仮想通貨で90%以上の暴落を味わった猫のブログ

仮想通貨で90%以上の暴落を味わった猫のブログ

2016年夏に暗号通貨(仮想通貨)を始め、数ヶ月で100000%の暴騰や90%以上の暴落、人類史上最高のバブルを体験。急変動も着実に成長しているので今後が楽しみです。

「仮想通貨税制を変える会」2018年12月発足、会長は藤巻健史議員

f:id:moneygamex:20181208141838j:plain

かにたまです。

2018年12月「仮想通貨税制を変える会」が発足しました。

 

 

「仮想通貨税制を変える会」が発足

 

公式サイト:https://kasou-tax.jp/#/

公式ツイッター:https://twitter.com/change_kasoutax

公式フェイスブック:https://www.facebook.com/change.kasoutax/

 

 

「仮想通貨税制を変える会」発足の目的

発足の主張はシンプルです。

・仮想通貨を広く社会に浸透させ、ブロックチェーン技術の発展を促すためにも、仮想通貨税制をあるべき形に変えていく。
・税制が仮想通貨やブロックチェーンの未来を潰してはならない。

ということです。

 

そして、以下の四点の税制変更を提起されています。

① 最高税率55%の総合課税から20%の分離課税へ!

② 損失の繰越控除を可能に!

③ 仮想通貨間の売買を非課税に!

④ 少額決済を非課税に!

 

詳細は「こちら」に記載されていますが、現在の日本の仮想通貨の法律問題を解決すべく発足されました。

 

現在の日本の仮想通貨の税率は高く、様々なパターンで課税されますので仮想通貨の売買がしずらいですし、税金を考える必要があるので仮想通貨自体が使いづらいです。

例えば、仮想通貨で買い物をすると、消費税がかかるだけでなく、仮想通貨の差益で更に増税みたいな感じになりますからね。

つまり、現状では仮想通貨を使うと余計に税金が取られるわけですからこれだと仮想通貨の浸透や利用者は急激には増えにくいと感じています。

 

www.bitcoin77777.com

仮想通貨に関する所得計算は上記事などで明らかにしていますが、これだけ税金がとられるのは仮想通貨以外にあるのかしら?と思ってしまいます。

 

 

「仮想通貨税制を変える会」サポーター登録受付中!

現在、「仮想通貨税制を変える会」ではサポーターを募集中とのことです。

公式ページから登録できます。

サポーター登録をしていただくと、講演会・意見交換会のお知らせの受け取りや、掲示板への書き込みをすることができます。

 

f:id:moneygamex:20181208150114j:plain

ご希望のユーザー名(半角英数字のみ)メールアドレスプライバシーポリシーに同意して登録ボタンを押すと登録できます。

 

f:id:moneygamex:20181208150336j:plain

僕も微力ですが、登録させて頂きました。

仮想通貨に対する条件や税金が高いままでは、いくら技術や利便性が進歩しても通貨としての普及は難しいと感じています。

 

法律自体変わって欲しい応援したい理由もありますし、国会での仮想通貨に関する状況や、勉強させてもらう上でも登録することにしました。

 

 

会長は、藤巻 健史参議院議員

f:id:moneygamex:20181208151150j:plain

この「仮想通貨税制を変える会」の会長は、日本維新の会の藤巻健史参議院議員です。

かつてはJPモルガンのトップトレーダー(1番の稼ぎ頭)であり、ジョージソロスのアドバイザーを勤めたこともあります。

 

www.youtube.com

2018年11月26日に藤巻健史議員は安部総理に対し「リーダーシップを取り、仮想通貨の税制を含めて変えて頂きたい」と訴えられていました。

 

最近では日銀破綻という書籍を冬幻社から出されています。

要は日本は金利の異次元緩和、かつ、お金を刷りまくっているのでハイパーインフレになるという警戒ですね。

 

藤巻議員のハイパーインフレ論は、10年以上前から言われていますが、未だに起こっていません。しかし、日本の借金は膨れ上がり1000兆円を超えており、金利はあがらず(あげられず)、株価を買い支えているのは日銀です。よって、ちょっとしたきっかけで日本(株・国債・円)売りは突然始まると警告されています。

 

そのリスクヘッジとして、ドルと仮想通貨の重要性が書かれていました。

その理由などは書籍に記されています。