

 

コインチェック再開準備中のサービス・機能

なお、現在も以下のサービスは停止中です。

  • レバレッジ新規建取引
  • アフィリエイト
  • 日本円コンビニ入金
  • 日本円クイック入金(Pay-easy)
  • Coincheck Payment
  • Coincheckでんき