仮想通貨で90%以上の暴落を味わった猫のブログ

初心者向けの仮想通貨ブログです。2016年8月に参入。暴騰や暴落を経験し、その将来性やリスク、ニュース等について記事を書いています。

日経平均株価が2万付近まで下落も仮想通貨は急反発。2018年12月

f:id:moneygamex:20181005095529p:plain

かにたまです。

先日、日経平均が暴落して2万円付近を記録しました。しかし、その一方で仮想通貨は急反発しています。

 

 

日経平均2万付近まで下落、年初最安値へ

f:id:moneygamex:20181221123515j:plain

日経平均株価(※1)が2018年度の最安値を更新しました。

一時期、24000円まであった株価は、現在、20000付近まで下落しています。

 

(※1)日経平均とは、日本の株式市場を代表する225銘柄をもとに算出される株価指数のことで銘柄は日本経済新聞が選定します。

企業には、トヨタ、ソフトバンク、武田薬品など日本を代表する企業さんが名を連ねており、国内企業の状態を数値として知ることができます。225銘柄は、年に一回の見直しが行われており、例えば、2016年にはシャープが日経銘柄から外れた事があります。

 

下落の大きな要因として米国株の暴落や、日経平均に大きな影響力のあるソフトバンクグループ子会社の新規上場株の公募割れ(※2)や、海外勢による国内現物株売りが続いているということです。

(※2)公募割れとは、企業さんが株式を新たに公開する際に証券会社が設定した価格よりも、企業が上場してついた価格(初値)が低くなってしまうことを指します。仮想通貨でいうと、ICOのプレセール価格を割れてしまった事に近いですね。

 

 

f:id:moneygamex:20181221130710j:plain

国内株価指数の超長期100年チャート 日本国の株価はどのように推移してきたか? | 経済&マネー

2008年頃から上昇しつづけている株価ですが、長期チャートで見ると、過去最高は38915円まで上昇しています。長い目で現在の価格は分岐点なのかなと感じられます。

また基本的には日本銀行が株を買い上げてくれていますので、可笑しいなと思いながらも、その買い上げの安心感もある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

来年の2019年は、10月に消費税増税などがあり厳しい状況が続くかもしれませんが、2020年度には何といっても東京オリンピックがありますので、盛り上がっていくのではないかと思われます。

 

f:id:moneygamex:20181221134310j:plain

ただ、調整局面に見えるものの、この10年間で見ると最も大きな大陰線(大幅下落)が出ているのは気になりますね。2016年度は大きな下落があって止まりましたが、上チャートを見るとわかると思いますが、こんなに長い陰線ではなかったですからね。

2012年頃は7500円ほどでしたし、現状は反発狙いで、長期保持するには手を出しにくい相場ではないかと思われます。

 

また、日本の借金は1000兆円を超え、消費税増税など年々国民の負担が高くなってきているのも事実です。借金1000兆以上は日本と米国のみです。米国は経済成長を続けていますが、日本の経済成長はほとんど止まっています。

僕は日本はギリシャとは違い、外国からではなく国民から借金をしているから日本は大丈夫だとおっしゃる方もいますが、なぜ国民がそれを増税という形で支払っているのか?という疑問が沸いてきます。

国の借金がどんどん増えているのに増税が続けば不満が爆発し、いつか破綻するという意見があるのもわかる気がします。

多くの方は、なぜこのような不満や疑問を持たないのか、正直、不思議です。

 

 

仮想通貨は12月最高値に

f:id:moneygamex:20181221132729j:plain

Cryptocurrency Market Capitalizations | CoinMarketCap

株価は大きく下落中ですが、仮想通貨は急反発し、12月の最高値を更新しました。

ビットコインキャッシュ等は前日50%上昇しているという伸びでこれぞ仮想通貨という感じになっています。

 

f:id:moneygamex:20181221133805j:plain

長い目で見ると、今年の急激な下落からの反発ともとれます。

出来高が少し増えてきたのは良い傾向ですね。

 

最後に

現在の状況を冷静に見て、株は調整局面に入っているのではないか?と感じています。

2020年の東京オリンピックも近いですし、盛り上がって欲しい気持ちはあります。

 

ただ、来年は消費税の増税もありますし、紙幣を発行している日本銀行が自ら買い支えて出来ている相場ですので、何かあれば一瞬で吹き飛ぶ可能性も0ではないと思います。

 

www.bitcoin77777.com

そのリスクとして金や仮想通貨など別のものにリスクヘッジしても良いのではないか?と思います。特に仮想通貨はビットコインの半減期がある2020年ごろは面白くなると思います。

 

株も仮想通貨、その他のチャートも長い目で見ると、成長しているものは当たり前なのですが結局は上昇しています。しかし、短い期間だけで見ると必要以上に上がりすぎたり下がりすぎたりして本当に人間の心理が良く出てるものだと感じますね。

 

もっとも現在の株価は紙幣を発行している日本銀行が多くを買い上げて出来ている自作自演のような相場ですので、あまり信用はできませんね。 

 

株価に綻びが見られ、再び仮想通貨に注目がいくかはわかりませんが、法廷通貨の崩壊リスクとして現物を少しだけでも所持して見るのも面白いと思います。

 

www.bitcoin77777.com